FC2ブログ

秘薬・毛生え薬

暖かい陽射しに包まれ、ぼうっとした頭にふと浮かんだエアポケット幻想。弛緩した脳味噌の中で、謎の中国人が作る万能秘薬──毛生え薬のエピソードが展開した。


■秘薬・毛生え薬

市販されているあらゆる発毛・育毛剤を試してみたけれど効果がなかったA氏。ワラにもすがる思いで怪しげな情報を頼りに中国人祈祷師ホイさんをたずねたのだった。
「アナタ、毛ガ欲シイ。ワカリマシタ。毛ガ生エル薬、作ルデゴザイマス」
カタコトの日本語で応対したホイさんに案内され、A氏は調理場とも実験室ともつかない部屋に入る。
ホイさんは部屋のに置かれた瓶のフタを開け、柄杓で中からとろみのある液体をすくって鍋に移しながら、
「コレ、万能秘薬ノ素ネ。効能ハ自由自在、何テモ対応スルノコト」
ホイさんの説明によれば──瓶に入った液体が、すでに調合された万能秘薬のもとで、これに「仕上げ」で、依頼者が望む効能書きを記した薬剤を溶け込ませれば、目的の薬ができるのだという。
「アナタガ欲シイハ、毛ガ生エル薬ネ」
「そうです『毛生え薬』です」
ホイさんはA氏の依頼を確かめると、和紙のようなものに筆で「ケハエクスリ」と書き込んだ。「コレ、間違エルト台無シタカラ……デモ大丈夫。ワタシ、秘薬作リト日本語、自信アリマス」
ホイさんの手元をのぞき込んでちょっと不安を感じたA氏は、「あの……『ケハエグスリ』でお願いします」。
「ハイ、『ケハエクスリ』」
「ええと、『ケハエクスリ』ではなくて『ケハエグスリ』で……」
「ハ? 『ケハエクスリ』テナク『ケハエクスリ』?」
「『クスリ』でなく、『グスリ』──そこ、濁るんです」
「ニゴル?」
「濁点がつくんです……点々」
「ア~、濁音ノ点々ネ、ワタシ、ゴゾンヂデス」
ホイさんは大げさにうなづいて点々を書き足すとその和紙様のものを鍋に投じ、撹拌しながら自信たっぷりに言った。
「コレデ、アナタ、毛ガ、ワンサカ生エルコト、マチガイナシデス」

ホイさんが作った『毛生え薬』をゲップが出るほど飲まされ、鍋に残った汁を禿げた頭に塗り付けられたあと、A氏は帰路で頭に変化が起こっているのに気がついた。なんだか頭皮がむずむずする。ショーウィンドウに映った自分の姿を見て思わず足が止まった。なんと禿げていたはずの頭が黒々しているではないか!
A氏は驚喜してショーウィンドウにかじりついた。
A氏の頭で黒い髪が風を受けて揺れる──かに見えたが、ナゼか風は吹いていない……。
頭でうごめいていた黒いものは──よく見ると双翅目の昆虫・ケバエの群れだった。
「どうなってるんだ!?」A氏の頭の中には「?」で埋め尽くされたが……やがて何があったのかを理解した。
「そうか……あの時、濁点を書き込む位置を間違えやがったんだ!」
『ケハエグスリ』とすべき効能に『ケバエクスリ』と記したために、秘薬を塗ったA氏の頭にはケバエがわんさかたかってしまったのだった……。

     *     *     *     *

ケバエの婚姻飛行が見られるこの時期──「今年もそんな時期になったか」とケバエをながめてふと思い浮かんだ、たあいもないイメージ。
「『ケバエ』と『毛生え(ケハエ)』──濁点があるとないとでは大違い」「『毛生え薬』で毛が生えるのなら、『ケバエ薬』ではケバエがたかるのであろうか?」などと思ったのがきっかけ。

ケバエが集団発生する時期になるとこれをハチだと思って怖がる人をみかけるが、たよりない飛び方はあまり脅威を感じない(じっさい刺したりはしないので怖がることはない)。インパクトがあるのは、むしろ晩秋の幼虫集団であろう(*)。

ちなみに、文章化するにあたって便宜的に設定した「ホイさん」の名前は三谷幸喜・脚本&総合演出のTV番組『HR』の「ホイさんが帰ってきた!」から。生瀬勝久が演じた中国人のホイさんのイメージを借りたもの。


*謎の幼虫大群:ケバエ

https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-179.html

●エアポケット幻想
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-642.html

■【冗区(ジョーク)】~メニュー~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-379.html

スポンサーサイト



コメント

No title
こんにちは・・・(笑)

いつもながらの、妄想あり、推理あり、観察あり、(承服:笑福)ありのくだりに堪能させて頂きました!
・・・「お話の先が知りたくて仕方ない!」
そう想わされる話の繋がり(繋がり)が実にお上手な事に、う~~~ん・・・とため息が漏れます。

そっか~~~ケバエの薬!
あの集団にも、生き抜く秘策が隠されているのでしょうね!?
話の結末や虫の生態、秘策は、読む者の心を躍らせてくれますね!!!☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

他愛も無いハナシにおつき合いいただき恐縮です。
ケバエを目にして、脳味噌内に展開したイメージということで。
毛が生える薬はできるのかどうか判りませんが……ケバエをよぶ薬(集合フェロモン?)はできそうな気がしないでもありません。

管理者のみに表示

トラックバック