FC2ブログ

ぷち地蔵なアカシマサシガメ

ぷち地蔵ちっくなアカシマサシガメ



黒&赤があざやかなアカシマサシガメは見かけると撮ってしまうお気に入り昆虫の1つ。美しい配色も魅力だが、なんといっても《お地蔵さんを彷彿とさせる空目チックなルックス》が振るっている。


長いまつげを伏せて手を合わせるお地蔵さんに見える。カメムシの仲間には背中の模様が「顔」に見えるものも少なくないが、「顔」だけにとどまらず、「全身」がそれらしく見える完成度の高い(?)空目昆虫はアッパレ感が高い。


このアカシマサシガメは壁にとまっていた。カメラを近づけるとどんどん歩いて逃げる……。首をひねってこちらをうかがうようすに「表情」を感じる。


見返りサシガメ!?──カメムシ特有の針のような口吻がのぞいている。サシガメの仲間は捕食性で、この口吻を獲物に刺して体液を吸う。アカシマサシガメはもっぱらヤスデを餌にしているらしい。


撮りづらいので葉に乗せて撮影。カメムシの仲間なので左右の翅を重ね合わせているが、これがちょうどお地蔵さんの衿元のように見える。


光沢がある体に光が反射し《お地蔵さんの微笑む口元》のように見えたりもする。


葉をつまんだ指へとのぼってきたアカシマサシガメ。体長は12~15mmほど。
小さな小さな赤いお地蔵さん。


というわけで、今回空目の補助線(誘導イメージ)に使ったお地蔵さんのイラストはゴミの不法投棄を戒める立札に描かれていたもの↓。


アカシマサシガメは「赤いお地蔵さん」に見えるわけだが……お地蔵さんといえば、よく赤い頭巾や赤いよだれかけが付けられて(奉納されて)いる。どうして「赤」なのか、その意味については諸説あるようだが……いずれにしても「お地蔵さん」と「赤」にはつながりがありそうだ。そうしたことを考えると「赤いお地蔵さん」であるコトにも何か深い意味が込められているのではあるまいか……なんて妄想がかき立てられる?
黒と赤の取り合わせはインパクトがある配色だ。《警告色》としての意味もあるのかもしれない。余談だが、昔自作したインディーズヒーロー・ミラクル☆スターも黒地に赤(と銀)の取り合わせを採用していた。


あっぱれな全身空目虫

空目チックな姿に感心してやまないアカシマサシガメだが、「顔」だけにとどまらず「全身」が空目できるポイントの高い虫としては他に《タキシード姿のキョンシー》ことラミーカミキリや、(昆虫ではないがクモの)《ヒゲづらのオッサン》風なビジョオニグモなどがある。


※↑【ラミーカミキリ/オスとメスの違い】よりラミーカミキリ


※↑【ヒゲづらの王様!?人面蜘蛛】よりビジョオニグモ


スポンサーサイト



コメント

No title
こんばんは・・・
私、以前から、この赤いお地蔵様との出会いを願っておりました。
先日、庭のアベマキの葉に訪れてくれていたのを、喜び勇んでカメラに収めようとした瞬間・・・「お地蔵様はお逃げに成って・・・涙」
ああ・・・私、まだまだ精進が足りないのだと、ガックリしたところでございます。
最近、タキシード姿のキョンシー様にも出会えず、ビジョオニグモ様に至っては、まだ一度もお目にかかれていません。
観察眼を鍛えるべく精進するのみ!・・・そんな想いで拝見した次第です・・・☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

アカシマサシガメは、僕も見つけるたびにカメラを向けるのですが、なかなか思うように撮れないことが多い虫だったりします。
ということで、撮れる時にはビシバシ撮っておかねば──とシャッターを切り続けた次第です。
空目系の虫にはついテンションが上がってしまいます(笑)。

管理者のみに表示

トラックバック