FC2ブログ

ヨコヤマトラカミキリ&トウキョウトラカミキリ他

今シーズンもでてきたヨコヤマトラカミキリ



狭山丘陵では4月後半~5月前半に目にするヨコヤマトラカミキリ。今シーズンも発生を確認したということで。




背中の中央(上翅基部)がえんじ色で白いハの字模様が目をひく。ちょっとユニークな味わいのあるカミキリ。


背中中央のえんじ色はムネアカオオアリの配色に似ている。白いハの字模様はアリの腰のくびれを演出しているような気がしないでもない。ちなみにこのトレードマーク(?)=ハの字模様はキアイを入れれば(?)「ヨコヤマトラ」と読むことができる!?(*【ヨコヤマトラカミキリの模様】参照)。
こうした特徴的な模様は上翅表面に生えた細かい毛で描かれている。


ヨコヤマトラカミキリの体長は7~10mmほど。


擬木で今シーズン初のヨコヤマトラカミキリを見た後、ガードパイプの上に2匹目のヨコヤマトラカミキリを発見↓。


この個体は動き回ってなかなか撮らせてもらえず……移動しようとすると落下して見失うが……しばらく待っていると落ちていた小枝を登ってきた。




トウキョウトラカミキリ



今シーズン、何度か見ているトウキョウトラカミキリ。背中には「T」模様──「TokyoTora」の頭文字を背負っている(*)。




擬木の個体↑とは別に、ガードパイプにとまっているトウキョウトラカミキリも見つけるが……動き回ってろくに撮れないうちに落下。これも待っていると葉の上に登ってきた↓。


葉の上で何度も翅をたたみ直し、つくろっていた。


擬木上のカミキリ

ギボッチ(擬木ウォッチ)で見つけた他のカミキリも──。




シラケトラカミキリを見ると(「シラケトラ」→「しらけ鳥」の連想で)小松政夫を思い浮かべてしまうのは、僕だけであろうか?(【ど根性ぬけがら~シラケトラの唄など】)


桜が開花した頃から目にしているヨツボシチビヒラタカミキリ↑。


極小カミキリ(体長3~5mmほど)のヒシカミキリ↑。


ずんぐり体型のゴマフカミキリ↑は体長10~16mmほど。


ナカジロサビカミキリ↑は体長8~10mmほど。
カミキリに限らず色々な昆虫が出てきた。


スポンサーサイト



コメント

No title
こんばんは・・・
登場する全てのカミキリ虫を目にした事がなく、只々、ハンドブック内だけでなく、日本には本当に大きなものから小さなものまで、多種多様なカミキリ虫が居るものだと、感心するばかりです!
特に興味をそそられるのは、極小~小なカミキリで、その体が微細な毛で覆われてることに!又、しっかり模様を持つことに興味を抱きます。
一種一種の持つ模様の意味を解き明かすことができたらと、カミキリ虫が教えてくれたらと、そんな事を想いつつ眺めてしまいました!!!☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

カミキリも種類が多いですね。虫見を始める前には、こんなに多彩なグループだとは知りませんでした。
模様はその形も作り(細かい毛の有無で模様ができているものがいることを知った時も「へえ!?」と思いました)もフシギで興味が尽きませんね。
No title
ヨコヤマトラカミキリ綺麗ですね~!
触角や脚が長くて魅力的です!
先週、トウキョウトラの再チャレンジしてきたのですが、
またも見つけられませんでした・・・。
しかし、他のカミキリは沢山見る事が出来たので、次(GW)こそは
ヨコヤマトラも見つけたいです!
No title
> はらモッコさん

ヨコヤマトラカミキリはトラカミキリの中でもちょっとユニークな感じがしますね。
トウキョウトラカミキリ、残念でした。出会えるかどうかは運によるところもありますね。ミズキが咲き出したので、花に集まってくるかもしれません。

管理者のみに表示

トラックバック