FC2ブログ

ルビーなチョッキリ&ブラックホール紋象虫他

赤い宝石!?ファウストハマキチョッキリ



白いガードパイプの上に赤く輝く小さな昆虫がいた。そのキラキラ感でこの周辺で何度か見たことがあるファウストハマキチョッキリだとすぐに判った。葉を巻いて揺籃(ようらん)を作るオトシブミ(オトシブミ科)に近い仲間(チョッキリゾウムシ科)。生態も面白そうだが、なんといっても目をひくのがメタリックに輝く前胸背や上翅の鮮やかな《赤》──これが光の加減で濃い紫に見えたりもする。
とてもキレイなのでカメラを向けたくなるが、なかなか希望通りのショットを撮らせてくれない……。


葉の上に移動させて、なんとかピントが追いつきかけるが↑……まだ甘い。
ようやくピントがあってきた──と思ったらこの↓直後に飛び去ってしまった。


メタル・レッドの前胸や上翅が、光のあたり具合で色合いに変化があるのがわかる。今回は木陰で撮ってみたが、陽があたる場所で撮った去年の画像も再掲載──【ベニモンアオリンガ&そっくり芽鱗ほか】より↓


光沢昆虫の実際の美しさを画像にするのは難しい……。

背中にブラックホールをしょった極小ゾウムシ!?



擬木の上に見慣れない極小ゾウムシがいた。あまり小さな虫はどうせうまく撮れないのでスルーしがちだが、面白い模様のものは頑張って撮ってみたくなる。この極小ゾウムシも小さいながら模様にユニークさを感じた。特に目につくのが前胸背~上翅にかけての黒っぽい紋──暗黒の穴でも開いているかのようにも見える……ブラックホール紋の極小ゾウムシ!?


帰宅後調べてみるとクロホシタマクモゾウムシというらしい。


卵形のボディーラインもちょっと面白い。体長は3mm前後。


擬木のカミキリ



ヨツボシチビヒラタカミキリにしては大きめの個体↑。小さい個体では白い紋が薄く、大きな個体ほど明瞭になる傾向があるように思う。カメラを近づけると触角を起こし(前方に向け)動き出した。


擬木にはヒトオビアラゲカミキリも出ていた。




ヨツボシチビヒラタカミキリやヒトオビアラゲカミキリに比べると、ぐっと大きなカミキリの姿も──。




キマダラミヤマカミキリにはファウストハマキチョッキリのような金属光沢はないが……意外なことに、これも光の加減や見る角度によって色合い(濃淡)や模様の形が変わって見える。同じ個体↓。


同個体ながら、この画像↑では上翅左右の模様は非対称に見える。上翅には細かい毛が密に生えているが、この毛の向きが一様ではなく部位によって違うため、芝の順目と逆目のように明暗に差ができ模様の濃淡が生まれる(*)。上翅の毛の向きのバラツキはほぼ左右対称でも、光が射す角度や見る角度によって模様(濃淡)が非対称に見えることも多い(*)。


スポンサーサイト



コメント

No title
こんばんは・・・
虫に関心をお持ちでない方には、小さいがためにスルーされがちかもしれませんけれど、ファウストハマキチョッキリとは、何とも魅惑的なチョッキリですね!私など、まだ目にした事も無いものですから・・・殿方に「ルビーを差し上げましょう!」と誘われるより、「ファウストハマキチョッキリを探しに行きましょう!」と誘われる方がときめくかも!?・・・
(ブラックホールをしょった極小ゾウムシ)に・・・(爆笑)
その観点、発想がね!・・・実に面白いです!!!☆
でも、しっかり種名をお調べに成ってる辺り・・・流石ですね~!!!クロホシ・・・そのクロホシとブラックホールが重なって・・・(笑)虫観察って、こういった楽しみ方も有るんだな~~~って感じつつ読ませて頂きました!
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

ファウストハマキチョッキリは、僕も初めて見た時は宝石のような輝きに「こんな虫もいるのか!」と驚きました。タマムシやアカガネサルハムシなど金属光沢が美しい昆虫がいることは知っていましたが、まだまだ知らない美麗種はいるもんだなぁと。

クロホシタマクモゾウムシも、ふだんはスルーしてしまいがちなサイズ(小ささ)だったのですが、模様がユニークだったので。
ゾウムシも種類が多いようなので特徴が少ないものは同定に手こずりそうですが、この模様なら判るだろうと思って帰宅後調べてみたところクロホシタマクモゾウムシだと判りました。「クロホシ」はブラックホール紋のことなんでしょうね。

管理者のみに表示

トラックバック