FC2ブログ

牙付きクチブトゾウムシ&ヨツボシチビヒラタカミキリ

牙付きクチブトゾウムシ

鉄柵の支柱てっぺんにクチブトゾウムシがとまっていた。短吻類のゾウムシは羽化したときには大顎に牙状の付属突起がついているそうな。土中の蛹室から地上へ出るさいに使われるとされ、地上にでるとほどなく脱落してしまうという。そんな新成虫発生初期限定の《牙(状付属突起)》がついていないかと口元をのぞきこんでみると……。


リッパな《牙》がついていた。カシワクチブトゾウムシではないかと思うのだが(コカシワクチブトゾウムシという似た種類もいる)、自信が無いのでクチブトゾウムシ(の仲間)としておく。いずれにしても草食性のゾウムシが肉食性を思わせるような牙をつけている姿はなんともフシギな感じがする。




これまで何度か見たマツトビゾウムシ↓では《牙》が不自然に大きく交差していたが、今回みつけたカシワクチブトゾウムシ(もしくはコカシワクチブトゾウムシ)では、ほどよい感じで(?)設置されていた。


比較用に【牙付きマツトビゾウムシ】から再掲載↑。
今回みつけた牙付きカシワクチブトゾウムシ(もしくはコカシワクチブトゾウムシ)↓。


おもしろいので撮り続けてしまう。




ちょっと判りづらい画像になってしまったが……上から見たところ↓。




体長は5mmほど。恒例の1円硬貨との比較↓。


《牙》が脱落した通常姿はこんな↓。


桜の花とヨツボシチビヒラタカミキリ

毎年サクラが開花する頃に出現するヨツボシチビヒラタカミキリが擬木の上に出ていた。ちょっとわかりにくくなってしまったが……画面左上に開花した桜を入れて。




名前の通り、黒いボディ(上翅)に白い4つの星(模様)が特徴。


ヨツボシチビヒラタカミキリの体長は3.5~6.0mmほど。



「咲き誇る 桜を見ずに 擬木見る」 ギボッチャー(擬木ウォッチャー)心の川柳

スポンサーサイト



コメント

No title
こんにちは・・・
「是非!是非!出合ってみたい!観てみたい!」

星谷さんの記事に登場する(限定期写真)は、私にいつもそう想わせてくれる衝撃的なお写真です!☆
今回の牙付きクチブトゾウムシのお写真にも「感動、感激」です。
難しい事は私には解らないのですが・・・
牙付きのクチブトゾウムシが、(是非撮って下さい)と手を挙げて待っていてくれるわけでは無いはず!きっと、↑のお写真を撮影されるためには、相当な努力を費やされたのでは?と・・・
それを想うと、私は、不可能なことながらも、とってもと~~~っても虫撮りに触発されてしまうのです・・・
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

草食で温和な顔に見えるクチブトゾウムシに牙!──なんともフシギな姿ですよね。これまでマツトビゾウムシでは何度か見ているのですが、動き回るしイイ感じのアングルを狙うと牙に触角がかぶってしまうし撮影時は苦戦することが多かったです。が、このカシワクチブトゾウムシ(orコカシワクチブトゾウムシ?)は、じっとしており、しまいには触角をたたんで静止モードに入ったので撮りやすかったです(背景がもっと判りやすければなお良かったのですが)。
その後もクチブトゾウムシをいくつか見つけましたが、皆、牙は脱落した後でした。
No title
牙つきのゾウムシはかっこいいですね!
草食性なのに肉食を思わせる… とは、なるほど~です。
牙の素材感が気になりますよね?
脱落した牙が見つかればいいのに、なんて…
私も先日牙付きクチブトゾウムシ見れたのですが
私が見た個体は、コカシワ?ケブカ?というかんじでした…(- -;

カミキリも、ヨツボシチビヒラタやトウキョウトラが出てきましたね!
最近私の時間が遅めのせいか、星谷さんとの遭遇率が低くなっているような気がします…
No title
> noriさん

短吻類のゾウムシの顔って、アグーチやカピバラみたいな草食獣っぽいイメージがあったので、牙付きバージョンがなんともフシギに見えてしまうんですよね。

noriさんも牙付きクチブトゾウムシを見つけましたか。捕獲して容器に入れておけばやがて脱落した牙が回収できるかもしれませんが……牙だけだとかなり小さいので注意しないと見逃してしまいそうですね。

シロコブゾウムシみたいな大きな種類で牙付きがいたら、いいのに……なんて思っているのですが、まだ見たことがありません。

ギボッチ・コースは緑地管理が過剰になって虫が少なくなってきたので、最近は以前に比べると出かける頻度が少なくなっています。でも、擬木に飛来する虫が増えてきたので、またちょくちょく出かけてみようかと思っています。

管理者のみに表示

トラックバック