FC2ブログ

クモがコミミズクを捕食!?~エナガの恩返し

クモがコミミズクを捕食!?

少し前に《オオジョロウグモがシジュウカラを食った》ことがニュースになっていたが……ならば、《ハエトリグモがコミミズクを捕食》ってのはどうであろうか?


というわけで、ハエトリグモの仲間が捕えたコミミズクは鳥ではなく昆虫の方(植物の汁を吸うセミやカメムシの仲間)。




「コミミズク」で検索すると鳥類のコミミズクがずら~っと画面を占拠し、昆虫のコミミズクは影が薄い? 同じ標準和名にわずらわしさを感じることも少なからず。
ちなみに漢字表記では、鳥のコミミズクは「小木菟」、昆虫のコミミズクは「小耳蝉」。

クモの巣にかかった小鳥・エナガの恩返し?

ところで、僕も鳥がクモの巣にかかるのを見たことがある。もう10年ほど前になるだろうか……目の前で(といっても数メートル先)で、ジョロウグモの巣に小鳥がつっこみそのまま引っかかって宙づり状態になってしまった。「こんなことが、あるものだろうか?」とビックリ。残念ながらその日はカメラを持参しておらず証拠写真が残せなかったことが悔やまれる。当時は野鳥の知識は皆無で(今でも疎いが)クモの巣にとらわれた鳥の種類はわからず(後から考えるとエナガだった気もする)、まだ飛ぶのが下手な幼鳥なのだろうと考えた。そのまま放っておくのも可哀想だし、クモだってこんな獲物は持て余すに違いない……そう思って巣を壊して小鳥を救出。小さな体にからんたゴムボンドのような糸を剥がしてやると、小鳥は礼を言うどころか恐ろしいものから逃れるようにアッという間に飛び去ってしまった。「なんだ、ちゃんと飛べるんじゃないか」とあきれて見送るばかり。「助けてやったのに、そういう態度にでるか……」掌にはお礼代わりの糞がしっかりと残されていた。

《オオジョロウグモがシジュウカラを食った》というニュースを読んで、あの時、もし僕が救出していなかったら、あのエナガ(?)もジョロウグモに食われていたのだろうか……と思わないでもない。だとすればエナガの恩返しがあっても良さそうな気もするが、まだ来ない。いや……もしかると、「獲物を奪われたジョロウグモの呪い」をブロックするという「恩返し」がすでになされているのかも!?……そういうコトにしておくことにしよう。

スポンサーサイト



コメント

No title
ヤマトシジミ、ベニスズメ、ミヤマクワガタ…
和名が同じなのは結構ありますよね。

ジョロウグモに捕まったエナガ、写真があればすごかったですね。
私はクモが大の苦手なので、どーしてあげることも出来ませんが(^^;)
No title
> ともっくさん

ベニスズメっていうと僕などはスズメガを思い浮かべてしまいますが……まさに紅色のスズメ(の仲間?)もいるんですね。ミヤマクワガタって植物があったのは初めて知りました。
検索して別のグループの情報がヒットすると、ちょっと戸惑いますね。

クモの巣にからまったエナガ(らしき小鳥)を見た時は驚くと同時に、カメラを持参していなかったことに地団駄を踏みました(笑)。
No title
そう考えると蜘蛛の糸とは確かに丈夫なんですね。ビックリです。セミはよく見ますが。ナイス!
No title
> 四季の風さん

小鳥から糸をはがすとき、ゴムボンドのようだな──と感じたのを覚えています。鳥がクモの巣にからまるのを見たのは、後にも先にもそれ1度。やはり珍しいことだったのではないかと思っています。

管理者のみに表示

トラックバック