FC2ブログ

3月中旬のフユシャク&トカゲ

まだまだ頑張る!?3月中旬のフユシャク

前の記事に記したように牙付きマツトビゾウムシも現れ、(画像はないが)ヤニサシガメの幼虫も動き出した。花や昆虫も春ものにシフトしてきた感じもするが……冬の風物詩・フユシャク(冬尺蛾)もまだ頑張っている。ということで、3月中旬に見たものから……。


このヒロバフユエダシャク♀は前々回の記事【ヒロバフユエダシャク♀の前翅・後翅を確認】で前翅&後翅を確かめた個体。後日まだ同じサクラにいたので再度撮影。ベージュがかった体色に黒い模様があり、サクラの幹に溶け込んで見える。角度を変えて──↓。


ヒロバフユエダシャクもフユシャクなので♀は翅が退化して飛ぶことはできないが、その退化した翅をビシッと広げている姿が凛々しくてお気に入り。なので、いるとつい撮ってしまう。




ネット上には《一見すると逆に見えるが、後向きの長い翅が前翅》《短いほうが後翅》という情報が散在しているが、翅の位置関係を見ると実際はその逆。


どうして前後の翅が逆転した誤認情報──《後向きの長い翅が前翅》という話がでてきたのか不思議だが、想像するに……同じフユシャクの仲間でイチモジフユナミシャク♀では、前翅を斜め後ろ向きにのばし、その前翅の前縁よりも後翅が前方に出ていることがよくある。前翅と後翅が交差し前後関係が逆転した形だが……ヒロバフユエダシャク♀の「斜め後方にのびた《後翅》」の感じと「イチモジフユナミシャク♀の斜め後ろにのびた《前翅》」は、ちょっと感じが似ている。それでヒロバフユエダシャク♀でも前後の翅が逆転していると誤認されたのではないか?
実際のイチモジフユナミシャク♀とヒロバフユエダシャク♀の翅の位置関係は↓。


こうして見比べてみると、ヒロバフユエダシャク♀の後翅が(イチモジフユナミシャク♀のように)前翅だと誤認されてしまうことも起こりえそうな気がする。翅の付け根の位置を見れば前翅と後翅を間違うことはないと思うのだが……。
やはりサクラの幹にとまっていたヒロバフユエダシャク♀別個体↓。


この個体↑は白っぽい地色なので、この背景ではちょっと目立つ──例によって「卒」の文字に(この個体は「率」の文字にも)見える。この♀も3月上旬に確認していた個体。3月中旬に入って目につくヒロバフユエダシャク♀は、発生してから時間が経過したものが多いような気がする。もうヒロバフユエダシャクの時期も終盤なのかもしれない。
こちら↓は左後翅が縮れている、やや疲れた感じにも見える♀↓。


擬木ではシロトゲエダシャク♀の姿が↓。


いくらか腹が凹んでいるので産卵途上なのだろう。


名前に「フユ」は入っていないが、シロトゲエダシャクもフユシャク。♂は普通の蛾↓。


フユシャクでは1月下旬から目にするようになったシロフフユウダシャク♀が、まだチラホラみられる。が、だいぶ少なくなった印象。




ヒガシニホントカゲも出ていた

フユシャクを確認した足で昨夏みつけたトカゲ密度が高い石垣へ行ってみると、すでに出ており、日光浴中のものや活動しているものなど10匹ほど確認。フユシャクも頑張っているが、やはりもう春だと実感した。


冬眠から覚めて春眠? まだ眠そう。


トカゲの多くは紫外線を浴びることで骨を作る過程で必要な(カルシウムの吸収に不可欠な)ビタミンDを合成しているので日光浴は欠かせない。




スポンサーサイト



コメント

No title
平地のフユシャクはそろそろ終わりですね。
サクラが咲くと悲しくなる自分がいます(笑)

秋に出る図鑑を楽しみに来期を待つことにします。
No title
> ともっくさん

春の虫たちに入れ替わる時期は、若干あせりを覚えますね(笑)。
今シーズンはトギレフユエダシャクを見ずに終わりそう……残された時間はあとわずか!?
秋に図鑑が出るのですか!? 一般民間人にも買える価格だといいのですが……。
No title
翅の付き方~よくわかりました♪
小さくて見えにくい蛾でも、ソックリさんでも、よく見た方がいいですね!
それにしてもイチモンジフユシャク♀のきれいな色、素敵です!

チラッとどこかで見たこともあったのですが、日本には三種類のニホントカゲがいるんですね、びっくりです!
こちらの記事を見て、あらためてわが家のまわりのニホントカゲをしっかりと見てみたくなりました。

リンク先の記事も見て下さって、ナイスまでいただいてありがとうございます♪
No title
> 夏風さん

イチモジフユナミシャク♀もヒロバフユエダシャク♀もお気に入りなので、見つけると、つい撮ってしまいます。
蛾はバリエーションが豊富で楽しいですね。昨夏・一昨夏はセミヤドリガの羽化を観察でき、テンションが上がりました。

ニホントカゲはいつの間にか3種類に分けられていて、僕も知った時は驚きました。生き物の分類はけっこう変更があったりするので、ややこしいです……。

管理者のみに表示

トラックバック