FC2ブログ

シロトゲエダシャクなど

今シーズン初のシロトゲエダシャク♀



オスの姿は2月下旬から目にしていたのだが、メスのシロトゲエダシャクはこれが今季初。標準和名に「フユ」は入っていないがフユシャク(冬尺蛾)のひとつ。メスは翅が退化して飛ぶことはできない。昨シーズンはトギレフユエダシャク♀とともに2月下旬に確認している。


卵をかかえた腹がはちきれんばかりに膨れた新鮮なシロトゲエダシャク♀。


以前初めて腹がパンパンに膨れたフユシャク♀を見たとき、「腹の節にそって緑色の《模様》が入っている!?」と思った。緑色の部分は体表面を覆う鱗粉(もしくは鱗毛)で描かれた模様ではなく、膨満した腹の節が伸びきったことで鱗粉(もしくは鱗毛)コートのすきまからのぞいている下地──スボンとシャツの間から豊満な腹がはみ出した感じに似ているので、僕は個人的に「ハミ腹」「はみ腹状態」などと呼んでいる。


フユシャクのメスはどれも翅が退化して飛ぶことはできないが、その翅の大きさは種類によって様々。シロトゲエダシャク♀の翅は、かなり小さめ。翅は小さめだが、体は(フユシャクの中では)大きめ。


飛翔能力があるシロトゲエダシャク♂↓。同じ種類なのに♂と♀では容姿がまるっきり違っているのもフユシャクの特徴。


曇天に出会うヒロバフユエダシャク



曇天だから日中も出ているかもしれない……と思っていたら、こんなところにとまっていたヒロバフユエダシャク♀。


ヒロバフユエダシャク♀といえば、前翅・後翅をビシッと広げた姿が魅力だが……擬木の上で、ちょっと残念な感じの♀がいた。




フユシャクのメスはそもそも飛べないので翅がきちんと伸びていなくても困ることはないのだろうが……。
オスのヒロバフユエダシャクは、やはり一見、普通の蛾↓。


やはりサクラの古木にとまっていたヒロバフユエダシャク♂↓。幹は少し前に上がった雨で濡れている。


余談だが……このヒロバフユエダシャク♂がとまっていた幹にはセミの抜け殻がついていたので。


セミというと夏のイメージが強く、抜け殻もその時期の物だと思っていたが、フユシャク探しでサクラッチ(桜ウォッチ)をするようになって、セミの抜け殻は冬になってもけっこう残っているものだと認識をあたらめた。

シロフフユエダシャクなど





シロフフユエダシャクは相変わらずよく見かける。
翅が消失したフユシャク亜科のフユシャク♀↓は擬木支柱の鉛直面にとまっていた。



スポンサーサイト



コメント

No title
フユエダシャクのメス、こちらで初めて見聞き生き物の不思議さを感じました。観察力に脱帽です。ナイス!
No title
> 四季の風さん

オスとはまったく違うフユシャクのメスは、僕も初めて見た時は「摩訶不思議」に感じました。身近に所にこんな生き物がいるとは……昆虫の多様性には驚くばかりです。
No title
シロトゲ、よいですね。
昨シーズンはそこそこ見ましたが、今シーズンは未だに。
見に行く時間がないとゆーのが実情ですが…

見ていないと思っていたクロオビは写真の中から見つけました(笑)
なので今シーズン未見なのはシロトゲ、トギレ(出てるとこもあるみたいです)、カバシタ(笑)です。
今期の写真は整理がついたので、順次アップしていきます。
No title
> ともっくさん

この冬は、でだしのクロスジフユエダシャクが遅れていると思っているうちに(少なかった)いつのまにか終わってしまい……フユシャク・シーズンもあっという間に終盤になってしまったという感じがしています。
トギレフユエダシャクも好きなフユシャクの1つですが、今年も出会えるかどうか……。
ともっくさんのフユシャク・コレクションを楽しみにしています。

管理者のみに表示

トラックバック