FC2ブログ

桜でイチモジフユナミシャク

あわいブルーの小さな翅をもつイチモジフユナミシャク♀は羽化してあまり時間が経っていない、ぷっくりした新鮮な個体が美しい。強風にさらされたり時間が経過したものは体の表面を覆っている鱗粉が浮き上がったり剥がれたりして、ちょっとみすぼらしくなってしまう。産卵後には腹がしなびて印象がだいぶか変わってしまう。フユシャクを見始めた頃には産後の個体は別の種類のフユシャク♀だと思っていた。狭山丘陵周辺では12月後半に現れ始め、年を越すと産卵後の個体の割合がぐっと増える……という印象を持っている。
ということで、新鮮で美しいイチモジフユナミシャク♀を見るなら発生初期が狙い目かもしれない。前の記事で記した通り、今冬もイチモジフユナミシャクの発生を確認できたので、♀探しをしてみた。
イチモジフユナミシャク♀を探すとき、僕は桜の古木を見て歩く。ギボッチ(擬木ウォッチ)ならぬサクラッチ(桜ウォッチ)。苔むした幹の日陰側にとまっていることが多い。
何年か前から桜の古木が伐採されたり大胆に枝打ちされたりしてフユシャクは減ってきた印象もあるのだが……とりあえず、見つけたものから……。

サクラッチ(桜ウォッチ)でイチモジフユナミシャク♀探し



まずは、サクラわきの支柱でみつけたイチモジフユナミシャク♀から。この柵は前の記事で♀を見つけた場所。すぐそば(画面左)にサクラの木がある。幼虫時代はこのサクラで育ったのだろう。


この♀は、あわいブルーの前翅に走る黒い帯模様が途中で途切れていた(黒帯の明瞭さは個体によって差がある)。
サクラの幹に止まっていたイチモジフユナミシャク♀↓。


右の前翅(あわいブルー)の縁から後翅(白)がのぞいている↑。この個体は体全体に黒い鱗粉がまじっていた。
別のサクラの日陰側にとまっていた、産卵後と思われるイチモジフユナミシャク♀↓。


産卵後は腹が縮み、その比較で翅が大きく見える。この個体も前翅の黒帯が途切れている。
やはり苔むしたサクラの日陰側にいた産卵後の個体↓。


腹はすっかり縮んで、産卵前の「ぷっくり感」はない↑。
この♀↓は背中(腹背面)が凹んで見えたが……産卵途上!?


産卵前の「ぷっくり感」満載の個体がいないかと探し続けると……いた↓。


この♀はお腹がパンパンに張っていて、《シャツの裾とズボンの間から豊満な腹がはみ出した》かのような「はみ腹」状態!?


産卵後の♀とはだいぶイメージが違う、ぷっくり感増量!?個体。


別のサクラに、やはりぷっくり感増量──「はみ腹」状態の♀がいた↓。


この♀は前翅が持ち上がり、じゃっかんカールしている──アメリカンカール(猫)の耳を連想した。


さらに別のサクラ古木の幹にとまっていたイチモジフユナミシャク♀↓。


これが標準的な(?)ぷっくり感。この個体は前翅の黒帯が明瞭だった。


イチモジフユナミシャク♀は個体や状態によって印象がずいぶん違う。ぷっくり感があって模様がクッキリ鮮明でブルーが強い個体は一段と美しいのだが……美麗個体はなかなか見つからない……。

※昨シーズンのイチモジフユナミシャク♀→【あわいブルーの冬尺蛾

スポンサーサイト



コメント

No title
こんばんは・・・
この淡いブルーの翅に憧れてるのですが・・・

残念なことに、桜の幹を舐め回すように探しても、過去観る事ができたフユシャクの♀は、チャバネフユエダシャク(♀)とクロスジフユエダシャク(♀)の2種だけです。

来年は!
フユシャク蛾の交尾シーンも!・・・ですが・・・
イチモジフユナミシャク(♀)の淡いブルーとの出会いに!
是非是非挑戦してみたいです!!!☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

フユシャクも♂は飛べるので、夜行性の♂は街灯周辺やトイレ、コンビニなどに(夜間、光にひかれて)来ているかも? そうしたところで♂が確認できれば近くで♀も発生していると思うのですが……。
フユシャク♀探しするサクラは、植込みに隣接していたりして、あまり根元の落ち葉などが頻繁に撤去されていない所や根本が踏み固められていないところがいいかも知れません。
うまく見つかるといいですね。
No title
今晩、イチモジ探しに出撃予定です。
黒化の比率の高かったあの場所へ…(^^)
No title
> ともっくさん

イチモジフユナミシャクは今が旬な感じですね。
ノーマル・黒化型、きれいな固定が見つかるといいですね。

管理者のみに表示

トラックバック