FC2ブログ

空色の羽の妖精!?

空色の羽の妖精!?イチモジフユナミシャク♀



12月も下旬になってイチモジフユナミシャクを確認。桜並木沿いのフェンス支柱にとまっていた♀。フユシャク(冬尺蛾)というと地味な色合いのものが多いが、イチモジフユナミシャク♀は淡く青みがかった小さな翅が美しい(個体によって白っぽいものから緑がかったもの、青みがもっと強いものもいる)。


《流氷の天使》《氷の妖精》などと呼ばれるクリオネ(ハダカカメガイ)に似ていると感じるのは僕だけだろうか? 空色の羽の妖精っぽく見えなくもない!? あわいブルーのプチ羽と腹の側面に並ぶリング模様が魅力的。


イチモジフユナミシャク♀がよくみつかるサクラの古木には、よく緑~青みがかった地衣類がついている。イチモジフユナミシャク♀のあわいブルーはこの地衣類に紛れる擬態色なのではないかという気もする。フユシャク探しをしていると、この地衣類が(逆に?)イチモジフユナミシャク♀に見えてしまうこともあるからだ。


「イチモジフユナミシャク♀!?」と思いきや、なんちゃってな地衣類だった……なんてコトがあるということは、それだけ「まぎらわしい」わけで、つまり隠蔽効果もあるのではないかと想像するしだい。
この地衣類に溶け込む(?)淡いブルーは♀限定で♂はベージュ系をした蛾。♀とは色合いもスタイルも全く違うイチモジフユナミシャク♂↓。


コンクリート製の鉄道柵にとまっていたイチモジフユナミシャク♂。すぐ近くには、やはりサクラの古木がある。サクラはイチモジフユナミシャクの幼虫時代の食植物の1つ。


♂は飛ぶための翅を備え、いたって普通の蛾に見える。なのにメスは翅が退化して飛ぶことができない──というのがフユシャクの特徴の1つなわけだが……左半身には♂の翅を持ち、右半身の翅が小さなイチモジフユナミシャクを見つけた。一瞬、以前遭遇した半♂半♀のニホントビナナフシの雌雄モザイクが思い浮かんだ。


フユシャクの雌雄モザイク個体か!?──と驚いたが、よく見ると右翅が伸びきらなかった羽化不全のイチモジフユナミシャク♂のようだった。

フユシャク亜科のフユシャクも出てきた



ギボッチ(擬木ウオッチ)をしているとき、ちょうど支柱をのぼってきたフユシャク♀。歩行している時は、頭を起こし、触角を広げ・前へ向けたりしているので、ちょっと印象が変わる。見つけた時は歩行中だったが、カメラを向けると、止まって触角をたたみ始めた↑。そして静止モード(?)に入ったフユシャク♀↓。


フユシャクはエダシャク亜科・ナミシャク亜科・フユシャク亜科にまたがっているが、フユシャク亜科の♀はどれもよく似ているので、僕には見分けがつかない。ウスバフユシャク♀ではないかという気もするが……自信は無い。
フユシャク♀なので退化した翅が特徴だが、腹端の化粧ブラシのような毛束も目をひく。この毛で産卵した卵をコーティングするのだが、その形状は種類によって違いがある(※【フユシャクの産卵とその後】【フユシャクの産卵:列状卵塊ほか】)。


やはり♀とはずいぶん違うウスバフユシャク♂↓。


ホルスタインちっくなチャバネフユエダシャク♀



この冬、クロスジフユエダシャクはピークを迎える前に姿を消してしまった(発生数が少なかった)印象があるが……チャバネフユエダシャクは継続して見かける。


塀に微妙な距離をおいて止まっていたチャバネフユエダシャクの♂と♀↓。


クロオビフユナミシャク♀



このクロオビフユナミシャク♀は【フユシャク3種~12月中旬の昆虫】で撮ったのと同じ個体のようだ。撮影した数日後、同じ擬木の上にいた。支柱の上での位置や向きは変わっていて、陽の当る角度も違っていたので改めて撮ってみた。


数日経っているわりに鱗粉はキレイに整っていて、テカっていた。フユシャクの♀としては大きな翅だが、(フユシャク♀としては)広めでテカる翅は夜には月明かりを反射して♂からの発見率(繁殖達成率)を高める効果でもあるのだろうか?……ふとそんな可能性も思い浮かんだ。
フユシャクの種類によって違う♀の翅の大きさ(退化の度合い)。これには何か意味(役割り)があるのか……あるいは、そんなものは無いからバラツキが放置されているだけなのか……フユシャク♀の小さな翅には、何かと関心をひきつける魅力を感じる。

あわいブルーの冬尺蛾 ※昨シーズンのイチモジフユナミシャク

スポンサーサイト



コメント

No title
こんばんわ!

一円玉と比較して大きさが良く判りますが?
自然で探すのは無理かも・・・・?(笑)
No title
> 森のゴンズイさん

体長の数字ではボリューム感がイメージしにくいので、1円玉(直径20mm)比較をよくてしています。
イチモジフユナミシャクやチャバネフユエダシャクは苔むしたサクラの幹を探すとみつかることがありますが、塀や柵などの人工物にいると見つけやすいですね。
No title
こんばんは・・・
やはり、優れた観察眼をお持ちなのだと、今回紹介されたフユシャクの種の数を拝見しただけでもうなってしまいました。

フユシャク亜科の♀の・・・蛾を想えない姿には感動します。

まだ、目にした事のないイチモジフユナミシャク♀の地衣類に似た姿・・・
クロオビフユナミシャク♀のテカった翅の生き抜く効果(?)には、興味を抱きます。
フユシャクの仲間は、その姿を始め、生態にも解明されてない不思議が詰まってる分、この時期出会えると心湧き立つ仲間ですね・・・
機会があれば、じっくり探してみたいです・・・☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

フユシャクは生態もユニークですが、やはり♀の容姿に自然のフシギさを感じずにはいられませんね。
一口にフユシャクといっても活動時期や容姿も色々あって興味深いです。
成虫が見られる時期はある程度限られてくるので、やはりその時期になると気になる存在です。
No title
今期、結局クロオビには会えませんでした…
普通種と言われる種類でも縁がないですね。
ヒメクロは定番ポイント以外でも会えたんですが。
No title
> ともっくさん

虫は「縁」ですね。あっけなく見つかる時は次々に見つかることもあるし、見つからない時は、気がつくと時期が終わっていた……なんてコトもありますし。

管理者のみに表示

トラックバック