FC2ブログ

婚礼ダンスでペア成立

婚礼ダンスでペア成立の瞬間:クロスジフユエダシャク

落ち葉の上を低く飛ぶクロスジフユエダシャクの姿があちこちで見られるようになった。「チョウが飛んでいる」なんていう声も聞こえたきたりするが、これは冬にだけ出現する昼行性の蛾。飛んでいるのは全てオスで、メスは翅が退化して飛ぶことができない。落ち葉の下などに隠れているメスを、オスは婚礼ダンス(はばたき歩行)によって見つけだす──というのは先日【意外な翅の役割り!?クロスジフユエダシャク】で記した通り。
このオスの婚礼ダンス(はばたき歩行)に着目すれば、高い確率でメスを見つけ出すことができる──わけなのだが……肝心の婚礼ダンスがいつ始まるかはわからない。観察するのに「婚礼ダンス待ち」をすることも少なからず。
だが今回はラッキーなことに「待ち時間ゼロ」。通りかかったクヌギの根元近くで、2~3匹の♂がタイミングよく婚礼ダンスを始めたので、そのまま観察。
落ち葉の上を低く飛んでいる時とはあきらかに違う動き──羽ばたき回数は増え狭い範囲をせわしなく歩き回っている。1匹が幹の低い位置でこの行動を、他に1~2匹がその下の落ち葉の上を羽ばたき歩き、タッチアンドゴーをくり返していた。婚礼ダンスが始まってしまえばペア成立まではあっという間だ。複数のオスが反応している場合はどれが本命か判断しかねているうちに(ロクな画像が撮れないうちに)正解者(♂)が、さっさと落ち葉の下にもぐりこんでしまうということになりがちだ。
これまで落ち葉の上で婚礼ダンスを舞う♂は何度も見ているが、木の幹で舞っているのは見たことがない──そうした不自然な(?)ことをやっているということは、正解はそこ(メスがいるのは木の幹)なのだろろうと判断し、クヌギの幹で婚礼ダンスを舞うオスに絞って撮り始めた。














最初の画像から交尾が成立したことが確認できるここ↑まで、わずか26秒。


婚礼ダンスを撮っている間は気づかなかったが、メスは樹皮のすきまに隠れていた。♀の放つフェロモン(ニオイ物質)を手がかりにその位置を正確に割り出す♂の婚礼ダンス(羽ばたき歩行)アッパレ!


交尾が成立すると根元の落ち葉で婚礼ダンスを舞っていたライバル♂は関心を失い、離れて行った(これまでの観察と同じ)。交尾が成立すると♀のフェロモン放出はシャットダウンするのだろう。
隠れている♀の姿がこれではよくわからないので、擬木に単独でとまっていたクロスジフユエダシャク♀の画像を↓。


目立つ所にいるのに♂が寄ってこないのは、交尾済みの(フェロモン放出がシャットダウンした)♀なのかもしれない。


冬尺蛾の時期にも健在なウバタマムシ



フユシャクの活動時期にミスマッチな感じもするが……このあたりでは1年中みかけることのあるウバタマムシ




スポンサーサイト



コメント

No title
最近は星谷さんの影響で「擬木の昆虫探し」をしています。
今日は天気もいいのでフユシャク、擬木の昆虫観察にでも出かけようかと思っています。(目的地は狭山公園、見つかりますかねー?)
No title
昨日の公園散歩で見つけました!
No title
> shinoさん

冬は擬木が昆虫探しの1つのポイントになりますね。場所や擬木そのものにも発見率が高い所とそうだない所があるようです。接続部に隙間がある擬木だと、この隙間で虫やヤモリなどが越冬していたりして発見率が高いような。

狭山丘陵の東京側ではこのところ緑地管理がまめに(過剰に?)入って、擬木の虫は減少傾向なのですが……おもしろい虫が見つかるといいですね。
No title
> あじちゃんさん

あじちゃんさんも見つけましたか。クロスジフユエダシャクはちょっと地味目の感じもしますが、♂の♀探しは興味深いですし、この時期にしか見られないので注目しています。
No title
こんにちは・・・
先日、かつてクロスジフユエダシャクを見掛けた経験のある場所に向かい、何とか♂だけを見付ける事が出来ましたが、婚礼ダンスも♀も目にすることは叶いませんでした。
♂は、低空飛行をしては地面の枯葉、地被類にとまっての休憩?或いは(お~~~い♀~~~!とでも想ってるのか?)の連続で、↑の様なダンスを披露してくれませんでした。
実際に、婚礼ダンスとはどのようなものなのか・・・
目にした事のない私にも、↑の記事で十分に想像できます!
次回の散策で、是非是非、その婚礼ダンスを目にしてみたい!と願ってます・・・☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

婚礼ダンスは始まってしまえばしめたもの──なんですが、これがいつ始まるのかわからないのがちょっとヤキモキしますね。
♂は降りそうで降りない低空飛行を続けていて……降りて静止すればハズレ。降りて逆に翅の回転速度が上がったらアタリ──といった感じです。

今回はたまたま通りかかった時にタイミングよく見られたのでラッキーでした。
「婚礼ダンス」を頭の隅においておけば、それと気づける時があるかもしれません。
No title
フユシャク探し、楽しそーですね。
行きたいです。
ですが年内はバタバタでしばらく行けそーにないです。
そんなことしてる内にサザナミやユキムカエが…(>_<)
No title
> ともっくさん

毎年同じコトをやっているような気もしますが……この時期になると、やはりフユシャクの姿を探しをしてしまいます。
他の虫が少ない時期ということもありますが、この時期にしか見られないのに見ないのはもったいないような気がして(笑)。

管理者のみに表示

トラックバック