FC2ブログ

ヤニサシガメぷち飼育中

ヤニサシガメのプチ飼育



10月半ばから地味~な昆虫を飼育している……。ヤニサシガメという捕食性カメムシの幼虫だ。これまで見かけてもあまり気にとめない昆虫だったが……ちょっと確かめたいことがあってプチ飼育を始めたしだい。その内容については後日まとめて投稿する予定(*)。
そんなわけで、どういう昆虫なのかもあまり知らず、飼育ノウハウも皆無のまま、ヤニサシガメの幼虫をこんな簡易セットで飼うことにした。


容器は100円ショップで買った数個セットになったランチ系(?)グッズ。
枝はヤニサシガメの止まり木用。ここに止まっていれば、エサとなる虫が登って来くるだろうから遭遇率が高まる──狩りのチャンスを増やす場となることを期待しての設置。
濡れたテッシュペーバーを詰めたペットボトルのフタは乾燥防止と水分補給用。テッシュペーバーを詰めたのは水だけだと溺死する危険も配慮して。
フタには通気孔としてピンで孔をあけた。


ヤニサシガメは捕食性なので、エサに生きた虫が必要となる。飼育する幼虫が小さいのでそれなりのサイズの虫でなくてはならない。あまり頑丈そうなものや攻撃力のあるものは避けた方が無難だろう。よく飛んだり跳ねたりする虫は容器を開けた時に逃げ出すとややこしいから、候補から外し……この時期に安定供給できるものは何だろうかとか、どこへ行けば採れるだろうかとあれこれ思案する……。




メダカナガカメムシは、いるところではクズの葉の裏にけっこうみつかる。
サクラの枝の下のフェンスではハバチの仲間の幼虫がよくみつかる。


マテバシイについていた大型のアブラムシ↓。



飼育開始時、何種類かの虫を与えてみたところ、捕食する気配が見られず、やきもきした。飼育環境を警戒してのことか、与えた虫がエサとしてふさわしくないのか(であれば、他の虫を調達してこないといけないわけで、何が良いかまた思案しなければならない)、それとも、単に腹が減っていないだけなのか……。

ようやく捕食を確認し一時ホッとしても、油断はできない。そもそも、捕食性の昆虫となると、どのくらいの頻度で食事をするものなのか、そのあたりのことからして判らない。飼育下に置いた虫の行動が正常なのか異常なのか(元気か否か)をきちんと判断できるだろうか……と、ヤニサシガメ幼虫の一挙手一投足に右往左往する。

今回飼育で知りたかったことを確認するには脱皮をさせる必要があったのだが、この難関(?)を無事にクリアできるのか……その不安が大きかった。
「昆虫は脱皮をする」なんてことは誰でも知っているあたりまえのことだが、実際に自分の飼育管理下でそれをクリアせねばならないとなると気が気でない。
「妊婦は出産する」というのは誰もが知っているあたりまえのことだが、いざ自分のヨメが出産するとなると右往左往するオットになったような気分……。

ヤニサシガメがどんなところで脱皮するものなのか、僕はこの時点では知らなかった。何か参考にならなるものはないかと思いめぐらせ、ヨコヅナサシガメがサクラの幹や擬木などの鉛直面で羽化や脱皮をしているのは何度も目にしていたのを思い出した。


擬木の鉛直面で脱皮するヨコヅナサシシガメ幼虫↑とサクラの鉛直面で羽化するヨコヅナサシガメ成虫↓。


ヤニサシガメもおそらく同じようなスタイルだろうと考え、飼育容器の中に樹皮(トウカエデのもの)で鉛直面を設置。脱皮前にはこの鉛直面で動かなくなるだろうと予想していた。


しかし、ヤニサシガメはエサをとらなくなり枝の下にぶら下がる形でじっとしていることが多くなった。脱皮前のようにも思えるが……弱ってきたとも考えられなくはない……。
弱っているのなら、何が悪いのか早急に検討して手を打たねばならない……あれやこれや考えながら気をもんだが、枝にぶら下がったまま無事に脱皮を果たした。


その後、松葉にぶら下がった形で脱皮したヤニサシガメの抜け殻をいくつも見つけた。鉛直面ではなく細いものにぶら下がるのがヤニサシガメの基本的な脱皮スタイルなのかもしれない。




中には脱皮不全のまま絶命している個体も……。


昆虫が脱皮するのはあたりまえのことのように認識していがちだが、自然の中でも脱皮不全や羽化不全は少なからず存在する。こうしたシーンを見ると、脱皮の大変さを改めて実感せずにはいられない。そして飼育下で無事に脱皮までこぎつけたことに、安堵とも感慨ともつかないものを感じるのであった……。

「知識」としては知っていても、実際に昆虫の脱皮を見ると──あの細い触角までキレイに抜けて、「こいつら、スゴイことをやりよるなぁ……」と驚き、感嘆せずにはいられない。
ふだん見かける昆虫は──害虫も含め、こうしたプロセスを経て存在しているのだと思うと、ぞんざいに扱えない気分になる。

「脱皮」なんて、誰もが知っているあたりまえのコトだが、【知識】(二次情報)として知っているということと、実態を目の当たりにして【観察】して(一次情報として)感じることとでは、理解の度合いがずいぶん違う──【地図】と【風景画】ほどの違いがあるように改めて感じるしだい。

好きで飼い始めた虫ではないが、飼育し始めると、目が離せず、あれやこれや気になってしかたがない今日この頃なのであった……。


スポンサーサイト



コメント

No title
カメムシは飼育している例が少ないけれど慣れれば案外帰るということを以前飼育していたキンカメムシから知りました。
サシガメは肉食ですし、獲物のカスみたいなのがたまるので掃除が大変そうですね。
自然で観察したことを生かしてるのが参考にしたいと思いました。
No title
すごいなあー

星谷さんのことですよ❕
No title
> タイコウッチさん

飼育は「経験」が重要なのでしょうね。なれてきてノウハウが把握できてくればそれほど難しくはないのかもしれませんが、この虫についてはあまり予備知識が無かったので飼育イメージが描けず、ハラハラしました(笑)。
No title
> 星谷 仁さん

ちょっと確かめてみたいコトがあったので、慣れない飼育に手を出してしまいました。
そのかいあって疑問解消!──となれば良いのですが、謎は深まるばかり!?
昆虫は奥が深いですね。
No title
昆虫の脱皮をみることは少ないです。脱皮したあとのからはよく見ますが、セミなども脱皮してそのまま固まってしまったようなのも見ます。蝶なども成虫になる率はすくないといいますね。わが家のベランダで羽化したアゲハ蝶はどこかにいなくなったので安心しました。興味深く読ませて頂きました。私もこういうシーンを見てみたいです。
カメムシの幼虫はよく見るんですが。ナイス!
No title
> 四季の風さん

虫見をしていると、脱皮不全・羽化不全はしばしば見かけますね。やはり脱皮や羽化は「大仕事」なんだなと、あらためて感じます。
ヤニサシガメの脱皮は今回初めてみたのですが、無事に完了するまでハラハラドキドキでした(笑)。
No title
こんにちは・・・
以前、ヨコヅナサシガメの飼育観察を試みたい・・・試みようかな~・・・と想ったことがありましたが、踏みとどまったのは、そのカメムシが(捕食性である)ことでした。
おっしゃる様に、餌のタイミングや捕食のタイミングがさっぱり解らないことが、私の試みをストップさせた要因でした・・・
その辺りを見事に克服されて、詳細に観察されたところ・・・敬服致します!
(ヤニサシガメのヤニはどこからやってくるのか?)などの生態の不思議について・・・
諸説ある様ですので(と、言いますか、ハッキリと断定されてる方さえいらっしゃるようですが)
不明な点が多々ある中、飼育における羽化に成功された星谷さんの考察に注目したいところです!!!☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

ヤニサシガメのヤニの正体について確かめたくてプチ飼育に挑戦してみました。
そのあたりの詳細については↓

●ヤニサシガメのベタベタは分泌物なのか松ヤニなのか?
http://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/37607275.html

にまとめて投稿しました。
昆虫飼育は……特に初めて挑戦するものは敷居が高く感じますね。
それでも、ネット上の情報だけでは納得できない部分があったので、これは自分で確かめてみるしかないなと決断したのですが……まだまだ謎は続きそうです……。

管理者のみに表示

トラックバック