FC2ブログ

10月前半の空目&人面虫ほか

10月前半の空目&人面虫

もう何度もネタにしている常連メンバーだが……いると撮ってしまう。ということで、10月前半に撮影した虫から。




キアイを入れればお地蔵さんに見えるアカシマサシガメ。この画像↑では光の反射が口に見え、不二家のペコちゃんの顔に見えなくもない!?
昆虫ではないが、クモの人面系といえば、ビジョオニグモ↓。


王冠をかぶったヒゲの王様に見えなくもない!?


「美女鬼蜘蛛」というより「王様鬼蜘蛛」の方がふさわしい……そう感じてしまうのは僕だけであろうか?
昆虫では、その名も「ジンメンカメムシ」という外国産カメムシがいるが、国内にも人面に見えるカメムシは存在する。オオホシカメムシもそのひとつ↓。




オオホシカメムシによく似たカメムシで、ヒメホシカメムシというのがいるが、これは腹が黒い(※【《顔がある》虫たち:スジベニコケガ他】)。


10月前半に撮ったその他の昆虫から





ヤマトタマムシは夏の昆虫という感じがするが、ウバタマムシは1年を通して見かける昆虫。
落葉が始まると擬木の上で見かけることが多くなるニホントビナナフシ↓。


本州では単為生殖とされている。これ↑はメスだが、(東京でも)まれにオスも見られ、2013年の12月には交尾も確認できた(※【ニホントビナナフシ東京でも両性生殖】)。
このところめっきり涼しくなったが……陽当たりの良いクワの葉の上に、ストライプがオシャレなテングスケバが出ていた↓。



スポンサーサイト



コメント

No title
傑作揃いですねー!
昆虫の面白さが倍増します。
No title
アカシマサシガメはキアイを入れなくてもお地蔵さまに
見えました。
お初ですが、凄いのがいるんですね~。
No title
> shinoさん

擬態はよく話題になりますが、(生存率とは関係ない)空目系・人面系も面白いので、つい探してしまいます(笑)。今回紹介したメンバーは、すっかり常連なんですが……見つけるとやはりカメラを向けてしまいます。
No title
> まあささん

アカシマサシガメはイイ味をだしてますね。出会うとラッキー感のある虫の1つです。
絵本の『ウォーリーをさがせ!』ではないですが、虫の中に空目を探すのが密かな楽しみだったりします。
No title
こんばんは・・・
お馴染みどころか、↑に紹介されたものほとんどの種を、いまだに目にすることができてない私です。

星谷さんの口から(不二家のペコちゃん)の言葉が出てきたので、ほっこりとした気持ちで虫鑑賞をさせて頂きました・・・
皆ですが、特に出会ってみたいのが(ビジョオニグモ)です。
私、美女に弱くて・・・
と、テングスケバ様!・・・
その魅惑的なお姿を是非是非拝見してみたいと願ってはいるのですが、なかなか・・・(涙)
・・・(空目&人面虫)の表情に気付かれた星谷さんに!!!☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

昆虫学的な興味からは逸脱しているのでしょうが……個人的には空目虫を見つけるとテンションが上がりがちです(笑)。
ビジョオニグモは秋~冬にかけて見かける機会が増えます(擬木や柵などで見かけるようになります)。
テングスケバはこれまで夏に見ていた気がしますが、今回「まだいたか!」といった感じでした。
気温が低くなってくると活動する虫の数は減ってくるのでしょうけど、陽当たりの良いところへの集中率(集虫率?)が高まる時期かもしれませんね。
No title
見えます!しかし何時拝見しても素晴らしい観察力です。それに未見の昆虫ばかりです。ナイス!
No title
> 四季の風さん

虫見を続けている間に空目力がアップした気がしないでもありません(笑)。

管理者のみに表示

トラックバック