FC2ブログ

ハリサシガメとテングスケバ

その後のハリサシガメ

この夏みつけたハリサシガメ(*)ポイントの石垣。ヒガシニホントカゲの密度が高い場所でもあって、石垣上にトカゲが多く見られるときにはハリサシガメとの遭遇率も高い──という感じだった。


この石垣でおなじみのヒガシニホントカゲとハリサシガメの2ショット↑。
翅が短めのハリサシガメ成虫(短翅型)↓。


ハリサシガメを初めて見つけた(知った)7月下旬は幼虫・成虫、ペアもよく見られ、この頃が活動(羽化~交尾)のピークだったように思う。その後、ハリサシガメとの出会いは徐々に少なくなっていき、8月半ば頃から幼虫は見ていない。
石垣の隙間にいる成虫をやっと見つけても、すぐに隠れてしまう。


ハリサシガメがいつ・どんなところに産卵するのかとか、孵化の時期などについてはわからないが……卵や若齢幼虫をみつけられないかと思って、何度か探しに行ってみたが成虫が少し見つかったのみ。


このハリサシガメ成虫は翅が長かった(長翅型)。




やっぱりテングスケバ



ハリサシガメ・ポイントから引き上げる途上の道路脇のクワをのぞくとテングスケバがいた。トロピカルな(?)ストライプがオシャレなこの虫も、見つけるとやっぱり撮ってしまう。


テングスケバがいたクワにとまっていたキボシカミキリ↓。


その名のとおり通常は《黄星》が上翅にちりばめられているが、冬にみつかる個体では《白星》になる(【新年2種目天牛はキボシカミキリ】)。


スポンサーサイト



コメント

No title
テングスケバは色合いが道化師のようで、とても魅力的な昆虫ですね、ナイス!
時々クワの木を覗いていますが、なかなか出遭わないです。
No title
> nika4さん

テングスケバは魅力的ですね。同じような環境のクワでも、いるところにはいるのに、いないところでは見つからない……分散するより集まった方が繁殖率が高められるといういうことで密度が高い所と疎の場所ができるのか……。
僕は雑草に囲まれた若いクワで見ることが多いです。
No title
テングスケバのトロピカルなストライプにそっくりな模様のミドリグンバイウンカを
昨日レモンの葉裏で見ましたが、このテングスケバを見てると。。
ミドリグンバイはちょっと残念な「鼻」でした。。
我が家の周りは、ゴマダラカミキリばかりが多く、キボシカミキリは
もう何年も見てません。カミキリムシは何と言っても触角がカッコいいですね~

多摩湖線も復旧がまだまだというところへ、また北関東に台風が。。。
どうか台風が暴れませんように。。太平洋に逸れてくれないものかと。。
虫さん達のポイントも、吹き飛ばされないかと心配ですね。R
No title
こんばんは・・・
ハリサシガメ自体が、珍しい種なのでしょうね!
なかなかその生態も掴みづらいところがあるのでしょうね・・・
ですが、(いつもの石垣ポイントで見付かる!)は、大きな手掛かりに成るのではないでしょうか!
(アリ類を捕食する!)と言う餌場の問題もあるのでしょうが・・・(?)
何れにしても、珍しい種の居所を掴んでらっしゃるのは、日々の観察の観察の賜物だと想います!
改めて、フィールド観察の重要性を想います・・・☆
No title
> 名もない小島さん

テングスケバはトロピカルなストライプと「鼻」が魅力ですね。初めて見たときの第一印象は、(熱帯昆虫の)「ぷちテングビワハゴロモ」でした。
カミキリは、こちらではクワが多いせいか、キボシカミキリが多いです。ゴマダラカミキリはがっしりしていてカッコ良くて好きなのですが、市街地で時々見かける程度。庭木での発生が多いのかもしれませんね。

先日繭作りを確認したセミヤドリガがそろそろ羽化する頃だと思ってチェックしているのですが、台風とかちあわないか、ちょっと心配しています。
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

ハリサシガメの情報が少ないので、よくわからないことが多いのですが……無駄足覚悟でちょくちょく見に行くようにしています。そのうち幼虫でも確認できたらいいのですが……。

今は(先日繭作りを観察した)セミヤドリガの羽化がいつになるのか──というのが気になっています。去年もフィールドでいくつかセミヤドリガの繭をみつけてチェックしていたのですが、そろそろ羽化するだろうと思った頃に草刈りが入って結果を確認できませんでした(でも自宅で1例だけ観察できたのでよしとしました)。
No title
どれも見た事ないですね~~! 先日真っ赤な甲虫見つけて写真に撮ってブログに載せただけで…生息調査対象になってた虫らしくその道の方にご連絡させて頂きました。まだ南大阪以北では見つかっていないそうですが、結構危険な虫だという事でした。まだまだ知らない昆虫沢山いますね(^_^;)
No title
> ピンキーさん

ヒラズゲンセイですね。ブログを拝見しました。僕はまだ実際に見たことがない虫ですが、これもまたユニークない昆虫ですね。
No title
キボシカミキリは昔よく見ましたが、最近は減った気がします。
やはりクワが減ったからでしょーか?

クワカミキリも同様。
大きくてかっこいいんですけどねぇ
No title
> ともっくさん

こちらではキボシカミキリは、けっこう多いです。12月、1月に見かけることもあったりして。
クワカミキリは最近見ていないような……僕も重量感があってカッコ良いカミキリだと思います。
No title
わあああ・テングスケバってお顔が可愛いですね。
翅も透けててちょっとセミみたい。
みゆきもこんな子なら一目ぼれ・出会いたくなりました(*^_^*)
No title
> みゆきさん

テングスケバは透明マントをはおっているみたいで、ちょっとイイ感じ。
何度かネタにしているのですが、いるとやっぱり撮ってしまいます。
No title
(・ω・)どなたも初めて拝見します。
エナメルな青い尻尾のトカゲは見た事が有ります♪

テングスケバはネーミングもイイですね(●´∀`●)
No title
> ☆彡Maria☆彡さん

カメムシの仲間は嫌われがちですが、色んな種類がいてなかなかおもしろいです。
ニホントカゲの仲間は幼体のときの青く輝く尾が美しいですね。
昆虫の名前は覚えにくいものも多いですが、テングスケバは特徴を表した覚えやすいネーミングですね。

管理者のみに表示

トラックバック