FC2ブログ

ナガメとヒメナガメの模様考

ヒメナガメの凝ったデザインに感心





美しい昆虫・カッコイイ昆虫は色々いるが、ほどこされた模様のデザインで選ぶとすればヒメナガメは外せない。ヒメナガメは植物の汁を吸う6~8mmほどのカメムシ。《菜の花につくカメムシ→ナガメ》の近縁種で、ナガメよりもやや小さいのでヒメナガメ。
模様は黒とオレンジ色のツートーンカラーで構成。配色はシンプルだが、デザインの方は凝っていて、これが見事でカッコイイ。




アカスジカメムシはそのままサッカーのユニフォームになりそうなデザインだが(実際ACミランのものがそっくり)、ヒメナガメはそのまま仮面に採用できるクオリティーのデザインだと思う。


こんな仮面↑があっても、ちっともおかしくはあるまい。アカスジカメムシの《シンプルなストライプ》も「よく自然物で実現したなぁ」と感心するが、ヒメナガメの《複雑にして調和のとれたデザイン》も「よくこんな凝った形が実現したなぁ」と感銘のようなものさえ覚える。カメムシもなかなかあなどれない。




ナガメをながめて考える模様の規則性



これはヒメナガメと同じところにいたナガメ。よく似ているが、模様がヒメナガメよりもシンプル。




狭山丘陵ではナガメの方が多いが、同じ場所でヒメナガメを見かけることも少なくない。


この2匹↑、見つけた時は同じ葉の上にいたのだが、2ショットを撮ろうと近づくと離れてしまった。ちょっと写りが小さめになってしまったが、ナガメとヒメナガメが同じ場所に混生しているということで。
近縁種ということで全体の印象はかなり似ているのだが、よくみるとオレンジ色(赤~黄)の条紋の形が違う。


ナガメ(単純)とヒメナガメ(複雑)を見比べると、条紋(筋紋)デザインの入り方・発展(?)のしかたに規則性のようなものがあるように感じる。
黒地の体にオレンジ色(橙色)の配色が筋状に入る場合、黒領域と橙領域をクッキリ分けつつ、バランスの良い配置──おおむね均等な密度で配置されているようにも見える。ヒトが見ると複雑な形に見えるが、自然の秩序(規則性)があって、この「調和」が「美しい」と感じるところなのだろう。
ナガメの単純な条紋(橙の筋)で分離された黒スペースの《疎》の部分にこれをバランス良く分割する拡張条紋が入るとヒメナガメのデザインになる。


地色の《疎》の部分に展開する条紋(筋紋)は、配色スペースを等密度に分割する配置を選ぶ──そんな規則性を感じる。
ナガメと似たような条紋配置のカメムシを並べてみた↓。


この↑前胸背板の模様に注目すると、どれも「縁に沿った条紋」+「地色スペースを二分する拡張条紋(中央の縦筋)」というデザインになっている。これにさらに拡張条紋が加わったのがヒメナガメのデザインではないかという気がする。
抽象的な例えだが……数字に置き換えると「00」は地色単色(模様無し)、「01」から配色ラインが加わり、数字が増えると基本デザインの条紋が太くなる。「09」までは同じデザインで配色ラインが太くなるだけだが、「10」になると、1つ位が《くりあがる》──これが拡張デザインというイメージ。
ナガメの模様の《くり上げデザイン》がヒメナガメの模様になるのではないか──と僕は密かに思っている。だとすると、ナガメの《くり下げデザイン》はどうなるのだろう?
前胸背板の模様で考えると、黒地スペースを二分する中央の縦筋がないデザインが《くり下げデザイン》だろう。そんな模様のカメムシもいる。ベニツチカメムシというのが、これにあたると思うのだが僕は撮ったことが無いので、在庫画像からオオホシカメムシを例に拡張デザインの規則性をイメージしてみる。


このように、一見複雑に見える模様(拡張デザイン)も、デタラメに模様が配置されるわけではなく、規則性によって生み出されてるような気がする。

全く系統の違う昆虫でも、模様の形成に同じような秩序(規則性)が働いているとするなら、しばしば似通った模様が出現するのは不思議なことではない。昆虫には擬態(似ていることで生存に有利な効果)とは考えにくいタダの「空似」も少なくない。
模様形成に共通する秩序があれば、空似はごく自然な現象で、その中から「たまたま似ていることで、生存率が高まる」というケースが発生した場合、その特徴は受け継がれ・濃縮して「擬態」としての意味を持つこともあるだろう。「擬態」は「似せよう」という意志があって獲得するものではなく、模様形成の秩序(規則性)による「空似」の延長上にたまたま出来上がったものだと考えると納得できる。
──というのはド素人の勝手な想像に過ぎないが、ナガメやヒメナガメを見ると、ついそんなことを考えてしまう。

ちなみにこれまでの画像は全て成虫。今回ナガメ・ヒメナガメ同じ場所にいた幼虫はこんな姿↓。


ナガメとヒメナガメの幼虫はよく似ているそうで、混生場所では僕には区別がつかない。幼虫は、ちょっと空目ちっく。



今回、ヒメナガメ&ナガメを撮っている時にみつけたウズラカメムシもついでに↓。




ウズラカメムシにはヒメナガメとはまた全然違う魅力を感じる。
そして同じ日、近くのサクラで見つけた羽化してまだ体色が定着していないミンミンゼミ↓。




スポンサーサイト



コメント

No title
模様の考察実に面白いです。
今年ナガメを初めて見て、たくさんいるところを発見して写真撮りますが、すぐに飛んで逃げます。ほかにも草むらには居つくかのカメムシを発見しました。でも蚊に食われるので虫よけネットを買いました。
長袖来て、ネットかぶれば完璧?でもないですよね。ズボンの上からやられます。
模様が何かに見えるというのは、教えて頂いてやってみますね。蜘蛛は何かに見えるのが多いですね。私もアップしますのでいろいろ教えて下さい。ナイス!!
No title
> 四季の風さん

ナガメはよく見かけますが、撮ろうとすると葉の裏に隠れたり飛んだりして、けっこう手こずりますね。まだ気温が低めの時間帯に葉の上に出ている個体を撮ると、いくらか撮りやすいような。
カメムシは「ジンメンカメムシ」なんていう種類もいますが(外国産)、けっこう人面模様の種類がいます。幼虫は逆さにするとネコ顔に見えるものも少なくないみたいです。
No title
こんにちは・・・
飛翔の瞬間の、(変わらぬ)詳細で美しい写真に見入ってしまいました。

こうして観ますと、改めてナガメ、ヒメナガメの持つ模様の(美)を感じます。
記事内の(前胸背板の分割ラインの入り方が似てる)・・・
に興味を抱きました。
日頃、「当たり前の事でしょ!」と想うもの、事を重視するがために、そこに隠されてる重要なメッセージに気付けない場合があるのかも・・・
そこから、「擬態」への模様への不思議の解明に繋げて行かれてる(考察)が、実に面白いです!
「擬態」が「横様形成の秩序(規則性)」による「空似」の延長上でたまたま・・・だとしたら・・・
「擬態」に対する疑問が、又一つ(解明)されたと言えるのではないか!と・・・
心躍る想いで読ませて頂きました・・・☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

ナガメとヒメナガメはパッと見よく似ているし、同じ場所にいることも多いので、模様の違いについて比較したり考えてみたくなる存在(素材?)です。
昆虫の「擬態」は興味深いですし、一方「空似」といえるケースも少なからず……模様形成に規則性があると考えれば、違うグループの中から同じようなデザインが出現する可能性も(ランダムにデザインされる確率より)ありがちなのでないかと。そして「空似」の中から、たまたま生存に有利なものが「擬態」を獲得したと解釈すると納得できそうな気がしています。
No title
星谷様へ

コメントありがとうございました。

シタベニハゴロモは小松空港の公園にいました。
ベンチに座ろうとすると、そこに飛行機を見ている昆虫が居たので、
写真を撮ってみました。
次回は、成虫を狙ってみます。
No title
> 凛くんさん

シタベニハゴロモ幼虫は色鮮やかで、知らずに見たらビックリしますね。
成虫もちょっとフシギなデザインの虫ですね。

管理者のみに表示

トラックバック