FC2ブログ

《顔がある》虫たち:スジベニコケガ他

武人埴輪(はにわ)ちっくな?スジベニコケガ



「顔がある」──ふと懐かしのCM、サントリー・オールドのナレーションwith音楽が脳裏によみがえる。


スジベニコケガは時々見かけるキレイな蛾だが、その胸の背面に武人のはにわ、もしくは耳当て帽子をかぶった男のような「顔がある」ことに最近気がついた。
前の記事ではクリープのCM(のもじり)が脳内再生されたことを記したが、テレビを離脱してから昔みたテレビCMがしばしば脳内再生されがちな気がする……。




──てな、ぐあい。「インド人もビックリ」はカレーのCMで、《カレーの本場、インドの人が食べてビックリするほどのおいしさ》を表現したもの。当時このCMがウケ、驚いた時によくこのフレーズを口にしていた。今ふり返ると「お前はいつからインド人になったんだ!」と突っ込みたくなってしまうセリフだということで……。
ちなみに画像の助演は前記事最後に紹介したアカスジキンカメムシの新成虫↓。


横シマなオオホシカメムシと腹黒いヒメホシカメムシ



「顔がある」つながりで少し前に見たオオホシカメムシ。頭を下にすると背中の模様が「つぶらな瞳&厚い唇の顔」に見える。これによく似たヒメホシカメムシというのがいて、初めは見分けがつかなかった。しかし腹面で区別できると虫屋さんから教わって、腹を見てみると──、


オオホシカメムシの腹(腹面)は橙色。節の継ぎ目にわずかに黒い横縞がのぞいているものの、腹黒くはない。
これに対して、ヒメホシカメムシ↓。


オオホシカメムシでは橙色だった腹(腹面)が、ヒメホシカメムシでは黒↓。


両種の背中の模様の入り方はよく似ているが、「違い」は腹面。《ヒメホシカメムシは腹黒く、オオホシカメムシは腹黒くはないが、ちょっとヨコシマ》。




「インディアン嘘つかない」というフレーズも昔、流行った。海外テレビドラマ『ローン・レンジャー』の相棒役インディアンの「白人嘘つき。インディアン嘘つかない」というセリフが元のようだが、CMでも「インディアン嘘つかない」は使われていたような気がする。このセリフもマネして「ほんとだって」に続けて使っていた記憶がある。これも今思うと「お前はいつからインディアンになったんだ!」というハナシ。

お地蔵さんがいる…アカシマサシガメがいる



ふたたびサントリー・オールドのCM風に……。


タキシード姿のキョンシーがいる…ラミーカミリがいる



ラミーカミキリが出ていないか近くの発生場所をのぞいてみたが見つからず。ということで、昨年の画像から再掲載。
「顔がある」「虫がいる」──サントリー・オールドCM風に、人面昆虫の空目ネタということで。


スポンサーサイト



コメント

No title
星谷さんの案内なしには、スジベニコケガから、耳当て帽子を被ったおじさんを探し出すのは困難だったかもしれません!
いや~~~確かに!あれは円らな瞳をしたおじ様ですね!
・・・が待てよ!
何処かで観た事があるジブリの「もののけ○」に出て来るダイダ○ボッ○にも似てるような?
こういった方法で、昆虫の名前を憶えて行く方法はアリですね!
ハムシの仲間も名前を迷いますが、カメムシの仲間も酷似した種が多いですね・・・異臭と闘いながらの腹部観察、ですが色彩でハッキリ判明する辺りは有難いですね・・・☆
No title
スジベニコケガの顔の模様はアップしてみると
垂れ目で哀愁たっぷりなオジサンですね。
アカスジキンカメムシさんは縦にしてみると確かに笑った顏。
いい味を出して、「助演賞」ですね。

オオホシカメムシをヒメ...と間違っていたのに気付きました。

懐かしいCMも出てきて。。。
人面虫さんを見つけた時には
今度から、叫びます^^「インド人も・・・」\(^o^)/R
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

スジベニコケガの《顔》──最初気づいた時は、「個体によってそんな風に見えるのかな?」とも思ったのですが、画像を検索してみると、若干個体によって表情は変わるものの、皆それらしく見えるようなのでネタにしてみました。
それまで気がつかなかったのに、一度「見えて」しまうと、次からそう見えてしまう空目おそるべしっ!(笑)

今回投稿した、オオホシカメムシとヒメホシカメムシの腹面が見える横からのショット──画像を見て臭腺開口部が、これらの種では意外にハッキリ見えるのだなぁと気づきました。まるで脚がとれてその痕跡のようにも見えます。次に撮るチャンスがあったら、臭腺開口部にもっと注目してみたいと思っています。
No title
> 名もない小島さん

けっこう「顔がある」虫は多いですね。模様のある虫を見ると、つい「顔」探ししてしまいます。

オオホシカメムシとヒメホシカメムシは、ちょっとまぎらわしい個体にであうことがありますね。腹面をみれば識別できるようですが。

懐かしCMは、どういうわけかテレビを離脱した後に、古いのが脳内再生されがちです。
カメラを向けた虫が、シャッターを切る前に飛び去ったりすると、(西田敏行の「今やろうと思ったのに言うんだものなぁもう」の抑揚で)「いま撮ろうと思ったのに飛ぶんだものなぁもう」と心の中で叫んでいます。
No title
ラミーカミキリと金カメムシは撮った事がありますが、まさかこんな風に観察するとは勉強になりました、というか素晴らしい観察力ですね。ナイス!
No title
> 四季の風さん

「観察」という枠からははみ出ている感じがしないでもありませんが……昆虫そのももの興味というより、見る側の知覚・認知の面白さを知るという点では「空目」もなかなかあなどれないところがあります(笑)。
No title
大分、虫の出現率が高くなってきたので、嬉しい限りです(=^x^=)
No title
> カメレオンーアームスさん

虫の顔ぶれも増えてきましたね。
きのうこの記事を投稿する前にチェックした時は見つからなかったラミーカミキリが、今日はそのポイントで5匹ほど見られました。また今日は今シーズン初のルリカミキリも確認できました。
No title
こんにちは
アカスジキンカメムシ、すごく綺麗に撮れましたね。
スジベニコケガ、まだ出逢ったことがありません。<顔がある>虫、結構いますね。
大好きなラミーカミキリに、今年も出会いました。
No title
> あやこさん

スジベニコケガは出会う時期にはちょくちょく見かける事もあるのですが、「顔がある」ことに気づいて、今回はキアイを入れて撮ってみました。
空目虫をみつけるとテンションが上がりがちです(笑)。
ラミーカミキリは僕も好きな虫です。昨日は見つかりませんでしたが、きょう今シーズン初のラミーカミキリを確認することができました。

管理者のみに表示

トラックバック