FC2ブログ

ヨコヤマトラカミキリの模様



背中(上翅)に目を引く《ハ》の字型の白紋。このトレードマークを《ヨコヤマトラ》と読むことができる──というハナシは【ヨコヤマトラカミキリのエンブレム】で記した。昨今、読みがユニークなキラキラネームなるものが流行っているらしいが、昆虫にもこんな読み方があってもいいのではあるまいか?(個人的な愛称ならぬ愛読み?)──ということで、そのおさらい。


ヨコヤマトラカミキリの模様

ヨコヤマトラカミキリは見つけても、せわしなく動き続けてなかなか撮らせてくれないことが多い。今年も、前回前々回と散々だったので、「撮りやすいところ」に「静止モード」で「新鮮な(模様が明瞭な)個体」がいてはくれないものか……などと、つごうのよいコトを望んでいたのだが……いた!




柵の支柱てっぺんに静かに止まっていたヨコヤマトラカミキリ。上翅の模様もキレイで、うってつけの個体。そっとカメラを近づけても警戒するようすはなく、グルーミングを始めた。




触角もていねいにつくろう↓。


上翅のもようはエンジと白、そしてグラデーションぽい感じもする黒とグレーの部分で構成されている。このグラデーション風のグレー部分は角度によって明るさや領域が変化して見える。上の画像では「狭く見える」グレー部分が下の画像では広く明るく見える。


このグレー部分のグラデーション変化が腹の背面を丸く見せているような気もする。


体全体のバランスからすると後脚が長く感じる。この長い脚を曲げた姿がアリっぽく見える。
グルーミングを終えると歩き出したので、近くの葉の上に移動させる。


すると、葉の上で触角を寝かせて静止モードに。このチャンスにと独特の模様がほどこされた上翅を接写。




えんじ色の部分と白い《ハ》の紋は比較的太い毛でおおわれ、グレーの部分には細い毛が生えているのがわかる。毛の向きの関係で黒い地肌が多く見える角度では黒が濃く、微毛側面が多く見える角度では光が乱反射し、より明るいグレーに見えるのだろう。
上翅を接写していると、ヨコヤマトラカミキリはまた動きだした。


触角が前の方に向くと動きがあわただしくなる。


せわしなく動き回る姿はアリに似ている。周辺でみかけるムネアカオオアリというアリに配色もよく似ており、擬態していると考えると合点がいく。


《ハ》の白紋には上翅を途中で分断したように見せる──《アリの腹(と胸の間)のくびれ》を装う効果があり、黒とグレーのグラデーションには《アリの腹のような丸み》があるかのように誤認させるトリックアートの効果があるのではないか──という気がしないでもない。
このあと、大きさを表す1円硬貨比較画像なども撮っておきたいと思っていたのだが、画像チェックで目を離したスキに見失ってしまった……。しかし今回は予想以上にたくさん撮れたので良しとしよう。
この日は他にカミキリでは、ヨツボシチビヒラタカミキリ・ヒシカミキリ・シラケトラカミキリ・トゲヒゲトラカミキリ・ヒトオビアラゲカミキリ・アトジロサビカミキリ・キマダラミヤマカミキリ・ヒメヒゲナガカミキリ・ヤツメカミキリなどを見かけた。






このキマダラミヤマカミキリ↑も上翅の模様が見る角度によって変化するため、左右非対称に見えがちだったりする。
カミキリ以外では、先日ネタにしたアオマダラタマムシの姿も↓。


これ↑は同じ個体だが、見る角度によって赤みをおびて光る。

スポンサーサイト



コメント

No title
不思議なネーミングですか、星谷さんが発見した?
それにしてもまだ昆虫に余りあってません。さすがですね。ナイス!
No title
> 四季の風さん

ヨコヤマトラカミキリのネーミングは横山桐郎という昆虫学者に由来するものだそうですが、背中の《ハ》の紋を何とか「ヨコヤマトラ」と読ませる事はできないだろうかと考え、こんなひねった解釈をつけてみました。
昆虫はこれから色んな種類が出てくるはずなので楽しみです。

管理者のみに表示

トラックバック