FC2ブログ

ピッカピカのセモンジンガサハムシGX他

きらめく《金のX》セモンジンガサハムシ



個人的には背紋GX(セモンGoldenX)と呼んでいるセモンジンガサハムシ。光を通す《透明な部分》と光を吸収する《黒い部分》、そして光を反射する《金色の部分》を併せ持ったきれいな昆虫で、円形のフォルムもユニークかつ美しい。擬木の上でキラキラ輝く姿を見つけたので撮ってみた。




体長5.5~6.5mmと小さな昆虫だが、黒地に輝く《黄金のX》は目を引く。
ふだんはサクラの葉の裏でみかけることが多いが、その通常の状態では逆光になるため、これほどキラキラ輝いては見えない。越冬明けの個体が陽の当たる暖かい擬木の上に出ていたたのだろう。順光の中でトレードマークのGoldenXがいっそう輝いて見えた。








順光で金色の輝きはきれいに見えたが(画像ではかなり目減りしてしまっており、実際はもっとキラキラ輝いてみえる)、擬木の上ではふちの部分の《透明感》がよくわからない……ということで過去に撮影した、葉の裏にとまっている画像を↓。


ユニークな円形シールドは、その内側に触角や脚を引っ込めて葉に密着すれば、アリなどの敵をシャットアウトできる形なのだろう。防壁効果を高めるためにシールドがはりだしたことで、そのぶん視界は被われることとになるが、透明なことで敵影を察知できるのだろう。


金色の部分は背中中央のX紋、前胸の背面にも一対の紋がある。そして黒い部分を縁取ってもいるのだが、こうした金色部分の輝きは個体によって差があって、薄茶色程度の鈍い色合いのものもいる。手もとにある甲虫図鑑では標本写真のためか金色の輝きが失われ、イチモンジカメノコハムシとまぎらわしい。じっさい、セモンジンガサハムシとイチモンジカメノコハムシを間違えた記事を目にすることもある。
ということで、ワイヤーフェンスにとまっていたイチモンジカメノコハムシとの比較画像を──↓。


イチモンジカメノコハムシは、よくムラサキシキブでみかける。この個体は右の触角が欠けていたが、イチモンジカメノコハムシの触角は先端から中ほどまでが黒っぽい。


一方、セモンジンガサハムシは──↓。




体長もイチモンジカメノコハムシ(7.5~8.5mm)の方がセモンジンガサハムシ(5.5~6.5mm)よりも大きい。


おじゃま虫も増えてきた

ところで……今回、セモンジンガサハムシを撮影していた時は気がつかなかったのだが……その体に小さな虫が乗っている画像がいくつかあった。


春になって擬木の上に色々な虫が見られるようになって来たが……狙いの昆虫を撮ろうとしている時にフレームインしてくるオジャマ虫も増えてきた……。






このところ、蛾やチョウの幼虫などの姿も増えてきた。そんな中、ウコンカギバの幼虫の姿も……ドラゴンっぽい姿は見応えがあるので、これはオジャマ虫ではなく、ありがたい虫↓。




ミヤマシギゾウムシを撮っていたら、フレームインしてきたカメムシ幼虫↓


コブヒゲカスミカメの成虫はこんな姿↓。


擬木の上には、枝から落ちたイモムシ・ケムシなどが登ってくるが、そうした蛾の幼虫などを食うヨツボシヒラタシデムシも出てきた。


ヨツボシヒラタシデムシは、以前「ひげ噛み行動」を観察して個人的に盛り上がった(?)思い出深い昆虫。この虫がそうであるかはどうかは判らないが、交尾の際に♀の保定のために「ひげ噛み行動」を行う昆虫の中には、交尾後に♀の触角を噛み切って他の♂との交尾を妨害する「噛み切り行動」を獲得したものが存在するのではないか──と密かに予想している。


スポンサーサイト



コメント

No title
ジンガサの仲間は標本にすると冴えないですよね。
体内の水分も関係してるのかも。

ヨツボシヒラタは好きです。
が、食べてるものは違うのに、臭いはオオヒラタシデと変わらないってのが許せません(笑)
No title
> ともっくさん

標本にすると色があせてしまう昆虫はけっこういるようですね。チョウなどは写真より標本の方がキレイだと感じるものも多い気がしますが……。
生体の美しさを記録したいとは思うのですが、特に光沢昆虫では難しいですね。

糞虫とシデムシの仲間は一般民間人的にはちょっと触れたくない虫だったのですが、ヨツボシヒラタシデムシは蛾の幼虫を食すと知り、実際に捕食シーンも見て、(安心して?)指に乗せて撮影したこともありました。あれもクサイのですか……用心しなくては。
No title
背紋GX(セモンGoldenX)は、多機能を備えた「小さな宇宙船」みたいですね、知れば知るほど、感心します。
セモンジンガサとイチモンジカメノコの違いは、写真を並べて比べるとよく分かりますね、別個に出会うと素人にはとても判別できませんです。
主役を盛り上げる友情出演の虫さんたち、中でも身のこなしのわるい芋虫さんが、いい味をだしてますね~^^R
No title
> 名もない小島さん

「小さな宇宙船」──まさにそんなイメージがピッタリですね。
セモンジンガサハムシとイチモンジカメノコハムシは図鑑や画像で見るとまぎらわしいことがあるのですが、実際に両方を見れば「ピッカピカ」感に差がある(ことが多い)ので、ずいぶん印象が違って見えるのではないかと思います。

幼虫がわんさか発生するこの時期は、擬木の上もにぎやかになりがちです。
No title
すごいです。金虫だなんて~。笑えるかなこれは。それに研究を深めれば金髪の発祥原因をつきつめるヒントが宿っていそうでは?それにしてもカワユイね。あんがとうでした。
No title
> whi*****さん

金色の虫では、セモンジンガサハムシより大きなジンガサハムシというのがいます。金タイプと黒タイプがいるのですが、ジンガサハムシの金タイプは金色の部分がもっと広くて、これもなかなかキレイですよ↓

●金色に輝くジュエリー昆虫
http://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/9755476.html
No title
こんばんは・・・
喉から手が出そうなほど、「観てみたい!」
そう想える虫のオンパレード、コラボです!!!☆

今年こそは、まだ観ぬ種に出会い、不思議な生態を想い、観察したいのですが・・・
星谷さんの画像で、虫との出会いを脳内シュミレーションさせて頂きます!!!☆・・・
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

セモンジンガサハムシ、実際はもっとキレイなんですが……毎回画像にするとキラギ感がかなり目減りしてしまいガッカリ……次に見たとき、また撮ってしまうということをくり返しているような……。

この虫は活動期にはサクラの葉の裏についているのを目にします。いる木は少ないのですが、一度発生している木をみつけると同じ木で観察ができるので、サクラのそばを通る時は葉の裏をながめるようにしていると出会うチャンスがあるかも……。
No title
擬木の上は大賑わい!菱谷さんは大忙し(:@.@:)と云ったところでしょうか。
No title
> skittoさん

今の時期は活動を始めた昆虫たちが多く、枝や葉から落ちて擬木を這い上がってくる虫も多いので擬木の上は擬木遭難した虫たちが集まりやすいナチュラル・トラップ状態といってもいいかもしれません。
No title
お邪魔しております。
すごい記事(虫)に驚いています。
楽しく仕立てられていて、虫のことはわからないながら興味深く拝読しました。
No title
> こと乃さん

「金のX」や「葉上のドラゴン」もそうですが、空目視線(?)で虫をながめることにも面白味を感じています。
少しでも楽しんでいただけたならば幸いです。
No title
覗きに来て貰いありがとうございます! 昆虫がお好きなようですね~! もし良ければ、また覗きに来て下さいね~!
No title
> nam*****さん

昆虫関連のキーワードで検索した記事をよく閲覧しています。
No title
ずいぶん、出てきてますね~~(*☻-☻*)
No title
> カメレオンーアームスさん

このところ、「今年初」の顔ぶれが続々登場してきています。

管理者のみに表示

トラックバック