FC2ブログ

ヨツボシチビヒラタカミキリの白紋他

ヨツボシチビヒラタカミキリの四つ星模様など…

東京の桜(ソメイヨシノ)開花日からだいたい1週間ほどで出てくる狭山丘陵のヨツボシチビヒラタカミキリ。今年は3月29日に初個体を確認したが、その後はよく目にしている。




陸橋の手すりにとまっていたヨツボシチビヒラタカミキリ。やや大きめの個体で《四つ星》の白紋模様クッキリ出ている。小さな個体では白紋が薄く不明瞭なものもいる。


落ち葉に乗せて撮ろうとしたが、落ち着かず歩き回り続けて指に登ってきた。


指上でも動き回り続けてなかなかうまく撮れないのであきらめ、擬木へ移したところ、ようやく動きを止めたので1円硬貨(直径20mm)と並べて撮影↓。


触角を倒して静止モードに入ったようなので、上翅の《四つ星》の白紋をクローズアップで。




体全体に毛がはえているが、《四つ星》模様の部分では白い微毛が密集しているのがわかる。
擬木にいた別個体↓。




さらに別個体↓。ガードパイプにいたが動き回って撮れないので落ち葉に移すと……。


飛翔したかと思い気や、この時は離陸に失敗。飛翔筋がまだ温まっていなかったのか、故障があったのかはわからないが……翅を畳み直し、このあとも落ち葉の上をずっと歩き回り続けていた(ので、この個体での撮影をあきらめる……)。
この日はトウキョウトラカミキリやヒメクロトラカミキリも見かけたが、撮る前に飛び去られてしまった……。
飛び去る前にかろうじて撮れたのが、ヒトオビアラゲカミキリ↓。




コメツキの飛翔

気温が上がると色々な昆虫が見られるようになってきた。コメツキムシの仲間もちょくちょく目にしているのだが……ちょっと地味系なのが多い気がしてスルーしがち……。しかし、この時期みられるトラフコメツキはキレイなのでひいきしてしまう……。


飛びそうだな……と思ったら──、


やっぱり飛んだ。翅を広げた瞬間↑。
シモフリコメツキの仲間も模様がキレイなのでカメラを向けがちなコメツキムシ↓。


手もとの図鑑では【ヒメシモフリコメツキ】というのに該当しそうだが、よく似た種類がいくつかあるらしい。味のある模様は体表面をおおう微毛の有無によって形成されている。


カメラを近づけると、動き出したシモフリコメツキ(の仲間)↓。


擬木のフチまで移動すると……やっぱり──、



スポンサーサイト



コメント

No title
こんなに小さいカミキリがいるのをはじめて知りました。これから昆虫の季節になります。期待しています。それにしてもよく発見できます。ナイス!
No title
> 四季の風さん

僕も昔は「カミキリ」といえばシロスジカミキリとかゴマダラカミキリなどを思い浮かべて、それを標準サイズと思い込んでいたので、小さなカミキリがたくさんいることを知って驚きました。
カミキリもけっこう色んなのがいて、おもしろいです。
No title
甲虫類のテイクオフのスタイルの時ぐらいしかなかなか見られない内側の翅(後翅?)、
薄い透明な翅をうまく折りたたんでキッチリ畳み込む技には感心します。
コメツキさん達のテイクオフの姿、カッコいいですR
No title
> 名もない小島さん

飛び立つ瞬間の翅を広げた姿は肉眼ではよくわかりませんが、画像に抑えてみると「へぇ~」と思いますね。
今回撮影できたコメツキは2匹とも下翅の先端がまだ伸びきっておらず、「上翅の下に、こういう風に畳まれているのか」と初めて知りました。
それにしてもこんな薄い下翅をよくコントロールして畳んだり羽ばたいたりできるものですね。ホントに感心するばかり。
No title
こんにちは・・・
今回も、極小カミキリの魅力を思う存分味あわせて頂きました!

ヨツボシチビヒラタカミキリの四つ星は、アリへの擬態?に効果的!?・・・などと思いながら拝見させて頂きました。

にしても、これだけの極小カミキリの発見やテイクオフシーンのキャッチなど・・・

星谷さんの観察能力の高さを感じさせられます!
どうやったら、これだけ明確に詳細な飛翔シーンが撮影できるのでしょう?実に素晴らしいですね!!!☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

ヨツボシチビヒラタカミキリは、パッと見も、アリっぽい感じがします。
探す時も、アリの姿を探すような感じですね。

ヨツボシチビヒラタカミキリはカメラを向けがちな割に、なかなか鮮明に撮れない昆虫だったりします。小さいこともありますが……体の表面が細かい毛でピントが合いにくいとか、黒いので背景に誘導されてしまうとか……あるんでしょうかね? イマイチ感のある画像になりがちなので「もう少しキレイに撮れないものか……」とまたカメラを向けてしまうことにもなっているのですが。

飛翔シーンはタッチの差で撮り逃すことも多いです。デジカメのモニター映像って、若干遅れて映っていたりするのか……単にシャッターを押してからのタイムラグのせいなのか……一瞬で飛び立つ虫は「撮れた!?」と思ってもフレームアウトしていることが多い気が……。
上翅を開いて一瞬後に後翅が開くような昆虫はキアイを入れれば、なんとかなることもあって、今回のコメツキは、なんとかなった例でした。
甲虫類のテイクオフ姿は、なかなか見応えがありますね。
No title
春日部は寄生蜂や蠅、ウンカにキジラミそして油虫ばかり(笑)甲虫類が少ないのか見つけられない(方かも)のか・・・(~_~)コメツキ2種のテイクオフ、ライト兄弟の飛行機スタイルを見事にキャッチ、ナイスです!
No title
> skittoさん

甲虫類もこれから増えてくるんじゃないでしょうか。花に来るもの、枯れ枝にくるもの──見る場所によって、虫の顔ぶれも違ってきますね。
昆虫のテイクオフ・シーンでは、虫が消えたスッカラカンの擬木を何度となく撮っています……。

管理者のみに表示

トラックバック