FC2ブログ

腹黒いヒロバフユエダシャク

【卒】ではなく【六】!?腹黒い?ヒロバフユエダシャク♀



ヒロバフユエダシャク♀の姿が僕にはどうも【卒】の字っぽく見えてしまう(*)。なのでサクラの木があると、ついその幹に【卒】の字を探してしまいがちだ。先日も桜並木を通ったとき、【卒】サーチモードで眺めていたのだが……古木のわきを2~3歩通過したところで「あれっ!?」と足を止めた。
【卒】ではなかった……が、【卒】の字の下の【十】をとったような形があったような……気になって引き返してみると幹の上に【六】の文字が──!?


よく見ると腹の黒いヒロバフユエダシャク♀だった。黒っぽい腹が沈みこみ、明るい色の頭や胸、翅が浮き上がって【六】の文字に見える。


1月にやはり、こんな感じの腹が黒いイチモジフユナミシャク♀を見ている(【一部黒化?イチモジフユナミシャク♀他】)。腹部限定の部分的な黒化なのだろうか。


ヒロバフユエダシャクはフユシャク(冬尺蛾)なので♀は翅が退化して飛ぶことができない。ヒロバフユエダシャク♀は前翅より後翅が大きいのが特徴だが、それがハッキリ判るように──まるで展翅したかのようにきれいに翅を広げてとまる姿が凛々しい。


これに対しヒロバフユエダシャクの♂は飛翔能力をもつ普通の蛾。とまるときは後翅は前翅の下に隠れていることが多い。


頭隠して尻隠さず…なシロトゲエダシャク♀



ヒロバフユエダシャクと同じエダシャク亜科のフユシャク・シロフフユエダシャク↑。このように、ちょっとした凹みに入り込んだり、段差に頭を突っ込むようにしたフユシャクはちょくちょく見かける。
擬木の隙間に頭を隠して尻(腹)をのぞかせていたシロトゲエダシャク♀↓。


ちょっと失礼して隙間から出てきていただいた。


シロトゲエダシャクもエダシャク亜科のフユシャクだが、ヒロバフユエダシャク♀と比べると、ずいぶんと翅が小さい。


この小さな翅が僕には(イヌの)垂れ耳っぽく見える。ヒロバフユエダシャク♀は【卒】の字に見えるが……シロトゲエダシャクはこんな感じ↓。


この画像↑は昨シーズン作っていたもの。キアイを入れれば見えてくる空目ネタということで。
そのシロトゲエダシャクの♂は、こんな姿↓。


3月の最初に見たのは、こんなフユシャクたちだった。


スポンサーサイト



コメント

No title
こんばんは・・・
空目で、虫を見詰めるのは、その種の名前を脳に焼き付ける意味でも効果的なのではないでしょうか!☆

この時期の卒業を祝う「ヒロバフユエダシャク」
六回くらいは、卒業式に出る機会があるかな?(ないか?)の「ヒロバフユエダシャク」とか・・・
背中に犬を背負った「シロトゲエダシャク」とか・・・

頭の中に、その模様が表れて・・・
こういった種名の覚え方もいいかもしれませんね!!!
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

空目とニックネームは、その虫を印象づけますね。物覚えが悪い僕は標準和名がなかなか覚えられなかったりするのですが、ひそかに(?)「こころの愛称」をつけると、そっちの方は覚えています(笑)。

3月に入って春の花や虫たちが目につくようになってくると、フユシャクが見られる時期も残り少なくなってきた感じがして「今のうちに見ておかねば」感が増す今日この頃です(笑)。
No title
これを見てストックの写真を見たら、逆にお腹の白っぽい方が少なかった感じですね。

ここまで黒いのもいませんでしたが(^^;)
No title
> ともっくさん

そういえば、今年は腹が白っぽいヒロバフユシャクは少なかったですね。腹が凹んだ個体(投稿していない)でやや白っぽいのがいましたが。
フユシャクは(も)、♂♀ともに個体変異が大きいのがいますね。
最近は早春の虫を見かけるようになり、フユシャクを見るチャンスがあとどれくらい残されているのだろうか……なんて感じています。

管理者のみに表示

トラックバック