FC2ブログ

シロフフユエダシャク・ペア他

1月18日に降った雪は月末の雨でだいぶ融け市街地からはほとんど消えたが、狭山丘陵ではまだ残っているところがある。陽当たり等の関係で気温が上がりにくいから雪融けが進まないのだろうが、雪が残っていることで気温が上がらない感じもする。
そんな状況で昆虫は少なめだが、さすがに冬に活動するフユシャク(冬尺蛾)の仲間は健在。

シロフフユエダシャク・ペア&♀のキレイな個体



2月に入ってシロフフユエダシャクが少しずつふえてきた。♀の翅は退化して小さく、模様まではよくわからないが……腹も鱗粉に覆われていて、その色合いや模様は個体によってかなり差がある。別個体↓。


上の個体をアップで↓。腹の色合いや模様が地味目の♀。


木製の手すりの上にはシロフフユエダシャクのペアがいた↓。


オスには飛翔できる翅があって見た目は普通の蛾。見つけた時、♂の後翅は前翅におおわれて見えていなかったのだが、近づくと羽ばたいて、こんな状態に。


この直後、♂は再び羽ばたきだし、交尾を解消して飛び去ってしまった。残されたメスは腹の模様がクッキリでているキレイな個体だった。




シロフフユエダシャク♀は腹の模様の変異が大きく、翅の開き方も均一ではないので、個体によってずいぶん印象が異なる。

クロテンフユシャク・ウスバフユシャクのペア



クロテンフユシャク♂のかげに擬木の隙間に頭をかくしている♀の姿が。別角度で↓。


別のクロテンフユシャク・ペア↓。


サクラ並木沿いのフェンスではウスバフユシャクのペアが──。




フユシャク亜科の♀は鳥フン擬態!?



2月に入ってもまだ雪が残る狭山丘陵の擬木にいたフユシャク亜科のフユシャク♀。単独でいると(僕には)種類がよく判らない。擬木では産卵後の♀や卵塊も見られる。




これ↓は欄干にとまっていた産卵前のフユシャク♀。


産がつまった腹は太めで、こうしたところに止まっていると目立つ。同じく産卵前のフユシャク♀↓。


この時期、虫見コースでは野鳥もよく見かける。これだけ目立つと鳥たちに見つかって食われたりしないのだろうかと心配になる。実際にはそれなりに(?)食われていて、たまたま「まだ食われていない」ものが目についているだけなのかもしれないが……もしかするとコレ↓と誤認されてスルーされていたりして?


なんてことも想像しないではない。鳥糞に擬態したと思われる昆虫は少なからず存在する。
「目立つところ(人工物など)にとまっていると、(ヒトには)鳥の糞に見える(ことがある)」ということに実際に擬態効果(鳥等の天敵をだまし生存率を高めるほどの効果)があるのかどうかは判らないが……ひそかに、こんな鳥糞を僕は「なんちゃってフユシャク♀」と呼んでいる。

2月に入ってから見かけた他の昆虫から



この時期に目にする昆虫の中では大きめのクビキリギス。昆虫が少ない時期なのでカメラを向けたくなる被写体も少なめ。







スポンサーサイト



コメント

No title
わたしもこの時期にでもいるかと探してますが見つかりませんね。すごい観察力です。慣れているんでしょうね。ナイス!です。
No title
こんばんは・・・
ウシカメムシ!・・・カッコいいですね~~~
私は、美しいカメムシにも憧れはありますが、周りに同化してるカメムシやウシカメムシの様なカッコいいカメムシに、より興味があります。

シロフフユエダシャクの♀の腹部の模様に、これだけの個体差があると、それでなくともフユシャク蛾との出会いの経験が少ない私は、判別に迷うどころか、お手上げ状態です。
更に、鳥の糞にまで似てて・・・
こうなりますと私には、フユシャク蛾を見付けるのは至難の業と成ります。
・・・「なんちゃってフユシャク♀」と呼んでもらえる(鳥の糞)は、幸せ物だと想います・・・「そう呼ばれてる事に、気付いてるかどうかは別にしましても・・・」☆
No title
> 四季の風さん

発生時期と発生場所が分かってくると、見つけやすくなると思うのですが。
やはり人工物にとまっている個体が見つけやすいですね。何度か見ていると目が(脳が?)なれて発見率も高まる気がします。
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

ウシカメムシはカッコ良いですよね。造型も素晴らしいし、模様もよく見るとなかなか味わいがあって好きな虫のひとつです。

シロフフユエダシャクの♀は腹の模様が個体によってずいぶん違うし、翅の状態もけっこうバラバラだったりするので、初めは別の種類なのかと思ったりしました。翅がキレイに開いている♀や模様がクッキリ出ている♀は「アタリ」感があります(笑)。

管理者のみに表示

トラックバック