FC2ブログ

昆虫記事セレクション

【昆虫など】書庫(カテゴリー)に納めた記事タイトルをまとめた【昆虫など~メニュー《1》~】(タイトルに《1》を追記)頁が字数制限でいっぱいになってしまった。タイトル数はいつの間にか270ほどになっていた。今後の【昆虫など】記事タイトルは【昆虫など~メニュー《2》~】にまとめていく予定(→Yahoo!ブログ終了にともないFC2ブログへ移行したさいに【昆虫など〜メニュー〜】に統合)。

Yahoo!ブログを始めた当初は《個人誌》の延長的な感覚で、「ブログというツールを使って、どんなことができるか?」を模索し、あれこれ投稿していた。このあたりのことは【Yahoo!ブログの可能性】に記している。感じたり考えたりしたことを記録したり、あるいは過去の小品を整理する場として、特にテーマを絞らずに利用してきた。
しかし、気がついてみれば昆虫のネタがやけに多くなっている……。
【昆虫など】のネタが増えたのは、「何かおもしろいものはないか?」と身のまわりをながめたとき、素材として「昆虫」が目につきやすいからだ。
僕は生物の知識も少ないし、昆虫に詳しいわけでもないのだが……昆虫という小さな存在・そして昆虫を通して垣間見える自然の摂理のようなものに面白味を感じてしまう。
あくまでも素人目線で──学術的な視点というより、個人的な「面白いか否か」という感覚で昆虫を見てきたわけだが、【昆虫など~メニュー《1》~】をふり返ってみて、印象に残っているタイトルを抜粋してみた。

昆虫など~メニュー《1》~・セレクション




カマキリの卵のうと積雪の関係
刺さない蜂!?ライポン
謎の幼虫大群:ケバエ
フユシャクの婚礼ダンス
イッシキキモンカミキリ/成虫飼育覚書
ノコメエダシャクはなぜ傾いでとまるのか?
ニホントビナナフシの雌雄モザイク
黄色いトビナナフシ
ニホントビナナフシ東京でも両性生殖
カブトムシ《ツノのジレンマ》!?
背中に【T】:TokyoToraカミキリ@東京
切られた触角の謎~《ひげ噛み行動》考
托卵の機会をうかがうムツバセイボウ
葉上のドラゴン:ウコンカギバ幼虫
ツノカメムシの異種ペア
ミドリセイボウとルリジガバチ
シャチホコガ幼虫の威嚇ギミック!?
黄金色のコガネムシ
紫のピカチュウ!?ウラギンシジミ幼虫の線香花火
昆虫のギミック&トリック
クロスジフユエダシャクはなぜ隠れて交尾するのか
冬の極小カミキリ登場
マエムキダマシ!?クロスジホソサジヨコバイは誰を騙すのか?
メダカチビカワゴミムシの最後っ屁ほか
可変翼機なオカモトトゲエダシャク
豆粒ほどのお地蔵さん!?アカシマサシガメ
ヨコヤマトラカミキリ@ミズキ
アリを護衛に雇うカイガラムシ
虹色の輝き!アカガネサルハムシ
トラフカミキリの印象擬態
エゴヒゲナガゾウムシ:オスの眼はなぜ離れてる!?
キマダラカメムシの臭腺開口部
セミヤドリガ幼虫
セミヤドリガの羽化/幼虫~繭~成虫
セミヤドリガの繭と蛹
アカスジキンカメムシの羽化
アカスジキンカメムシの抜け殻おとし
宝石の輝き!イラガセイボウ
ミミズクのダンス
ツノなしツノカメムシ!?
枯葉チックなアカエグリバ&冬尺蛾
あわいブルーの冬尺蛾

※Yahoo!ブログ終了にともないFC2ブログへ移行⬇

スポンサーサイト



コメント

No title
こんにちは~
まとめのタイトルの中からさっそくクロスジホソサジヨコバイのところを読ませていただきました。
ほんとに「マエムキダマシ」と呼んだ方がぴったりですね。
昨日ヤツデの葉の裏で見たばかりで、眼の模様で進行方向を騙して逆に進むというあの知恵は。。。
進行方向を予想してカメラを構えた私も確かに騙された1人です^^
付近にはクモぐらいしかいませんでしたし、やはり天敵クモさんから身を守るためでしょうか、気になります。

虫さん達、こうしてメニューにリストアップされていると、調べるのに助かります、たいへん重宝です(=^▽^=)
No title
> 名もない小島さん

マエムキダマシことクロスジホソサジヨコバイはユニークで美しい虫ですね。これで、もう少し大きければもっと人気(注目度)もあったろうに……と思わないでもありません。
本当にこの騙し絵模様は秀逸ですね。
No title
「読んだ!よんだ~!」「見た観た!」と懐かしく思い出すタイトル、お写真が数々あります・・・

私は、虫に関しても、全くのド素人の主婦ですが・・・
特に、星谷さんの虫を観察されながらの(考察)の感性に、驚きと共に感銘を受けてます・・・
加えて絵画、文章にも長けてらっしゃって・・・
更に、運動機能も素晴らしい!

「何か欠点なり、苦手なもの(こと)は、ありませんか?」と、
一ファンとして、訊ねてみたくもなりますが・・・(笑)
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

拙記事を覚えていてくださって、ありがとうございます。
ブログに投稿する記事は、閲覧者に判りやすく──と、同時に僕自身も「後になって読み返せるように」ということを念頭にまとめているつもりですが、僕もつい懐かしく読み返してしまいました(笑)。
昆虫を見て感じる「?」や「!」──それを受けて脳内シミュレーションするのは楽しいですが、僕が面白いと感じたことをやはり面白いと感じてくれる方がいてくれるのは心強いです(笑)。

僕は面白いものを探すのは好きですが……面白いと感じないコトは全て苦手です。

管理者のみに表示

トラックバック