FC2ブログ

一部黒化?イチモジフユナミシャク♀他

腹の背面が黒いイチモジフユナミシャク♀

12月下旬が《旬》だったイチモジフユナミシャク(*)。正月三が日を過ぎると産卵して腹がしぼんだメスが目立つようになってきた。


サクラの幹にとまったイチモジフユナミシャク♀↑──この画面には2匹の♀が写っている(画面左上にも1匹)が、いずれも産卵後の腹のへこんだ個体だった。別のサクラの幹にも↓。


桜並木沿いの石柱でもみられた↓。


やはりサクラに多い↓。




産卵後の個体ばかりとなり、今シーズンのイチモジフユナミシャクも見頃は過ぎてしまったようだが……その終盤に、ちょっと変わったメスをみつけた。


ふつうイチモジフユナミシャク♀の背中(腹の背面)は白っぽく見えるのだが、この個体は黒っぽく、目に止まった瞬間、ずいぶん違った印象を受けた。イチモジフユナミシャク♀には黒化型があるらしいが……完全な黒化型ではなく、前胸と前翅は通常タイプと同じあわい青~緑色をしている。背面が黒化している腹も、側面には通常タイプの白い部分が残されていて、ちょっとおもしろいカラーリングになっていた。




イチモジフユナミシャク♀通常タイプとの比較↓。


そして一見、同じ種類にとても見えないイチモジフユナミシャク♂↓。


フユシャク(冬尺蛾)ではオスとメスで姿がずいぶん違っており、メスは翅が退化して飛ぶことができない。♀翅の退化の度合いは種類によって違いがあるが、このユニークな特徴が顕著な♀にカメラを向けがちになる。
擬木の上にいたフユシャク亜科のフユシャク♀↓。翅はすっかり退化している。


冬にだけ成虫が出現するというのもフユシャクの特徴だが、外温性(変温動物)の昆虫が、なぜ活動に不向きと思える寒い時期に出現するのか──この昆虫の存在を知った時は意外に感じ驚いた。思いつくのは《「天敵が少ない時期」を狙っての生存戦略》だろうということだ。天敵の昆虫やクモなどが活動していない時期に繁殖活動にいそしむというというのは意外ながら説得力がある。
寒い冬に卵のつまった腹をかかえた身重のメスが飛ぶのは大変だから飛ぶのをやめた──天敵が少なければ「飛んで逃げる」必要もない。オスも飛ぶのをやめてしまったら婚姻(繁殖)活動に支障をきたすので、身軽なオスの飛翔能力は残した──そういうことだろうと解釈した。
しかし、フユシャクの多くが夜行性であること(天敵がいなければ昼に活動する種類がもっと多くて良いはず)、昼行性のフユシャクであるクロスジフユエダシャクが隠れて交尾すること(天敵がいなければ、隠れる必要は無い/*)などから、冬にもそれなりに天敵はいるのだろうと考えるようになった。
天敵側からすれば、競争相手が少ない冬に活動している動きが鈍い獲物がいれば、ハンティングは楽なはずで、冬に適応しようとする種類が現れても不思議ではない──いて当然だろう。
そして実際、こうした光景は毎冬みかける↓。


1月の色鮮やかなカメムシ



クヌギカメムシ類はよくみかけるカメムシだが、出現当初の成虫は緑色をしている。それが晩秋になると色褪せていくのだが……キレイなオレンジ色に変身した個体がいたので撮ってみた。晩秋の体色の変化は、夏に緑だった葉が紅葉(黄葉)・落葉で変化することに合わせた擬態的意味合いもあるのだろうか?
一方、この時期になっても瑞々しい緑色をキープしているカメムシもいる。元日の記事でネタにしたモンキツノカメムシ↓。


「緑色のカメムシは紅葉の時期同じように赤くなります」などと断定している人もいるが、それはウソ。ツヤアオカメムシなども鮮やかな緑色のままだ↓。




スポンサーサイト



コメント

No title
こんばんは・・・
イチモジフユナミシャクの♀はもちろんの事、一部黒化したものを目にしたことがありませんので、私が観ても、イチモジフユナミシャクと判断できるかどうか?・・・自信がありません・・・
こうして、貴重な例を拝見でき、イイ機会を与えて頂いてると想います!!!・・・

むしろ枯葉が落ちて、幹・枝が天敵の一種である鳥には見え見えになるのでは?と思う時があります。
それでも、冬を選んだフユシャク蛾の生態には興味が尽きませんね・・・
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

>むしろ枯葉が落ちて、幹・枝が天敵の一種である鳥には見え見えになるのでは?

なるほど! その視点には気がつきませんでした。
イチモジフユナミシャク♀は桜の幹でよく見かけるのですが、(通常タイプが)桜の幹によく見られる地衣類と紛らわしい色合いをしているのは、葉が落ちて丸見え状態の中で獲得した擬態なのかも知れない……とあらためて思いました。

また既に時期を終えたクロスジフユエダシャク♀が、通常落ち葉の下に隠れているというのも、葉が落ちて見通しが良くなったからだと考えると合点がいきますね。

環境の変化とそれに対応した生態の昆虫──考えると本当に興味はつきませんね。

管理者のみに表示

トラックバック