FC2ブログ

王様VS殿様!?空目対決

王様顔VS殿様顔!?人面空目対決



「みどり色に染めた髪に黒い王冠をかぶったヒゲの王様」と「つぶらな眼に太いヒゲをたくわえた殿様」──どちらが、それっぽく見えるであろうか?
最近撮った虫の中からの空目ネタで。
ついでにダークヒーローも加えての3つの人面。&その正体。




キング・オブ・人面蜘蛛!?ビジョオニグモ♀



今シーズンも出会ったビジョオニグモ。腹が「黒い王冠をかぶったヒゲの王様」に見えてしかたがない──ということで、これまで何度も記事にしているのに、見かけるとやはり撮ってしまう。人面にみえるクモでは、ハナグモも(模様に)色々表情があっておもしろいし、他にも色々いそうだが、やはり「人面グモ」といえばビジョオニグモがふさわしいように思う。


日向にでていたが、コントラストがきついので、影にして(影を消して)撮って見たもの↓。




オッサン顔に見えるが、これはメス。オスは頭胸部に比べ腹の割合がメスよりもだいぶ小さくなる(*)。出現時期は8月~11月らしいが、擬木でみかけるのは晩秋~初冬が多いように思う。本来は枝間に巣を張り、その近くに隠れているらしい。
昨年は11月に【*ヒゲづらの王様!?人面蜘蛛】でネタにしており、その時の画像から↓。


かくれ殿様顔?チャバネフユエダシャク♀





「殿様顔」を隠し持っているのは、前記事でも紹介したチャバネフユエダシャクの♀。ビジョオニグモ♀の「人面」は多くの人が気づくと思われるのに対し、チャバネフユエダシャク♀の「人面」は、ちょっと気づきにくい気がする。ホルスタイン模様(ダルメシアン模様?)の一部なので、そこだけを切り離して見ないと「殿様顔」は浮かんでこない。

微笑むチーター?クロオビフユナミシャク♀







チャバネフユエダシャク♀は翅がすっかり消失しているのに対し、退化した翅がフユシャクの中では大きめなクロオビフユナミシャク♀。これも前回の記事で紹介しているが、翅の模様が不明瞭な個体だった。クロオビフユナミシャク♀らしい模様が明瞭な個体を改めて。
この模様が、「人面」ならぬ「動物面」──微笑むチーターの顔に見えてしまうのは僕だけであろうか?




眠れるゴリラか雪男か?フユシャク♀



フユシャク亜科の♀は似ているものが多くて判別が難しい。とりあえず、フユシャク亜科のフユシャク♀。これも、よ~く見ると「目をとじ、口元に笑みを浮かべたゴリラもしくは雪男」に見えたりする。


陸のクリオネ!?イチモジフナミシャク♀





今シーズンでは初めての紹介となるイチモジフナミシャク♀。これもフユシャクの1つで、メスは退化した小さな翅をもつ。そのあたりがクリオネっぽく見えてしまうのはぼくだけであろうか?



スポンサーサイト



コメント

No title
・・・成る程~~~です!

「空目で虫探し、虫覚え!!」
だと、非常に楽しく拝見させて頂きました!
ビジョオニグモにしても・・・
クロオビフユナミシャク♀にしても・・・
私は、まだ出会った事がありませんけれど・・・

見付けるポイント!や、気付ける感性に非常に効果的なのでは?と想いました・・・
こういった感性で生物を見詰めるのは、接し触れ合う面で、非常に有効的だと想います・・・☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

またビジョオニグモを撮ってしまったので……空目くくりで最近撮った虫たちと並べてみました。
「○○に見える」といっても「擬態」のような生物学的な意味を持つわけでもない空目……むしろ、ジョークに近い切り口ですが、これも「意外な発見」的なおもしろみのひとつということで。

擬木にとまっている虫をみつけると、(人工物とはいえ)どういう位置にどんな姿勢でとまっているのか──は生態に関する情報として、できるだけ自然な姿を記録しておきたいと思っていたりもします。

管理者のみに表示

トラックバック