FC2ブログ

セミとタマムシ

「岩にしみ入る蝉の声」の主は?

夏空にニイニイゼミ・アブラゼミ・ミンミンゼミ・ツクツクボウシなどの鳴き声か響きわたって、このところ「真夏感」満載である。
夏の暑さとセミの鳴き声は経験的にリンクしているので、セミの鳴き声を聞いただけで条件反射で汗がふきだしそうだ。
セミの声があると無いとでは「かき氷」の売れ行きにだって差がでるのではあるまいか?──そう思ってしまうほどセミの鳴き声の印象は強い。

「セミの声」といえば思い浮かぶのが──、
《閑(しずか)さや 岩にしみ入る 蝉の声》という松尾芭蕉の句。元禄2年5月27日(1689年7月13日)に出羽国(現在の山形市)の立石寺に参詣した際に詠んだものだそうだ。
「しみいる」という表現が印象に残っていたので、前の記事(髪はなぜ伸び続けるのか?)ではこの句をもじったものを載せてみたのだが……問題の芭蕉の句では、詠まれているセミの種類をめぐって論争があったそうだ。
《岩にしみ入る蝉の声》の主はアブラゼミだと断定する説が発表され、これに対し「閑さ、岩にしみ入るという語はアブラゼミに合わない」、「その時期(7月上旬)アブラゼミはまだ鳴いていない」などの理由でニイニイゼミ説が浮上。文学論争に発展したらしい。


最終的には実地調査などを経て「ニイニイゼミ」で決着したという。
僕も「岩にしみ入る」というのはニイニイゼミの鳴き声がふさわしい気がする。アブラゼミではしっくりこない。
有名な作品に登場する昆虫の正体については、多くの人が関心を向けうるテーマだろう。アブラゼミだと断定する意見に対し、違和感を持つ人たちがきちんと反論し、調べ・検証して妥当な結論に到達したというのはあっぱれな気がする。

ヤマトタマムシのゴーヂャスな輝き

ところで、ヤマトタマムシも夏の印象が強い昆虫だ。
焼け付くような暑さの中を、もうろうとしながら歩いている時にこのきらびやかな昆虫に出会うと、幻想的とさえ感じることがある。
国宝「玉虫厨子」の装飾に使われたことでも有名な、宝石級の美麗種だ。










僕はこのタマムシを見ると、童謡『黄金虫(こがねむし)』を連想する。
「こがねむしは金持ちだ。金蔵建てた蔵建てた」という誰でも知っている野口雨情の歌詞──ここでうたわれている「こがねむし」は実は「タマムシ(ヤマトタマムシ)」のことだという説があり、僕もこれを支持しているからだ。
「コガネムシ」をヤマトタマムシのことだと思っている人はけっこういるようだ。雨情の故郷・茨城県磯原町(現在の北茨城市)に近い筑波山麓や水戸市でも、「タマムシのことをコガネムシと呼んでいた」という記録があるという。「昔は貴重品のように扱われ、財布の中に入れておくとお金が貯まる」とも言われていたそうだ。
国宝「玉虫厨子」にも使われた、きらびやかなタマムシが『黄金虫』のモデルならば「金持ち」のイメージにふさわしいし、合点がいく。
さらに僕は、野口雨情が《「玉虫厨子」をモチーフに、これを「こがねむし(タマムシ)の金蔵」に見たてる》という着想を得て、この童謡を書いたのではないかと想像している。

ところが世間ではこの童謡に登場する「こがねむし」を「チャバネゴキブリ」だと断定する説が浸透している。発端は「群馬県高崎地方ではチャバネゴキブリをコガネムシとよぶ」という情報と、昔はコギブリがいつくのは金持ちの(食べ物が豊富な)家だったというような話から、「同じ北関東出身」の雨情も「チャバネゴキブリ」をコガネムシと呼び、豊かさの象徴としてあの童謡を書いたのだろう──という憶測記事にあったらしい。
「チャバネゴキブリをコガネムシとよぶ群馬県高崎地方」と「野口雨情の故郷・茨城県磯原町」を「同じ北関東」という強引なくくりで結びつけたのがゴキブリ説だったわけだが、「野口雨情の故郷《北関東》ではチャバネゴキブリをコガネムシと呼んでいた」という拡大解釈が、さらに「《野口雨情の故郷では》」→「野口雨情の故郷《茨城県では》」と変遷してきたのではないかと思われる情報もある。
先日、コンビニで購入した『少しかしこくなれる昆虫の話』(矢島稔・監修/笠倉出版社・刊)という昆虫うんちく話集にも【「コガネムシは金持ちだ」、実はゴキブリ?】と「?」マーク付きではあるがゴキブリ説が紹介されており、「野口雨情の故郷・茨城では、コガネムシとはゴキブリのこと」と記されていた。本当にそうした事実はあるのだろうか?

多くの人が馴染み親しんだ童謡『黄金虫(こがねむし)』だっただけに、ゴキブリ説はイメージのギャップが大きく、インパクトが大きかった……それだけに、この情報の伝播力も大きかった事は想像できる。ネット上ではもちろん、新聞・雑誌・書籍など様々なメディアでゴキブリ説は紹介され拡散した。

有名な作品に登場する昆虫の正体について、諸説でてくるのはわからないではない……しかし、僕が首を傾げたくなるのは、「いや、それは違うだろう。ゴキブリは、あの童謡のイメージにそぐわない」という声が、音楽や童謡にたずさわる人たちの間から、なぜでてこなかったのだろう?──という点だ。

《閑(しずか)さや 岩にしみ入る 蝉の声》という松尾芭蕉の句で、アブラゼミ説がでたときに、「それは作品の雰囲気にそぐわない」と文学論争がおこったように、音楽論争(?)があってしかるべきではなかったか──という気がしないでもない。
実際に音楽家の間から異論が出ていなかったのかどうかは僕は知らない。ただ、童謡集の著者・音楽関係者が、野口雨情の『黄金虫(こがねむし)』を「じつはゴキブリのことなのだ」と何の疑いもなく紹介している本はいくつか見た。
音楽や童謡を愛する者なら、「それは違うだろう!」という声を上げる者がもっといても良さそうな気がするのだが……「蝉の声論争」に比べると、ちょっと関係者の見識に疑問を感じないでもない。


スポンサーサイト



コメント

No title
おはようございます。
確かにアブラゼミとニイニイゼミだったらニイニイゼミでしょうね。
しかし、私は個人的にですが、あの俳句のイメージにはヒグラシが似合っていると思います。

私は埼玉県北部の出身で群馬県までは車で1時間もかかりませんがタマムシ=チャバネゴキブリ説は同意しかねますね。
近頃は誤報でもネットで取り上げられると如何にも真実の様になるのは困り物ですね(^_^;)
No title
> キヨカズさん

「閑(しずか)さ」や「寺」などから思い浮かぶイメージだと、ヒグラシも似合っているかもしれませんね。
僕は「しみいる」という言葉から、耳鳴りのように脳みそにしみ込んでくるような(?)、ニイニイゼミの鳴き声をイメージしていました。

コガネムシ=ゴキブリ説は、ヒドイ気がしますね。イメージのギャップが大きいだけに話題にもなりやすかったのでしょうが、「イメード違うだろ」と異を唱える音楽関係者の声が聞こえてこないのが不思議です。
普通に考えて、あの童謡にゴキブリは、どう考えても合わないと思うのですが、それをゴキブリ説を疑いもなく信じて拡散させる音楽関係者ばかり(?)なのが腑に落ちません。
No title
おはようございます。
難しい話は分かりませんが!
金属光沢のヤマトタマムシは綺麗ですね☆彡
一度で良いので出会ってみたいです
No title
> kaneo93さん

ヤマトタマムシの美しさは驚きのレベルですね。
実際の輝きが画像では再現できないのが残念なところです。
発生している場所ではよく見られる虫なのですが……あまり見たことがないという人も多いですね。
よく、伐採した木を積んであるようなところで、産卵に来ているタマムシを見かけます。
No title
こんにちは・・・
・・・唱・詩・童謡に出て来る虫の名前を想像する・・・
この発想が、愉しいですね!!!☆

心にしみ入る唱や詩・・・童謡は許されて・・・
(文学的な表現は許されて・・・)
実物の虫は、気持ち悪がられる昨今・・・
文学と虫との繋がりを深く探って行く・・・
その試みに興味を抱きました!!!・・・

あの時代背景、地理的な背景からして・・・
しみ入るは、ニイニイゼミが妥当なのでは?と想います・・・
(しみ入る)の言葉だけですと、他のセミも考えられますが!
(岩)の言葉を考えますと・・・ニイニイ・・・かな~!?

続く、お金持ちの虫として例えられてる虫は?説・・・
涙・・・「ヤマトタマムシでお願い致します~~~!」・・・
No title
コガネムシ・・・・
玉虫でありますように

ゴキブリではあ今後あの歌を歌えなくなってしまいます
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

虫が出てくる歌や童謡、小説・映画はけっこうありそうですね。
種類が明確に記されていないものは正体を解明したくなる気持ちはわかります。
芭蕉の句の蝉は……やっぱりニイニイゼミが妥当な気がしますね。

雨情の黄金虫は……個人的にはヤマトタマムシだろうと確信しています。

虫がでてくる作品といえば……僕もいくつか書いたことがありました。ブログにアップしたものの中にも、不人気ナンバーワン昆虫のゴキブリを扱ったものがありました↓。
『団地さいごの日!?』http://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/29492727.html
No title
> メレンゲさん

あの歌の雰囲気にゴキブリは、いくらなんでも合いませんよね。
どうして音楽関係者から反論がでなかったのか……不思議でなりません。

僕はやっぱりヤマトタマムシだと思っています。
No title
黄金虫も蝉も星谷説に大賛成です(~o~)私はヤマトタマムシを写したいのですが、いまだ出合ったことがありません(T_T)人が捕まえたのを見せて貰ったことはあるのですが・・・、生存中に会えるといいのですが(笑)
No title
> skittoさん

ヤマトタマムシは、いるところでは比較的よく見られる昆虫だと思うのですが。
森の中の伐採した木や薪が積まれているようなところでよく見ます。
光沢昆虫は画像より実物の方がキレイなものですが、特にヤマトタマムシの輝きは実際に見ると驚きがありますね。
No title
ニイニイゼミ説は、実際に俳句が詠まれた時期に、石山寺に行って検証して、確認したと記録にあったと思います。
今年は野鳥公園に大量発生していて、交尾を二回見ました。
黄金虫は、大和玉虫であって欲しいですよね~(*^◯^*)
しかし、去年、今年と出会えていません…
No title
> カメレオンーアームスさん

岩にしみ入るセミ論争──そんなことがあっというのは比較的最近知りました。
実際にその時期に現地で確かめたりしたそうですが……そもそもなんで「アブラゼミ説」が出てきたのか、ちょっと不思議な気がしています。

童謡『黄金虫』は、どう考えてもチャバネゴキブリでは違和感がありますよねぇ……。
ヤマトタマムシだったとすれば、納得できます。

東京では5日連続の猛暑日となり、これは約140年の間で初めてだとか……このところやたら暑く、みかける虫も少なめですが、セミとタマムシは元気なようです。

管理者のみに表示

トラックバック