FC2ブログ

金ピカ昆虫&虹色ハムシふたたび

2つ前の記事でジンガサハムシやアカガネサルハムシなどのメタリックな輝きを放つ昆虫を紹介したが、実物の金ピカ感・美しさがいまひとつ写せていなかった……。「実物そのものの美しさを再現するのは無理にしても、もう少しなんとかならなかったものか」──金属光沢をもつ虫を撮ると、いつもそんな思いが残る。それで、また見つけると撮ってしまう。ということで──、

金ピカ葉虫:ジンガサハムシ&背紋GX:セモンジンガサハムシ



前回より金ピカ度の高いジンガサハムシをみつけたので撮ってみた。ゴールドの輝きが美しい(やはり実物の金ピカ感には及ばないのだが……)。この画像↑は金タイプ。ジンガサハムシには金タイプと黒タイプがいる↓。




黒タイプも前胸に金色の部分があり、これが上翅の黒い部分との対比でキリッとしまった感じになって、金タイプとはまた違った美しさがある。


ジンガサハムシの魅力は「金ピカ」だけでなく「ガラスのような透明感」にもある。葉の裏にとまっているところを葉の裏側から見ると、その「透明感」がよくわかる。


逆光ぎみで撮ると「透明感」はきれいに写るが、「金ピカ感」がわからない。光があたったときのきらめきを撮るには順光あるいは斜光でないと……とジンガサハムシがとまった葉を裏返してみたりするのだが……。






ジンガサハムシの食草はヒルガオ。葉の裏にかくれていることが多いが、食痕(葉にあいた丸い穴)を手がかりに、周辺の葉の裏側をチェックすると見つけやすい。

そして、このあたりで見られる、ジンガサハムシの名前がついた、もう1つの金ピカハムシもさがしてみた。




背紋GX(ゴールデンX)は僕が勝手につけた愛称──のセモンジンガサハムシ。ジンガサハムシが体長7~9mmなのに対し、セモンジンガサハムシは体長5.5~6.5mmと小さく、金色部分の割合も少ないのだが、「黒地に金」の光があたたったときの輝きは美しい。


「陣笠(じんがさ)」に見えなくもない↑。透明なシールドとゴールドの輝きもジンガサハムシと共通する。そのセモンジンガサハムシのペア↓。







ジンガサハムシもセモンジンガサハムシもゴールドの輝きが美しい。しかし、この「金ピカ」には何か意味があるのだろうか? 普段は葉の裏に隠れているのだから、金ピカである必要はないような気もする。明るい所に出たときに輝くことで鳥などの捕食者をよせつけない効果でもあるのだろうか?(田んぼで鳥除けのキラキラ・テープを見かけるが、あれと同じ?) もし金ピカの方が捕食圧が少なくなるという効果があるのなら、ジンガサハムシは金タイプだけが残りそうなものだが……黒タイプもちゃんと存在しているのだから、どちらが有利ということでもないのかもしれない。謎めいた輝き……と言えなくもない。
「金ピカ」である理由(意味)はわからないが、「透明」な部分を備えていることについては理由が想像できる。円形のユニークなドーム型(陣笠型)の形状は葉に張りついたときに隙間をなくし、アリなどの天敵をシャットアウトするシールドの役割りをしているのだろう。外敵が迫り、触角や脚を収納してシールド・モードになったとき、シールドが透明でなければ外のようす(外敵が去ったか、そこにとどまっているのか)が判らない。外のようすをうかがうために触角をのぞかせたり、シールドを上げると、待ち受けていた天敵に触角を齧られたり隙間をこじ開けられるなどということにもなりかねないだろう。シールドに透明な部分があることで、防御体勢を維持したまま外のようすをうかがうことができる──そんな意味(利点)があるのだろうと僕は考えている。

虹色の輝き:アカガネサルハムシ



ジンガサハムシの発生場所近くでアカガネサルハムシも見つけたので、これもリベンジ撮影。ヤマトタマムシのような虹色の金属光沢が美しい。


上翅は赤っぽいのだが、光の加減で金~緑~青~紫のようにも輝いて見える。

アカスジキンカメムシ



和名に「金」の入ったアカスジキンカメムシもついでに(前の記事でも紹介しているが)。これもキレイな昆虫。別個体↓。




最近のカミキリから

今回ジンガサハムシを撮影した場所の道を隔てた向かい側にスイカズラが咲いていた。見ると葉には独特の食痕が残されている。




ということで、シラハタリンゴカミキリをここでも確認。3つ前の記事とは別の場所。
GW以降、色々なカミキリが出てきているが……僕が好きなニイジマチビカミキリもでていた。


ニイジマチビカミキリは体長3.5~5mmの小さなカミキリだが模様がキレイなのでお気に入り。去年は何度も撮ってしまった→【極小カミキリ/ニイジマチビカミキリとケシカミキリ】。この記事に一緒に紹介していたケシカミキリも同じ枝(クワの枯れた枝)にいた↓。




ニイジマチビカミキリも小さなカミキリだが、ケシカミキリはさらに小さく体長2.3~4.2mm。見つけた時は上の画像のように触角をたたんで枯れ枝に静止していた。老眼が進み(凹むこと多し)、撮影するとき(モニターを見るとき)には老眼鏡をかけているが、虫を探す時は裸眼──枝にとまったケシカミキリをパッと見でみつけることができて、ちょっと自信を回復した……。


スポンサーサイト



コメント

No title
小さカミキリたちも出てきてるのですね!
早いですね。。。
小さカミキリを見つけたときの嬉しさって、なんとも言えませんよね。

ジンガサハムシは顔もかわいいんですよね。
葉裏から覗いてる大きな眼がかわいいです。
今度会ったら顔をちゃんと見たいなーと思っています。
透明シールドの役割、なるほど~です。
金色って意外と虫から見ると目立たないかも、とか。。。
No title
> noriさん

子どもの頃、カミキリと言えばシロスジカミキリとかゴマダラカミキリなどのことで、それがスタンダードのサイズだとず~っと思ってました。なので極小カミキリの存在を知ったときはビックリ! 「こんなに小さいのに、ちゃんとカミキリしてる!」と、ちょっとした感動がありました(笑)。
そういった意味でも極小カミキリには独特の思いがあります。
あとは、やはり老眼が進んで昔は見えていたものが見えなくなってガッカリすることが多い中、「こいつ(極小カミキリ)を見つけられたのだから、まだまだいける!」と思える喜びでせうか(笑)。

ジンガサハムシは顔や姿勢・しぐさも可愛いですね。なかなか思うように撮らせてくれないのが難ですが……「恥ずかしがりやさんなんだから、もう」で済ましてもらえる、お得なキャラクターだったりして?
No title
こんばんは。
・・・お写真が素晴らしいですね~!!!☆・・・

こうして拝見させて頂いてますと!
もし、ジンガサハムシ、或いはアカガネサルハムシ・・・他が、もう少し、そうカブトムシくらいの大きさなら!
(そうなると生活習慣も変わるかもしれませんけれど?)
子供達の興味をそそる面で、カブトムシ、クワガタの相当なライバルに成るかもしれません?・・・
(なんて勝手に想ってしまって・・・余計な事を考えてしまいました申し訳ございません)

機会があれば、桜の葉の裏を眺めてるのですが・・・
う~ん・・・
何とか今年は見付けてみたいです・・・
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

本当に「これで、もう少し大きれければなぁ……カブトムシとまではいかなくても、せめてカナブンくらいデカければ人気昆虫だったろうに……」なんてよく思います。

光沢昆虫は実物の美しさを画像に納めるのが難しいですね……。
美しい昆虫を「美しい」と紹介しつつ画像が美しく撮れていないと、その昆虫の名誉を毀損したみたいで後ろめたい気がしてしまいます。
僕が投稿した画像を見て「《美しい》なんて言ってるけど、この程度?」──なんて思われたら、虫や虫ファンに申し訳ない……みたいな?
で、リベンジ撮影してみたのですが……本物の輝きにはほど遠く、「脳内補正」で輝かせた姿を思い浮かべていただければ幸いです(笑)。

ジンガサハムシは食痕(葉にあいた丸い穴)のあるヒルガオを探すのが効率的かもしれません。セモンジンガサハムシは1匹みつかると、その木(サクラ)で何匹か見られると思うのですが……。
No title
金ピカの虫さん達を見つけようと出かけてるのですが、、未だに成果無しです。
No title
> カメレオンーアームスさん

ジンガサハムシはヒルガオについていることが多いのですが、葉の裏をのぞきにくい場所だと探すのが大変なので、ワイヤーフェンスなどに絡んでいるヒルガオで食痕(丸い穴)のあるものをフェンス裏側から探すと(多くの葉の裏全体が見渡せるので)見つけやすいかも。今回、ジンガサハムシを撮ったのもそんな場所でした。

セモンジンガサハムシはサクラの葉の裏にいるのですが、いない木はいくら探しても見つからないので、枝の下から葉の裏側をざっとながめて、見つからなければスルー、1匹見つかったらそうの周辺を探すと複数見つかることが多い感じです。

アカガネサルハムシは食草のノブドウやエビヅルなどにいるのを見かけますが、擬木などで見かけることもよくあります。

いずれも「いる場所」を見つけると次から見つけやすくなると思います。

管理者のみに表示

トラックバック