FC2ブログ

ルリカミキリとアカスジキンカメムシ

瑠璃色に輝くプチカミキリ

ブログ友さんがルリカミキリをアップされていたので、僕も近所の発生ポイントへ確かめに行ってみた。体長1cmほどのこの可愛らしいカミキリは市街地のカナメモチの植込みで5月後半頃から見かける。最初のポイントであっさり1匹目がみつかり、発生が確認できた。


このカミキリもシラハタリンゴカミキリと同じように葉の裏にとまって葉脈を齧る。葉の裏にとまっているルリカミキリと食痕のコラボショット(?)は難なく撮ることができたが……アップの画像を撮るには、この個体の位置は高すぎる。ということで、撮りやすいところにいるルリカミキリを探すことに。計3カ所をまわって、それぞれルリカミキリの発生を確認できたものの、すぐ落ちたり飛んだりするのでなかなか希望のショットをとらせてもらえなかった……。以下は撮れた画像から。




カミキリでは触角の付け根が複眼を抉っているものが多いが、ルリカミキリでは完全に分断してしまって4つ眼になっている。


何匹か撮るが……カナメモチの葉の裏にとまっているので逆光となり、和名にもなっている「瑠璃」色の輝きがなかなかとらえられない……。やむなく指にとまらせて撮影↓。




オレンジ色の体に瑠璃色に輝く上翅が美しい。指先から飛んで近くの葉にとまったところ↓。


アカスジキンカメムシの新成虫・終齢幼虫・羽化抜け殻

ルリカミキリ確認にでかけるさいに、もう1種気にとめていた昆虫がいる。アカスジキンカメムシだ。去年ルリカミキリを確認に出かけた場所の1つでアカスジキンカメムシの新成虫を何匹も見ていたので、今年も見られるはずだと考え、うまくすれば羽化のシーンに遭遇するかもしれないなどという期待もひそかに抱いていた。アカスジキンカメムシもキレイな昆虫で、しかも成虫・幼虫ともに人面・仮面に見える空目虫だったりするので、個人的にはポイントが高い。


そして予想どおり、今年も同じポイントでアカスジキンカメムシをみることができた。この場所で主目的のルリカミキリよりも先に見つかったアカスジキンカメムシ1匹目↓。


和名の「赤筋」が比較的キレイに出ている個体。実はこの時期見られるアカスジキンカメムシ成虫はこの赤い筋が薄い個体が多いように感じている。
アカスジキンカメムシの成虫を見かけるのはこの時期が多いが、それは越冬幼虫が成虫に羽化する時期で、羽化は比較的低い位置で(も?)行なわれるため、新成虫が目につく機会が増えるからだろうと解釈している。時期を過ぎると成虫は食樹の高い所へ移動して目にする機会が少なくなっていくのではないか。
「羽化の時期」に目につきやすくなる新成虫だが、羽化後もようの色がハッキリ定着するまでいくらか時間がかかり、そのため赤い部分が薄めの個体を目にすることが多いのではないか……そんな風に考えていたりする。
周囲を探すと予想していた赤みが薄い個体が次々に見つかった。






新成虫と思われるアカスジキンカメムシはいずれも葉の上にいた。


さらに葉の裏に終齢幼虫もみつかり、羽化が始まらないかと期待したが僕がいる間には動きがなかった(カメムシの仲間は蛹を経ずに成虫になる)。




成虫は葉の上(表)に出ているが、羽化は葉の裏側で行なわれるのかもしれない。ということで葉の裏にも注意をしてみると、羽化した後の抜け殻が見つかった。




その後、羽化して間もないと思われる体色が極端に薄い成虫を発見。


この新成虫がとまっている葉の裏に抜け殻があるのではないか……と予想してのぞいてみたが、残念ながら見つからなかった。
この新成虫を撮ってその場を去りかけたとき……ふと、以前エサキモンキツノカメムシの羽化を観察した時のことを思い出した(*)。
羽化したエサキモンキツノカメムシ成虫は抜け殻を落とすという奇妙な行動をとっていたのだ。その意味について、《抜け殻には寄生蜂などに狙われるニオイがついているからではないか?》という可能性を想像していた。羽化する際には古い殻から新しい体をスムーズに引き抜くために離型剤あるいは潤滑油のような脂?が分泌されているのではないか?──その成分のニオイを察知してやっくる寄生蜂などがいてもおかしくないような気がする。だとすると、羽化した新成虫はなるべく早く脱皮殻から離れるか脱皮殻を遠ざける必要がある……それで(羽化してまだ飛べないため?)脱皮殻を落とすのではないかと考えたわけだ。
もし、この仮説がアカスジキンカメムシにも当てはまるとしたら、羽化直後の個体は(葉の裏で羽化したのち)抜け殻を落としているかもしれない──そう気づいて、1度は離れかけた新成虫のところに戻り、その枝(葉)の下をのぞきこんでみると、落ち葉の上に真新しい抜け殻が見つかった。


落ちていた抜け殻をてのひらに乗せて撮ってみた↓。




この抜け殻は、羽化直後の成虫のものだろう。羽化直後に落ちていたということは、自然に落ちたというより落とされた可能性が高い。《カメムシは羽化すると抜け殻を落とす》というような習性があるのかもしれない──そんなことを改めて思った。この日は《葉の裏に残っている抜け殻》も見つけているので、必ず抜け殻を落とすというわけでもないようだが……今後カメムシの羽化に出会った時には注目してみたいと思った。
最後に、この日見た赤い筋がキレイに出ていた個体↓。




スポンサーサイト



コメント

No title
おはようございます。
ルリカメムシ、小さ過ぎて私にはとても見つけられそうにありません。っていうか、こちらで初めて拝見いたしました。
アカスジキンカメムシもまだ見たことは有りませんが、これからの季節に成ると、コンビニのガラス窓などにはカメムシさんを良く見つけます。気を着つけて観察していたら発見できるかもしれませんね^^
鮮明に拡大された写真は大変嬉しいです。貴重な画像やイラストは楽しいです。
いつもお疲れ様です(*^▽^*)

ナイス★
No title
> みえちゃん♪さん

ルリカミキリはカナメモチの植込みなどでも見つかるので、意外に市街地で見つけやすいかもしれません。葉の裏側にいることが多いです。葉脈をかじったような痕がみつかれば、いる可能性大です。
夜間も明るいコンビニにはいろんな虫が来る可能性がありますね。
No title
ありがとうございます。

葉っぱの裏を気を着けてみてみたいと思います(*^▽^*)
No title
ルリカミキリが綺麗ですね。
昨年レッドロビンで見付けましたが冬場強剪定され今年の発生が気に成ります。
何ヶ所かポイントが有ると良いですね。
No title
> みえちゃん♪さん

ルリカミキリ、今が旬かもしれません。
No title
> 市川さん

ルリカミキリ、僕は市街地でしか見たことがありません。あと2つ候補のポイントがあったのですが、状況は同じだろうと思い、今回は切り上げて、アカスジキンカメムシにシフトしました。
No title
ルリカミキリの季節ですね。
アカスジキンカメムシ緑の所が黒い個体もいるそうです。
No title
こんにちは。
・・・上翅の美しい輝きに目がくらんでしまいそうな(ルリカミキリ)も模様光沢が素晴らしいアカスジキンカメムシも目にした事が無い・・・私(こればっかり・・・(泣)(笑)(涙))

何時か出会える事を夢見ての!
イメージトレーニング!とウォーミングアップ!と触発!!
様々な感情が湧いて来ます・・・
・・・と!
アカスジキンカメムシの幼虫~成虫、そして羽化後の抜け殻からさえも、その模様、色彩から!
笑顔が頂けて!(笑)(笑)(笑)・・・
有難味を感じてしまいます・・・!!!☆・・・
No title
> タイコウッチさん

ルリカミキリは、そろそろかな……と思っていたのですが知人のブログで紹介されていたので、僕も確認に行ってみました。

アカスジキンカメムシの黒化タイプはまだ見たことがないのですが、一部が黒いものは見たことがあります。黒化タイプはノーマルとはずいぶん感じが変わってシブイですね。
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

ルリカミキリは小振りながら瑠璃色の光沢が美しく、この時期には見ておきたくなります。
こちらではアカスジキンカメムシはわりと普通に見られるのですが、僕はそれ以外のキンカメムシはまだ見たことがありません……。
アカスジキンカメムシは色もきれいなんですが……背中の模様が「大口を開けて笑う顔」や「微笑む顔」に見えてしまい……空目ポイントも加算されている虫です(笑)。
No title
ルリカミキリって葉裏にいて、ほんとうに色が出にくいですが
きれいに撮れていますね~!
逃げずに指にまで乗ってくれるなんて、協力的な個体でうらやましいです。
私は先日何度も飛ばれてしまいました。。。
「今撮ろうと思ったのに飛ぶんだものな~」になりましたよ。笑

アカスジキンカメの抜け殻、すごいです!
とくに腹面側、透明とメタリックで、めちゃかっこいいです。
白いふわふわした、残ってる魂みたいの、なんでしょうね。。。
No title
> noriさん

ルリカミキリにはやっぱり、そのつど飛ばれて「今、撮ろうと思ったのに飛ぶんだものなぁ~もう!」と往年の西田敏行に変身してました(笑)。
ポロッと落ちたり飛んだり……でも、飛行速度は速くないので、そっと帽子ですくって手にはいあがってきたところを撮りました。
光のかげんや写り込む周囲の関係もあるのか、瑠璃色の光沢感を納めるのは難しいですね。もう少しクリアな画像で撮れれば良かったのですが……。

アカスジキンカメムシの抜け殻は僕も「へえ!?」と思いました。幼虫時代に白かった部分が透けているんですね。色がついている所は金属光沢が残っているのに。
抜け殻に残っている白い糸のようなものは気管だと思います。セミの抜け殻などでも見られますが……古い気管も一緒に抜け殻に残るんですね。
No title
ルリカミキリ きれいですね

先日 ベニカミキリに出会いました

カミキリムシは なぜか好きなんです

きょうは貴重なコメント ありがとうございます♪
No title
> ひろ♪さん

ベニカミキリもキレイなカミキリですね。
カミキリもバリエーションが豊富で、ファンが多いのもわかる気がします。
カミキリとまぎらわしい虫もけっこう多かったりするのですが……。
No title
アカスジキンカメムシ綺麗ですね。まだ幼虫しか見たことないです。
ナイスです。
No title
> nika4さん

アカスジキンカメムシの成虫は羽化の時期が目につくことが多くなるように感じています。こちらではミズキの幹にとまっている新成虫もよく見かけます。
その後高い枝へ移動するのか見かける機会が減るような……そして晩秋、集団越冬のため集まる頃に幼虫(終齢が多い)を見かける機会が増える……そんな印象を持っています。

管理者のみに表示

トラックバック