FC2ブログ

シラハタリンゴカミキリとスイカズラ開花

タキシード姿のキョンシー!?ラミーカミキリ現る

タキシード姿のキョンシーか!? パンダカミキリか? はたまた礼服を着たガチャピンか!?!──前に記事の最後でちょろっと触れたが、今年もラミーカミキリの出現を確認できた。




ラミーカミキリは、幕末から明治にかけて侵入したとみられている外来種だそうで、少し前までは見たことがない昆虫だった(東京で生息が確認されたのは20世紀末だとか)。僕が初めてこのカミキリを目にしたのは2005年、奥多摩だった。東京の自宅近くで発生しているのを確認したのが2012年。つい最近のことだ。自然が減り、虫も減ったというが、僕が子どもの頃には見られなかった昆虫は増えている。ラミーカミキリもその1つだ。
これまで何度かネタにし、去年も【ラミーカミキリ&シラハタリンゴカミキリ】で紹介しているので、今回はサラッと流す。
ラミーカミキリが出現したとなると……そろそろかと思うのが、シラハタリンゴカミキリだ。

スイカズラの開花とシラハタリンゴカミキリ

こどもの頃、夏に雑木林で樹液の発酵したニオイを嗅ぐとカブトムシを連想したものだが……同じように、この時期スイカズラの甘い香りを嗅ぐとシラハタリンゴカミキリが頭に浮かぶ──シラハタリンゴカミキリはスイカズラの花が咲く頃に出現するカミキリだ。
そして今年もスイカズラが咲き始めた。
去年は自宅近く(東京都)でラミーカミキリの出現を確認してまもなくシラハタリンゴカミキリの出現(狭山丘陵埼玉県側)を確認している。今年も先日、ラミーカミキリを確認したので、シラハタリンゴカミキリもそろそろ現れるのではないか──と予想し、去年初個体を見つけた場所へ行ってみた。
去年の記事では雪をかぶった富士山の画像を上げていたので、今年も富士山のようすを↓


去年より6日早いが、狭山湖ごしに見える富士山は去年より雪融けが進んでいる(昨年は大雪があったので雪融けも遅かったのだろう)。
目的地のスイカズラは咲き始めたばかり。多くがつぼみだが、ちらほら咲いている花もある──といったところ。1年ぶりの甘い香りがほんのりただよう。


シラハタリンゴカミキリはスイカズラの葉の裏にとまって葉脈をかじる。なので発生していくらか経つとこの独特の食痕が目立つようになり、これをたよりにシラハタリンゴカミキリがいるかいないか見当をつけることができる。しかし発生直後はまだ食痕が少ないので見つけにくい。葉の裏をざっとのぞいて見たが、シラハタリンゴカミキリの姿を見つけることはできなかった。
まだわずかに早かったかと思い、早々にあきらめて周辺の状況をチェックしながら散策。
すると、別の場所でシラハタリンゴカミキリらしき飛翔体を2匹目撃──正体を確かめるべく後を追うが見失ってしまった。だが、その近くで開花がいくらか進んだスイカズラを見つけた。


シラハタリンゴカミキリ発生の期待が再び高まる。問題のスイカズラをじっくり見ていくと……。


これは確実に出現している!──と確信したが、この葉の裏にはいなかった。他に食痕がある葉はないかと探していると──、


葉の中央に作成中(?)の食痕が目に入り、ほぼ同時に、その葉の裏からのぞいている触角に気がついた。


ということで、今シーズン初のシラハタリンゴカミキリの確認ショットはおさえた。あとはちゃんとした画像を撮っておきたいところ。撮りづらい位置にいたので慎重にカメラを近づけるが……シラハタリンゴカミキリは動き出してしまった。
去年はシラハタリンゴカミキリを見つけた後、なかなか撮らせてもらえずに苦労した。「見つけても、撮らせてもらうまでが大変」──そんな記憶がよみがえる。例によって飛び去ってしまうのだろうな……と思ったとおり何度か飛翔したものの、すぐ近くの葉に降りたりカメラのストラップにとまったりし、結果としてこの個体は思いのほか良いモデルとなった。そんなわけで、以下の画像はすべてこの1匹──同じ個体。












カミキリ界のゼフィルス?

年に1度、スイカズラが咲くころ、ほんの一時期現れては消えて行くシラハタリンゴカミキリ。《シーズン限定のはかない命》という点では、チョウの「ゼフィルス」や「スプリング・エフェメラル」などと、ちょっとイメージが重なるような気がしないでもない。
それにしても、スイカズラの開花とそれにリンクしたかのように出現するシラハタリンゴカミキリ──このみごとなタイミングの合致は不思議な気がする。
シラハタリンゴカミキリはスイカズラ(東北地方ではヒョウタンボクらしい)に集まるが、その花に来るわけではない。花粉や蜜ではなく葉脈を食べる。ならば、花が咲く時期に正確に出現時期をあわせる必要などないはずだ。開花と少しずれたところで、後食すべく葉にありつくことばできるだろうに……。
なのに僕の少ない観察経験からすると、開花にちょうど合わせて出てくるように感じられる。もしかして、スイカズラの開花で放たれる甘い香りがシラハタリンゴカミキリの「出動(羽脱)スイッチ」になっているのではないか──そんな気もしないではない。

あるいは……と、幻想的なイメージが広がる。
スイカズラが放つ甘い香り──実はこれこそがシラハタリンゴカミキリの正体なのではないか?
シラハタリンゴカミキリは《芳香の化身》!? もしくはスイカズラが放つ甘い香りが生み出す《幻覚》……だから開花とともに現れ、花が終わってその香りが消えると、その姿も見えなくなる……。
スイカズラの開花とともに現れ、花が終わる頃にこつ然と姿を消すシラハタリンゴカミキリ……スイカズラの香りに包まれてシラハタリンゴカミキリの姿を探していると、ついそんな妄想をしてしまうのであった。

スポンサーサイト



コメント

No title
ラミーカミキリとシラハタリンゴカミキリ早いですね。
良いモデルさんですね。
スイカズラの食痕を探してみます。ナイス
No title
> 市川さん

去年よりも早い初確認でした。シラハタリンゴカミキリは去年見つけてから撮るのが大変だったのですが、今回あっさり撮れたのでホッとしました。
毎回良いモデルに当るといいのですが……苦労することの方が多いですね。
No title
ラミーカミキリ、私にはガイコツ💀が黒いベストを着ているように見えます。ナイスです!
No title
> nika4さん

前胸のもよう──しゃれこうべにも見えますね。
ユニークなデザインのカミキリなので、お気に入りの昆虫の1つです。
No title
そう言いますと・・・
ラミーカミキリを見掛ける機会は年々増えつつあるのかもしれませんね・・・?
(私にとっては、毎年のなかなか出会えないカミキリムシなのですが!カミキリムシ科は検閲有害動物だとか?何やら怖さを感じる言葉の響きですね・・・)

・・・シラハタリンゴカミキリとスイカズラの花の関係性・・・
非常に興味深いですね・・・
「花は、花粉を運んでもらうために美しく咲く!」・・・
なんて事も言われてますが、葉脈を食べられるためにいい香りを・・・
何とも不思議です・・・
シラハタリンゴカミキリにとっての利点はあるのでしょうが!
スイカズラにとっての利点は・・・?
只、スイカズラが迷惑がってるだけだとすると・・・
カミキリムシの悪役的イメージが益々強く成ってきますね・・・
No title
「検閲有害動物」という言葉は知りませんでした!? 植物防疫法の「検疫有害動物」のことでしょうか?
カミキリは植物食ですから、国内で存在が確認されていない種類が持ち込まれると農林関係にダメージを与える危険があるということで原則的に検疫で輸入禁止される動物に指定されている──ということなのではないでしょうか。

シラハタリンゴカミキリの羽脱スイッチがスイカズラの香りにあるのではないか……というのは僕の想像に過ぎないのですが……ちょうど開花の頃に出現するので、そんな気がしてしまいます。

(字数制限のため、コメントを分けます/つづき↓)
No title
シラハタリンゴカミキリとスイカズラとの関係は「共生」ではなく「寄生」なのでしょうね。もっとも、大きな眼で見た場合、こうした「寄生」による「抑制」も生態系全体のバランスに関係している気はします。

カミキリは一部が生木を食うので農林関係や園芸方面から目の敵にされがちですが、生態系から見れば弱った木を間引いたり枯れた木を分解するという役割りを果たして森の健全化に貢献しているのではないか思います。

カミキリにしてみても宿主が絶滅してしまえば元も子もないわけで……ちょっと矛盾するような言い方ですが、寄生するカミキリが繁栄しているということは宿主の植物が繁栄している(全体的には健全な状態にある)からだ──と言えなくもない気がします。
No title
カミキリは長方形の体がカッコいいですね。
確かに特定の花に集まる種はその花の開花シーズンに羽化するタイミングを合わせているのか不思議になります。
No title
> タイコウッチさん

カミキリも種類が多く、いろんな形・もようの種類がいておもしろいです。
植物と昆虫の関係の深さにはおどろくこともありますね。「とてもうまくできているなぁ」と感心したり不思議に感じたり……色々なことを考えさせてくれます。
No title
こんばんは。
・・・成程・・・
ある本に、植物は虫との闘い(いい意味で)があるがために、多様化し、発展してきた・・・
との文節を思い出しました・・・
虫との共生の利点を教えて頂き、有難うございました・・・
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

本当に昆虫と植物の関わり方──影響し合っての進化は多様で複雑ですね。
「共生」も「寄生」も全てひっくるめた均衡の上に今の生態系は成り立っているのだろうと考えています。
No title
シラハタリンゴカミキリ、もう出てるんですね!
すぐに飛んでしまう印象がありますが
よく一円玉に乗ってくれましたね~。
朝のほうが動きが鈍くて撮影しやすいかなあとか目論んだりして。。。
葉っぱの裏からヒゲが出てる様子、なんともかわいいですね。

カミキリは葉脈を食べるものがけっこういますが
「顎が強いからへいちゃらなのさ!」ってかんじなのでしょうかね。
No title
> noriさん

スイカズラの花が咲いているのを見つけて「もしや!」と思い、探してみたら見つかりました。
最初に目にしたそれっぽい未確認飛翔体2匹は飛び去って見失ってしまったのですが、葉の裏で確認できたこの個体はあまり飛ばず(飛んでもすぐ近くに降りた)、すんなり撮影できました。
去年は「今、撮ろうと思ったのに飛ぶんだものなぁ~もう!」と何度もじだんだを踏みましたが(笑)、今回はあっけないくらいでした。
個体の状態や温度(日向と日陰の違い?)などの関係なんでしょうかね?
「朝のほうが動きが鈍くて撮影しやすい」という可能性はあるかも。

カミキリが葉脈を食べると知った時は、葉の裏に隠れながら食餌するなんて──うまい方法だなと感心しました。葉脈で運ばれる栄養分を食べているんですかね?

管理者のみに表示

トラックバック