FC2ブログ

ヨコヤマトラカミキリ@ミズキ

なかなか撮らせてくれないヨコヤマトラカミキリ

ヨコヤマトラカミキリはデジカメをTG2に換えてからちゃんと撮っていなかったので、今シーズンは撮影せねば……そう思っていたのだが、出現し始めた4月下旬には完品が撮れなかった(*)。その続編──!?
ヨコヤマトラカミキリもミズキが咲く頃、花に来ることは知っていたので、そんなシーンが見られることをひそかに期待していたGW。今年は4月末にミズキの開花ラッシュで、トウキョウトラカミキリの訪花シーンは見られたものの(*)、ヨコヤマトラカミキリはなかなか確認できずにいた……。
こどもの日にはガードレールの反射板上にいるのを見つけてカメラを向けるも……動き回ってなかなか撮らせてくれない。落ち葉にすくって撮影を試みるが……OKショットをゲットする前にロスト……飛び去られてしまった。


満開になった花は散り始めると意外に早い……GW明けにはミズキも終盤といった状況になっていたが……中には遅く咲き始めた木もあって、そこには色々な訪花性昆虫が集まっていた。




遅めに開花したミズキを間近で見ることができる欄干から、カミキリの姿を探す。小さなそれらしき飛行物体がチラッと視界をかすめ──1度は見失ったものの、ふと目を落とした花の上をそれは歩いていた↓。


ヨコヤマトラカミキリが花に来ているのを実際に見るのは初めてだったので、とりあえず証拠写真を──とカメラを向けるが、2枚撮ったところであっさり飛び去られてしまった……。画像をチェックしてみると1枚目はピントがあっておらずNG。2枚目が上の画像だった。
なんとか、撮れてはいるものの……小さすぎる(これでもトリミングしている)。
もっと、ちゃんと寄った画像を撮っておかねば……ということで、ようやく撮れたのがコレ↓。


この個体も例によってガードレールのポストの上に止まっていた。そしてやはりカメラを近づけると、せわしなく歩き回って撮りづらいことこの上ない。そしてまたも飛び去るのか──と思わせたのだが、飛ばずに落下。地面をはい回って葉の上に登ってきたので、チャンスとばかりにシャッターを切ったのであった。


こうして画像だけみると「カミキリ」だが、せわしなく動き回る姿は「アリ」の動きを思わせる。周辺で見られるムネアカオオアリと配色が似ているのは偶然の一致だろうか? ヨコヤマトラカミキリにアリのような腰のくびれは無いが、上翅の模様によって黒い部分がアリの丸みのある腹のように分離して見えなくもない。擬態としての効果がどのていどあるのか(あるのか無いのか)わからないが、ヒトが知らずに見たらアリと誤認することはありそうな気がする。

というわけで、とりあえずTG2でヨコヤマトラカミキリ完品の寄り画像を撮ることは、いちおうかなったので、ぷちまとめをしておくじだい。
このあとOKショットが撮れたら追加していく……かもしれない。

ちなみに、今シーズンであったヨコヤマトラカミキリは今のところ5匹(僕はスイーピングもビーティングもしないから、全てルッキング)。ミズキの花で見た1匹をのぞいた4匹は、ガードレールの反射板の上かガードレールのポストの上にいた。とまった構造物づたいに這って一番高い位置に落ち着いた……ということなのだろう。

【追記】ヨコヤマトラカミキリ:模様は微毛

その後、擬木の上で衰弱していたヨコヤマトラカミキリをみつけたので、その画像を追加。


活動を終えて寿命がつきようとしているのか……動きが緩慢なので、動き回っている時はなかなか撮れない上翅のクローズアップを──。






そして1円玉を並べて大きさの比較画像も撮ってみた↓。




スポンサーサイト



コメント

No title
ミズキの花のヨコヤマトラいいですね。
あれからもう一人虫友が現れ驚きでした。
トウキョウトラやっとゲットです。
虫友の案内でキイロトラやキンケトラも撮れました。
3人の目で見ると虫も見付け易いです。
No title
> 市川さん

できればミズキに来ているヨコヤマトラカミキリを撮ってみたいと思っていたのですが、ミズキの終盤になって何とか撮れました。もうちょっとしっかり撮りたかったという希望はありますが……とりあえず撮れたので良しとしようと思います。
お目当てのトウキョウトラカミキリ・ゲット、おめでとうございます。
だんだん色んな種類が見られるようになってきましたね。
No title
こんばんは。
・・・一枚目の・・・
「ヨコヤマトラカミキリの飛び去る姿が!・・・OK画像!」間違いなしです!!!☆・・・

翅があのくらい開いた姿が、ドンピシャ!カッコイイ~!!!

・・・ムネアカオオアリにそっくりな姿に驚かされました!
こうしてみますと!
アリと見間違いそうな虫って、結構多そうですね・・・
と成りますと!
アリは、只者ではない!という事に成ってくるのでしょうか?
それとも只の偶然なのでしょうか?・・・
ミズキの花に訪花するハナムグリの仲間を眺めつつ・・・
ヨコヤマトラカミキリに出会いたいな~と願いつつ・・・
そんな事を考えてしまいました・・・
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

1枚目は触角も(フレームから)切れてしまい、ポーズ的にもちょっと中途半端だったような……もう少しビシッと翅を広げていれば、それはそれでOKショットだったのですが……コレはコレでカッコイイですかね?
動き回る生きもの相手だとピントやタイミング、光線の具合など、なかなか難しいです。

アリに擬態した昆虫は意外に多いですね。アリグモやホソヘリカメムシの幼虫などの完成度の高い擬態を見ると……やはりアリは只者ではないのでしょうね。
No title
ミズキにカミキリ、いいですね~~。
ヨコヤマトラカミキリなんて、役者もグッドですね。
ヨコヤマトラカミキリって写真で見るイメージより
実物がとっても小さいですよね。
一枚目の写真は私もぜんぜんOK写真と思います!
開き具合がとてもいいですよ~。
No title
> noriさん

僕の場合、いつも擬木や欄干が背景になりがちなので、自然物がバックだと自分でもホッとします(笑)。あわよくばヨコヤマトラカミキリonミズキの花という場面に出会えないかと期待していたので、それが現実となった時にはテンションが上がりました……が、ほんの一瞬でした。
もう少しマシな画像が撮りたかったという気もしますが、これだけでも撮ることができたのはラッキーだったかもしれませんね。

画像で見慣れた昆虫って、実際に出会うと小さく感じる事が多いですね。以前、ヨコヤマトラカミキリの実物を見て「え~っ! こんなに小さいの!?」と言った人がいましたが、わかる気がします。アリに擬態している説があるのだから、それなりのサイズなんですが、イメージの中ではアリよりずっと大きい気が(笑)。特にオスは小さいですね。
No title
ヨコヤマトラカミキリ上翅のクローズアップ画像などを追加。

管理者のみに表示

トラックバック