FC2ブログ

可変翼機なオカモトトゲエダシャク

可変翼機っぽい蛾:オカモトトゲエダシャク

冬の蛾フユシャクのが活動を続けているなか、早春の蛾オカモトトゲエダシャクも姿を見せ始めた。4枚の翅をそれぞれアコーディオン・カーテンのようにたたんでとまるユニークな蛾。可変翼機を思わせるメカニカルな姿はSF映画やアニメにでてきそうなバイオ飛行船!?














飛行機の可変翼ならぬ可変翅はなんともユニークでカッコイイが、いったいどうしてこんなギミックがあるのだろう?──見るたびにそう思ってしまう。
以前にもあれこれ思いめぐらしてみたことがあったが(*)、《嵐に備え帆船が帆をたたむように、早春の強風に備えて翅をたたんでいるのではないか》──という可能性を考えている。ド素人の個人的な想像。
オカモトトゲエダシャクが出現する頃といえば、冬から春へと季節が移り変わって行く時期で「春一番」のように風が吹き荒れる日も少なくない。こうした強風対策として、とまっている時は「翅をたたんで風の影響を受ける表面積を減らしている」のではないか。扇子やアコーディオン・カーテンのようにたたむことで翅脈の密度を高め強度を高める効果もあるだろう。
実は《強風対策説》の可能性を想像した当初は、自分でも懐疑的だった。風の抵抗を減らすためだとすると、前翅の角度が不自然に思えたからだ。オカモトトゲエダシャクのもちあげられた翅より、フユシャク♂がとっているとまり方──翅をぺたっと樹皮に密着させるようなとまり方の方が風の抵抗を少なくできるだろ──そう考えた。
しかし、この時期、強風にあおられて翅をパタパタ激しくなびかせるフユシャク♂の姿や翅を失ったフユシャク♂の姿を何度も見ているうちに《強風対策説》が再浮上した。オカモトトゲエダシャクの翅は風を受けてもその圧力を受け流しているのかもしれない。


このフユシャク(シロフフユエダシャク)♂↑を撮った同じ日に出会った今シーズン2匹目のオカモトトゲエダシャク↓。風が強めに吹く中での撮影となった。






オカモトトゲエダシャクの翅が他の蛾のように強風ではためくのは見たことがない。たたまれた可変式の翅は強風対策のギミックなのかもしれない。




今シーズンであったオカモトトゲエダシャク2匹はいずれもオスだった。触角をたたんでいる時はモフモフの毛に埋もれて見えにくいが、触角はクシ状。メスの放つフェロモンを感知するために表面積を増やした構造なのだろう。これに対してメスの触角はヒモ状。昨年撮ったメスとの比較画像↓。


※メスとオスのツーツショットを追加↓


振袖フユシャク?~可変翼蛾の画像から

「卒」的?ヒロバフユエダシャク♀

今季2匹目のオカモトトゲエダシャクに出会った日、ヒロバフユエダシャク♀も見ることができた。






某駅の改札を出てすぐ目につく桜の幹にいたヒロバフユエダシャク♀。白っぽい個体だったこともあり、桜に目を向けた瞬間にヒロバフユエダシャク♀がとまっているとわかった。今季初のヒロバフユエダシャク♀を見た時(2月のカミキリ~ヒロバフユエダシャク♀)も感じたのだが、少し離れた所からでもこの形はパッと目につく。遠目に見ると「卒」の極太文字に見えてしまうのは僕だけであろうか……。




スポンサーサイト



コメント

No title
オカモトトゲエダシャク今年は早いですね。
もう2匹目の出会いは凄いです。
この翅の形でどの様に飛ぶのか不思議です。
メスに出会いたいです。
No title
ほんとメカニックだネ~!!
未来物のマンガで使えそう。
No title
> 市川さん

オカモトトゲエダシャク初物は、去年・一昨年は3月に入ってからでした。去年シロフフユエダシャクのピークは3月初めあたりだったのですが、今年は既に収束に向かっている感じもするし……今年は活動時期が早めなのかもしれませんね。
No title
> 東北の温泉バカさん

こんなバイオ系デザインの飛行船は映像的にもイケそうな気がします。
No title
・・・「カッコイイ!」(惚れ惚れするわ~!)
(単純に、瞬間的にそう思います!いつも憧れを持って図鑑を眺めてました!・・・)

図鑑は、平面的な写真しか載ってませんので、こうして様々な角度からのお写真を紹介して下さいますと!とても有り難いです!!!☆・・・
可変翼機・・・素晴らしい!です・・・(涙)
扇状になってるんですね!
あの翅の角度は、強風対策説・・・納得です!!!☆・・・
風の抵抗を最小限におさえてるのでしょうか?・・・
あの角度!そうだとしましたら!?・・・
凄い!オカモトトゲエダシャクの進化にも興感します!!!
こういった不思議なフォルムを持つ虫・・・
「タメ息がでてきますね!・・・」
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

身近な昆虫の中に、特別な?ギミックを持っているものをみつけると、やはり想像力が刺激されますね。
強風対策説は、素人の想像ですが……そんな可能性もあるんじゃなかろうかと考えています。
蛾の翅は強風でパタパタはためかされることによって痛みそうですが、オカモトトゲエダシャクの束にまとめた翅ははためかないのでダメージを受けずにすむのではないかと。
このカッコ良い立体的なフォルムは1枚の画像で表現するのが難しいので、色々撮ってみました。
この蛾を見ると春が近づいているのを感じます。

管理者のみに表示

トラックバック