FC2ブログ

水色のフユシャク・イチモジフユナミシャク♀

水色?空色?印象いろいろ・イチモジフユナミシャク♀

フユシャク(冬尺蛾)というとちょっと地味な印象だが、イチモジフユナミシャク♀にはあわい青~緑色がかったものがいて、これはなかなか美しい。羽化して間もないと思われる♀はキレイなのだが……この美しいコーティングは痛む(?)のも早いような気がする。新鮮な(と思われる)個体では体の表面をおおっている鱗粉がきめ細かくそろって滑らかなのだが、雨風にさらされたり時間の経った(と思われる)ものは、鱗粉が浮いてささくれ、ザラついた感じに見える。また、産卵後は体型が変化するので、これでまた印象がずいぶん変わる。
ということで、まずは鱗粉コーティングがキレイな個体から──、






この↑イチモジフユナミシャク♀は陽の当たる支柱にとまっていたが、鱗粉がきめ細かくそろってスベスベ。日光をうけた翅や体の表面にはつやが感じられる。
色的に青みをおびた翅が美しく感じられたのがこの♀↓。






画像よりも実際はキレイな色合いの個体だったのだが……じゃっかん鱗粉が浮き始めている感じがしないでもない。
さらに鱗粉コーティングがささくれ、ザラザラ感のある♀↓。




産卵を経た♀は腹が縮んでプロポーション的にも、しおれた感じになってくる。




産卵後は腹が縮んだことでボリューム感も変わるし、腹との比較で翅が大きく感じられるようになって印象が変化する。それとは別に翅のもよう──黒い帯にも個体差があって、これによっても印象はちょっと違う。
腹の大きさによるプロポーションの格差や翅の黒帯もようのバリエーションの違い例↓


比べてみるとずいぶん印象が違う。イメージの格差が大きいので「これらはみんな同じ種類なのかなぁ?」とよくわからなくなったりもする。酷似した別の種類がいたとしたら、素人の僕には識別が難しい。
とりあえず、これら──《青~緑がかった翅を持つ♀が出現するナミシャク亜科のフユシャク》のことを(まとめて?)さす呼び名があるといいのだが(水色フユシャクとか空色フユナミシャクとか?)……同定にはあまり自信が無いまま、名前がないと便宜的に困るので、「たぶん」マーク入りで【イチモジフユナミシャク♀】と記していたりするのだが……。

これから見られるフユシャク♀は増えてくるだろう。発見率は高まるけれどイチモジフユナミシャク♀では産卵後の個体の占める割合が多くなってくるので新鮮な美しい個体に出会う確率は変わらないか逆に低くなるような感じがしないでもない(少ない経験からの個人的印象)。そんな思いがあるのでイチモジフユナミシャク♀が出始めた12月後半はサクラッチ(桜ウォッチ)に傾いてしまいがちなのであった。
今後もっとキレイなイチモジフユナミシャク♀を撮ることができたら、画像を追加していく…かもしれない……。

スポンサーサイト



コメント

No title
ハハハ 同一個体が居そうです。
チョウなら変異にかなり突っ込みましたが ガはもうやめて~っ!って感じです。w
面白いですからね~。
♂の変異幅を考えればあってしかりとは思うんですが 何故か気になりますよね。
No title
> 辺蟲憐さん

夜行性のフユシャクは昼はじっとしていることも多いから、同じ場所で同じ個体をみつけることもありそうですね。

蛾は個体によって変異の幅が大きいし似たものも少なくないので、素人の僕には境界線がよくわからなかったりします。
外見で区別しにくいものは、一緒くたにくくったゆるやかな総称があると一般民間人には都合が良いのですが(笑)。「フユシャク」と「種名」の間に「ああ、あの界隈のヤツね」という呼び名がほしいところです。
No title
イチモジフユナミシャク♀綺麗な水色ですね。
出逢う数が多いので羨ましい限りです。
同じのが居ないくらい異なっていますね。
他のフユシャクは交尾で無いと区別が難しいのが悩む所です。
ナイス
No title
> 市川さん

水色の♀は、実際はもっとキレイで、現場でモニターを見た時はOKだったのですが……帰宅後パソコンに取り込んでみたらビミョ~……あわい感じの色は撮るのが難しいです。

フユシャクは見分けるのが難しいのがけっこういますね。撮った画像に和名を記す時にやっぱりよく悩み、「フユシャク♀」で処理しているものも多いです。
No title
撮した画像データが、自分の見た色と違うとガッカリみたいな気分になりますよね。
何とかしてみたままを伝えたいのですが...
もっと高性能のカメラを数台持ち歩いて…とは思っていますが、こればかりはね。。。懐具合と体力が持ちません(笑)。
取り敢えず…少し設定を変えて撮してみたりはしています。
No title
> カメレオンアームスさん

僕の場合、画像は「作品としての写真」という位置づけではなく、「興味を覚えたものを説明する補助資料」という感覚で扱っています。「これ、おもしろいな」と感じたものを説明できればよくて、芸術性までは求めない──そういう低いハードルで手軽に撮っているのですが……その「興味」に「美しさ」が含まれる時は、やっぱり見て感じた美しさを記録したい──という気になってしまいます。画像に作品としての芸術性を求めてそれを追いかけ始めるとディープな世界にハマってしまいそうなので、低いハードルにとどまってある程度のところで「あきらめる」ようにしているのですが……手持ちのカメラで(撮り方の改善で)より良い画像が撮れる工夫はしていかないといけないかもしれませんね。
No title
こんばんは。
・・・今年も、スクラッチ、サクラッチ、コケッチ・・・
外れまくりの一年でした・・・
私は、チョウ目にも憧れてるんですけど!
なかなか縁がなくて悲しい想いをしています。
チョウ目の中でも・・・
どちらかと言いますと・・・
(ひっそりと目立たない(蛾)の方がタイプなんです(笑))
ミノムシとかフユシャクの様な(特に不思議な生態)をしたものには余計でも魅かれます。
上のお写真の様な、大当たりの(イチモジフユナミシャク♀)を眺めながら、来年こそは!と拝ませて頂いてます!!!☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

チョウはキレイなのが多いのですが、なかなか撮らせてもらえなくて……だから蛾の方が親しみがわいたりします(笑)。ビシバシ撮らせてくれるフユシャクなどは「ホントにモデルとして優秀だなぁ!」とよく賞賛しています。これでキレイに撮れないのはカメラマンの問題……。
蛾には良いモデルが多いというのもありますが、やはり種類が多くユニークで多様性を実感できるものがいるのが魅力ですね。
僕も普通種でありながらなかなか出会えない虫が色々いるので、来年は出会えるといいなぁ──と思っています。
No title
31日 撮り納めに同所に行ってきました。
今回はサクラを一切スルーして探しました。
食樹付近が密になる事は容易に推察されますが クヌギ コナラ って並べられたら ほぼ全部見なければって事になりますね。w
なので空間的感覚(エラそうに)で またクヌギとカエデ上の個体を見つけました。
後はウスバがポツポツ それとサザナミを見つける事ができてチョイ満足。
冬を退屈しないで済む 良いフィールドですね。w
No title
> 辺蟲憐さん

僕が初めてイチモジフユナミシャク♀を見つけたのはカエデの下の木製の手すりでした。それでそのあたりを探してみたのですが、その時は見つからず……後に(あのあたりだと)桜が密集している場所でサクラを探すとよく見つかる事がわかって、効率よく見つけるには苔むしたサクラを集中的に見るようになりました。
辺蟲憐さんとお会いしたきっかけとなった個体はクヌギにいましたね。ケヤキでも何度か見ています。もしかすると食植物の環境(密度他)などで、場所によって密度の高い樹種も違うのかもしれない……なんて思い始めています。

ブログ拝見しました。さすが、色々成果をあげられているようですね。

管理者のみに表示

トラックバック