FC2ブログ

緑のベストを着たネコ!?

緑色のベストを着た猫!?モンクロギンシャチホコ幼虫



「長靴をはいた猫」ならぬ「緑のベストを着た猫」に見えなくもない!? キアイを入れればきっと見える……かもしれない……そんな気もする生物を発見。その正体とは──、




このイモムシが目にとまったとき、《緑のベスト》模様が見えたのでホソバシャチホコ幼虫(後述)かと思った。しかし、よく見ると、ちょっと違う。《緑のベスト》はオシャレなデザインなので、それだけでポイントが加算されるが(何のポイントだ?)、ホソバシャチホコ幼虫にはない「猫耳」までついていたので更に加点倍増!
















モンクロギンシャチホコはシャチホコガ科の蛾で幼虫はバラ科につくらしい。近くにあったサクラの葉にとまらせてみると食い始めた。サクラでは「ギン」のつかないモンクロシャチホコという蛾の幼虫がよくみられるが……こちらはあまり撮影意欲がわかないのであった……。

緑色ベストといえばホソバシャチホコ幼虫





モンクロギンシャチホコ幼虫をみたとき、《緑のベスト》から思い浮かべたホソバシャチホコ幼虫がコレ。ホソバシャチホコもシャチホコガ科の蛾。前記事のシャチホコガ(シャッチー)と違って、尾脚はしっかり枝をつかむことができる。
《緑のベスト》もオシャレだが、複雑な模様が美しい。個体によって模様には違いがあるが、ロングヘアをなびかせたヒロインの顔などが空目できがちで、隠し絵っぽい。そのことは以前投稿したことがある(【緑のベストがオシャレな幼虫】)。


食植物(のひとつ)コナラにうつすと、《緑のベスト》が葉にとけこんでボディラインを分断。残された部分は枯れて変色した葉のようにも見える。
オシャレな《緑のベスト》は、葉にとまると「見えなくなる」隠蔽アイテム──《天狗の隠れ蓑(かくれみの)》ならぬ《イモムシの隠れベスト》みたいなものなのだろう。


スポンサーサイト



コメント

No title
モンクロギンシャチホコ幼虫は今回はじめて見たのですが、気に入ってしまいました。
ときどき見かけるホソバシャチホコも緑のベストと味わい深い模様がお気に入りだったのですが、モンクロギンシャチホコ幼虫は更にポイント高かったです。
No title
本当に緑のベスト着ているようですね🎵
面白いです。
No title
空耳ならぬ空目ネタということで。
擬木の上にいると緑のベストはけっこう目立つんですが……これが葉にいると、なかなか見つからないんですよねぇ。
単体で見ると目立つんだけれど、自然の中では意外に背景に溶け込んでしまうというのも面白いですね。
No title
こんばんは。
・・・先日、庭のピラカンサの枝でモンクロギンシャチホコの幼虫を見付けて、大喜びしたばかりでした・・・
今回、そのモンクロギンシャチホコの幼虫の登場で驚いてしまったのが・・・
(私の見付けた者は、体長約30mm程度で、「猫の耳が付いて無い!・・・ないないない!???」)
「猫の耳や~い?」と探してて気づきました・・・
私が観たものは、多分終齢幼虫だったんですね!?・・・
そうか・・・そうだったんだ~・・・納得です!!・・・
とても参考に成りました!有難うございました!!☆
No title
モンクロギンシャチホコの幼虫は今回初めて見て、検索してみたりしたのですが、ステージが進むとかなりコロコロした感じに太ってくるようですね。
終齢くらいになると猫耳突起(?)も埋もれてしまうくらいになりますか……知りませんでした。
僕が見たのは小さかったけれど、猫耳的には(?)ちょうどいい頃だったのかもしれませんね。
No title
再び、お邪魔します・・・
・・・今回の私の記事に、このモンクロギンシャチホコの猫耳幼虫の件について触れてしまってます・・・
御断りもせず、勝手に申し訳ございません・・・
No title
拝見しました、ぷりんぷりんのモンクロギンシャチホコ幼虫。育つとこんな風になるんですね。

全体公開しているブログですから、別に「御断り」は要りませんよ。僕も勝手に覗いて回っていますし、ネット上に公開されている記事を引用したりすることがあります。

管理者のみに表示

トラックバック