FC2ブログ

トロピカルな天狗

トロピカルなエメラルドグリーン・ストライプの天狗



【テングスケバ】──鼻が長い天狗&透けた翅からの名前だろう。この昆虫を初めて見た。みつけたのは意外にも自宅近くの若いクワ。第一印象は「ぷちテングビワハゴロモ」──海外のブログでしばしばみかけるユニークな姿のテングビワハゴロモ──これを小さくしたような姿っぽく見えた。それに青緑の細い縦縞柄が熱帯魚(ブルーストライプド・バタフライフィッシュみたいな?)を連想させ、なんとなくトロピカルな雰囲気を感じさせる昆虫だなと感じた。




撮った画像を確認すると、複眼の中の瞳孔を思わせる黒い点がいつもカメラ目線で見つめ返している。これは偽瞳孔(ぎどうこう/擬瞳孔)と呼ばれるもの。
横から見ると、ちょっとショウリョウバッタ顔にも見えるが、カメムシやセミの仲間なので、口はストロー状で植物の汁を吸う構造になっている。
クワの葉の表や裏、茎(枝)にとまっていたが、不用意に近づくとピン!とはじかれたようにジャンプして飛び去る。風で揺れないように枝や葉をつかんで撮影しているとその指にもハッキリ伝わるほどの強い振動で跳ねる。
同じ枝先に3匹ほどとまっていたので1匹撮りのがしても、もう2回チャンスがあるだろうと甘く考え、雑な近づき方をしたところ……1匹目が跳ねて逃げると、その振動が伝わったのか、他の2匹もほぼ同時にジャンプして飛び去ってしまうという失敗もあった。危険がせまったときに跳ねるのは自身の防衛のためだけでなく、近くにいる仲間への(振動による)警戒信号でもあるのかもしれない。



【テングスケバ】がいた同じ若木には【ミドリグンバイウンカ】もみられた。同じヨコバイ亜目の昆虫だが、こちらはもっと小さい。やはり似たようにエメラルドグリーンのストライプ柄がトロピカル!?



【テングスケバ】と【ミドリグンバイウンカ】が同じ木にいたので、大きくて立派なテングスケバがミドリグンバイウンカのボスキャラ、あるいは同じ種類の♂っぽい感じにも見えてしまった。


追加画像:やっぱり撮ってしまうテングスケバ

自宅近くに発生ポイントがあると、通りかかるとついのぞいてしまう。いるとやはり撮ってしまう……同じ場所で同じカメラで同じように撮るので、画像も代わり映えしないのだが……とりあえず、その後に撮った画像の中から……。







スポンサーサイト



コメント

No title
虫見で歩くコースではなく、ふだんあまり注意していなかった市街地で偶然みつけました。おもしろくてキレイな虫だったので意外にテンションが上がって撮りまくってしまいました(笑)。
No title
こんにちは^^お久し振りですお元気ですか(*^-^*)

テングスケバは初めて見させていただきます。現物にはお目にかかったことは有りません。多分、見てたとしても…バッタの赤ちゃん位にしか見えませんね^^
綺麗な体と透けた羽は本当に美しいです。またお顔も天狗のように長い鼻?もユニークですね^^珍しい昆虫を見せていただきありがとうございます。ほかのミドリグンバイウンカも綺麗ですね^^体長が5㎜とは小さいのですね^^いつも何気に行動している私にはここまで見つけられません^^

星谷さんの素晴らしい観察力、解説、昆虫たちの写真にはいつも感心してしまいます

ナイス☆
No title
テングスケバはたしかに、ショウリョウバッタやオンブバッタのミニチュア──バッタの赤ちゃんぽくも見えますね。
ふだんよく通る道の脇に生えたクワだったのですが、これまでこんな虫がいるとは気づかずにいました。
小さな昆虫をみつけると「こんなところに、こんな世界があったのか」と、ちょっと未知なる世界の発見感のようなものがあって楽しいです。
No title
夏らしい透けた衣装ですね。
クワの木も今度は素通りできません。^^
楽しみながら観察してみます。
No title
小さな虫ですが、なかなかオシャレですよね。
これまで見たことが無かった、こんな昆虫が、より身近なところにいたとは……意外でした。
虫の多い森林ゾーンよりも市街地のひらけた明るい環境が逆に適している昆虫も、けっこういるのでしょうね。
No title
テングスケバ、いいですよね~。
一度会ったときに、やはりびよーんと逃げられてしまいました。
じっくり撮影してみたいですが、なかなか会えません。
クワの木、今度探してみようと思います!

天狗の鼻みたいのの先が口になっている気がしていたので
普通にその下から口吻が伸びている画像が、ちょっと衝撃でした!
No title
テングスケバ、イイですねぇ~。今回はじめて出会ったのですが、見た瞬間、テンションが上がって撮りまくってしまいました(笑)。

横からみるとバッタ顔っぽいんですが、ちゃんとストローのような口吻を持っているんですよね。
ユニークな突起状の鼻先は、茎にとまったとき、芽に見えるような擬態効果でもあるんですかね?

撮った中からマシな画像を選んでアップしてみたのですが……近くに生息場所があるので、通りかかると見てしまう……いると撮ってしまうので、その後撮れたOK画像を追加していきそうな予感がしています……。
No title
先日は、ありがとうございました~<(_ _)>
小さな虫でも・・・こんなに綺麗なんですね~
誰かが、絵具で描いたのかと思いましたよ~(^_-)-☆
私もこんな風に写したいけど・・・やはり、カメラですね~( 一一)
No title
小さな虫ですが、よくみると意外にキレイなカラーリングだったので、夢中になって撮ってしまいました。
昆虫の中には「よく、こんな鮮やかな色が出せたなぁ……」と感心するものも少なからずいて驚かされます。
キレイな色はなかなか写しきれないんですが……やっぱりカメラを向けたくなってしまいます。
No title
こんにちは。
・・・まるで、熱帯魚を想わせる縞模様を持った「テングスケバ」を一度観てみたい!とかねてから願っていますが、いまだ叶っておりません・・・。
上から観た姿も!横から観た姿も!・・・申し分なく!カッコイイですね~・・・!!!☆
「アオバハゴロモと並んだお写真」・・・ユニークですね!!!
・・・ジャンプ時の振動に対する(考察)にも感動しました!!
No title
エメラルドグリーンのストライプにトロピカルなものを感じますね。
熱帯地方のツノゼミやビワハゴロモには憧れていたので、「おっ! 日本にも(なんちゃって)ミニチュア版がいるではないか!」とテンションが上がり、撮影後も問題のクワの近くを通るたびに覗き込んでいます(笑)。

管理者のみに表示

トラックバック