FC2ブログ

宝石蜂ムツバセイボウ待機中

宝石蜂!?ムツバセイボウ待機中











メタリックな青緑に輝くセイボウの仲間はみな鮮やかなのだが、赤系が入ったムツバセイボウは特にカラフル。腹に入った金属光沢の模様が光の加減や見る角度によって紅金色~オレンジ色~黄金色に変化してグラデーションが美しい。
なので見かけるとカメラを向けたくなるのだが、なかなかおとなしく撮らせてくれないことが多い。前回(輝くミドリセイボウ)も宿主を探して巡回中だったため、まともに撮ることができなかった。
今回も前回と同じ場所でムツバセイボウをみつけたが、やはり巡回中(せわしなく撮影は困難)だった。「きょうも撮らせてもらえないだろうなぁ」とあまり期待せずに見守っていると、宿主のヤマトフタスジスズバチがもぐり込んでいった材の近くに降りて《待機モード》に入った。グルーミングを始めたので、そっと近づき撮ることができた。








この日はムツバセイボウがきていた材の近くにヤマトタマムシの姿もあった。


光沢のある美麗昆虫といえばヤマトタマムシが思い浮かぶが、セイボウの仲間も(小さいながら)とても美しい。ということで過去に撮った他のセイボウ↓


宝石蜂セイボウの生活史起源考?の画像より


スポンサーサイト



コメント

No title
セイボウは興味が尽きませんね。
先日擬木の上でグルーミングしているのを撮りました。
擬木の上で狙う物が有るのか気に成りました。
No title
素晴らし過ぎて(* ̄。 ̄*)ウットリンコ~です。
どうしてこんな風に素晴らしく撮れるのか・・・不思議ですね~。(*^O^*)
最近はちっとも出て来ません。
No title
>>市川さん

僕も以前、擬木でイラガセイボウを見たことがあります。撮っているときには気がつかなかったのですが、後で画像を確認したら翅が一部欠けていました。
故障等でうまく飛び立てない昆虫が擬木を登っている──ということはしばしばありますね。

欄干でセイボウを見ることはよくあって、手すりのジョイント部分に宿主の蜂が巣を作っていたりするので、擬木も接続部に隙間があるようなタイプだとそこに宿主が営巣している可能性もあるかもしれませんね。
No title
>>まあささん

光沢昆虫は実物の輝きを再現するのは難しいですが、なんとか「キレイ」な感じが写せないかと、何度も撮ってしまいます……。
とりあえずカメラ(OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough)にまかせて撮りまくって、マシなのを残す方式でやってます。NGも量産しているのでフィルムカメラではできない撮り方ですね。
No title
こんばんは。
・・・最近の記事のキラキラに輝くセイボウやタマムシの登場の多さに・・・(私、星谷さんの記事を観る際は、老眼鏡ではなく(笑)サングラスをかけた方がいいかな?と思う様になりました!)・・・
・・・こんな風に撮ってみたい!と想わせて頂ける(無理なんですけど)お写真を!愉しく拝見させて頂いてます・・・☆
No title
写真撮影には苦手意識があって、普段は「(言わんとする特徴が)判ればいい」程度の低いハードル意識で撮っているのですが……その特徴が「美しさ」にある昆虫に関しては、なんとかその特徴が判る画像を残したいと思ってしまいます……。
ウデはないので……解像度が良いのはカメラ(OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough)の性能のおがげです。自然光で撮っているので被写界深度が浅くて、なかなか全部にピントが合わないのですが……とりあえず色々撮って脳内深度合成(?)できるように(?)しています(笑)。

管理者のみに表示

トラックバック