FC2ブログ

ムツバセイボウふたたび

待機中のムツバセイボウ



前回()ムツバセイボウを観察した木材置き場で、ヤマトフタスジスズバチ(フタスジスズバチ)が飛んでいるのを確認。この蜂を宿主とするムツバセイボウがまた現れるのではないか──と注意してみると、やはりいた。
今回も狙いを定めたヤマトフタスジスズバチの巣の近くで待機するムツバセイボウを撮ることができた。
じつは他の場所でもムツバセイボウを見かけたことがあったのだが、この時はターゲットを探してせわしなく移動し続けていたので撮影することができなかった。
セイボウの撮影には、ターゲットを定め(その巣穴から)少し離れたところで待機している個体が適しているのかもしれない。












ムツバセイボウがチラッとのぞいただけで托卵せずにヤマトフタスジスズバチ(フタスジスズバチ)の巣穴(カミキリの脱出孔を利用)を離れたのは、まだ卵を産みつけるタイミングではないことを確認したためだろう。フタスジスズバチが我が子のためにたくわえるエサ(蛾の幼虫/これがムツバセイボウ幼虫の餌となる)の貯蔵量がまだ充分でなかったからかもしれないし、あるいは巣穴を塞ぐ前段階の《葉片を詰め込む作業》が始まるのを見きわめて卵を産みに入るのかもしれない(そのときに葉片を引っぱりだす?)。
ムツバセイボウはフタスジスズバチの巣穴から少し離れたところで待機しながらグルーミングを始めた。


寄生蜂にも寄生虫!?

宿主のヤマトフタスジスズバチ(フタスジスズバチ)が狩りや巣作りで忙しく働いている間に、のんびりと身繕い……と思いきや、撮影しているときは気づかなかったが、ムツバセイボウの体には小さなダニらしきものがいくつもついていた。これをおとすべく、脚を使って体をなでまわしたり翅をしごいていたのだろう。










このダニ(?)がムツバセイボウ(成虫)の外部寄生虫なのか、あるいは成虫にとりついて、巣穴へ入り込んで卵や幼虫に寄生するものなのか……そのあたりのことは判らないが、寄生蜂であるムツバセイボウも寄生虫には悩まされることがあるのか──と妙なところに感心した。
このあと、ムツバセイボウがどのタイミングで産卵しに入るのか~ヤマトフタスジスズバチの巣穴が塞がれるまで見届けたかったのだが……諸事情により現場を離れた。
今回撮影した画像の中で、不鮮明ながら「ムツバ(6個の刺状突起=六歯)」の写っていたものを↓。


セイボウ族は腹部第3節背板の後端に3~6個の刺状の突起をもつものが多く、ムツバセイボウはその名のとおり6歯を備えている。

翌日現場をのぞいてみると、ヤマトフタスジスズバチが作業中だった。


ムツバセイボウの姿はない。おそらくヤマトフタスジスズバチのスキをねらって産卵をすませて立ち去ったあとなのだろう。
フタスジスズバチの仕事っぷりを記録しようとカメラを向けたのだが……不用意に近づいてしまったため、母蜂に飛び去られてしまった。巣穴はすでに塞がれており、最後の仕上げをしていたところだったようだ。
普通ドロバチの仲間は、その名のとおり巣材に泥を使うが、ヤマトフタスジスズバチ(ドロバチ科)は葉片を使う。育室の間には葉片が詰め込まれ、仕切りは葉片を噛み砕いたものが使われるとか。最後の仕上げ──出入り口をふさぐさいにも噛み砕いた葉片が使われる。
塞がれた巣の中にヤマトフタスジスズバチが運んだ保存食(蛾の幼虫)とヤマトフタスジスズバチの卵、そしておそらくムツバセイボウが産みつけた卵が入っているのだろう。





※夏期のセイボウの発育は早くて、通常の全発育期間は15~20日ほどだそうだ。



スポンサーサイト



コメント

No title
こんにちわ^^

穴・・・すごいね!!いい画像だね!!ナイス・・・

いろんな虫がいるね!!すごいね^^
No title
虫食い孔や竹の筒などを利用して巣を作るハチはけっこういるようです。
それを更に利用する蜂がセイボウですが……虫の世界も複雑で多様ですね。
No title
こんばんは!
先日私も同じ場所で再度遭遇しました。今回は1匹しか見えなかったです。
それにしても星谷さんの画像は綺麗です。私はピンボケの山ですよ~。(>_<)
観察が行き届いていて自分が傍で見ているようです。♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪
No title
今回も細かく観察されていますね。
私は萱フキ屋根に来るムツバセイボウを狙いました。
忙しく動き回り連写の連続で見られる画像は1から2枚で惨敗でした。
次回はフタスジスズバチをを探してみます。ナイス
No title
まあささんも同じ場所で再会がありましたか。ムツバセイボウには猟場みたいなものがあるのかもしれませんね。
僕もボケたりブレたりのNG画像を量産しています。なのでとりあえずたくさん撮って「数撃ちゃ当る」方式でやってます。
No title
>>市川さん

セイボウの仲間は動き回っているうちはお手上げですね。僕も別の場所で見つけながら1枚も撮れなかった事がありました。
宿主のハチ(が営巣しているところ)を目安に探すのが効率的かもしれませんね。
No title
こんばんは。
・・・素晴らしい観察ですね~・・・
(私の様に、一度でいいのでセイボウの仲間に出会ってみたい・・・なんて・・・「笑わせるな!」です。)

・・・今回のドラマの登場虫・・・
カミキリ(の脱出孔)→フタスジスズバチ→ムツバセイボウ→ダニ
これらの絡み!繋がり!がドラマの展開にどんどん味を付けて行き!観察者!又、その発表に感心しながら見入ってしまう者の心を捉えて行く様が・・・目に浮かんできます・・・
最後は、スタンディングオベーションの渦・・・!!!
本当に、素晴らしい観察ですね・・・☆

六歯の写真・・・これまた驚き、感動致しました!!!
No title
本当は、フタスジスズバチが巣穴を塞ぐまで、じっくり腰を据えて観察していたかったのですが……ちょっと中途半端になってしまいました……。
ホントに虫たちは単独でもその姿がそれぞれ多様性を感じさせますが……「つながり」も色々興味深いですね。
カミキリも自分が出たあとの穴でこうしたドラマが展開されているとは思いもしないでしょう(笑)。
「ムツバ」の画像もキレイなショットが撮れれば……と思いつつ、なかなか理想的な光線・アングルが得られなくて……とりあえず、なんとかわかる画像を選んでみたしだいです。
No title
托卵はカッコーで知ったのですが、昆虫の世界では
こういうかかわりあいもあるのですね!

”利用する”というような概念は虫の世界ではないでしょうから、子孫をつなぐための本能として備わっているのだろうと考えるとおもしろいです、もしかして人間の中にも他人を利用することが本能として備わっている人もいたりして。^^

『生きる』の中身は謎だらけ!ですね。
No title
セイボウは英名で【cuckoo-wasps】(カッコウ蜂)とも呼ばれるそうです。
「擬態」も「寄生」「共生」も、ある意味「利用」といえるのでしょうが、こうした「本能」がどのように生まれてきたのかフシギですね。
生きものの世界は「食う・食われる」の関係に始まり、色々と関係し合い・影響しあってできている……ということなのでしょうが。
No title
cuckoo-wasps、
そうなんですか!

カッコーが英語でcuckooというのも知りませんでした。
ありがとうございます!(@^0^@)
No title
僕もカッコウが英語で「cuckoo」と言うのだということは、セイボウの記事で初めて知りました。
確かにカッコウがオオヨシキリの巣をうかがいスキを見て托卵するのに似ていますね。蜂版のカッコウというのは「なるほど」と感じました。
No title
うぅ~~~む、オイラも探しているのですが…見つけられません。
No title
僕が見たムツバセイボウは、材のあるところでターゲットを探していました。他のセイボウは欄干の手すりで見る事もあります(欄干の隙間に営巣する蜂に寄生していると思われます)。宿主のハチが営巣しているようなところを見つけることが発見率を高める手掛かりになるのかも。
また、みつけやすい時期というのもあるのかもしれませんね。
No title
ムツバセイボウはすでに羽脱していたらしく、その痕跡に気づいたので追記。
夏期のセイボウの発達は早くて、通常の全発育期間は15~20日ほどだそうだ。

管理者のみに表示

トラックバック