FC2ブログ

托卵の機会をうかがうムツバセイボウ

托卵の機会をうかがうムツバセイボウ



5月末、緑地の片隅に積まれていた木材でムツバセイボウに出会った。
こうした木材置き場にはカミキリやタマムシの仲間がいることがあるので、その姿をさがしていたところ、突然メタリックな輝きをはなつ緑色の蜂が目に飛び込んできた。
英名で【jewel wasps】(宝石蜂)と呼ばれるセイボウの仲間であることはすぐ判った。
セイボウの仲間は、カッコウ(鳥)がオオヨシキリの巣に托卵するように、カリバチなどの巣に侵入して卵を産みつける(イラガセイボウはイラガの繭に孔をあけて産卵)。他人(他鳥)の巣で孵ったカッコウがオオヨシキリの親が運ぶエサを食って育つように、孵化したセイボウの幼虫は、カリバチが我が子のために貯えたエサを食って育つ──そうした《労働寄生》の生態から英名では【cuckoo-wasps】(カッコウ蜂)とも呼ばれるそうだ(※セイボウには宿主の幼虫のみを食う《捕食寄生》の種もいるとか)。

そのセイボウが、なぜ木材置き場に来ていたのか?
木材にはカミキリなどがあけた穴があちこちに開いている。その穴を利用してカリバチが営巣しているようで、その巣を狙ってセイボウもやってきたのだろう。
じっさいにこの木材置き場では狩ってきた幼虫を抱えて飛ぶカリバチの姿もあった。

木材を物色するセイボウを見たとき、それがムツバセイボウで、木材の虫食い孔を利用して営巣するヤマトフタスジスズバチの巣を探しているのだろうと直感した。というのは、その少し前にまあささんのブログ記事で、ムツバセイボウが木材の虫食い孔にもぐり、葉片を引っ張り出すようすが紹介されているのを見ていたからだ。
はたして僕の目の前でも、ムツバセイボウが木材の穴にもぐりこんで葉片を引き出す行動が展開された。「ははぁ、これだったのか」と納得。ムツバセイボウの宿主であるヤマトフタスジスズバチは営巣するさいに育室の間を葉片で仕切るという。ムツバセイボウは、その仕切り(葉片)をとりのぞいていたのだろう。木材の下を見ると、ムツバセイボウが捨てたと見られる葉片が散乱していた。






このときは、カメラを警戒してかムツバセイボウは葉の廃棄作業の途中で飛び去ってしまった。ちなみにこの日はロクな画像が撮れなかった……(ムツバセイボウの動きが速すぎ……)。


後日、同じ場所へ行ってみると問題の虫食い孔は塞がれていた。ヤマトフタスジスズバチは営巣の仕上げに入り口を塞ぐらしいが、ムツバセイボウに寄生されても(気づかずに?)に営巣作業は最終行程まで続けられるのだろうか。


いずれにしてもムツバセイボウが産卵を終えていたのだとすると、もうここへは戻ってこないかもしれない……そう思っていたところ、近くの木材を物色するムツバセイボウを発見!


撮り始めて気がついたのだが、ムツバセイボウが止まった枝の先には穴が開いている──サビカミキリの脱出孔だろうか……ここに出入りするヤマトフタスジスズバチの姿も見られた。








ヤマトフタスジスズバチが飛び去った後にムツバセイボウがその孔にもぐる姿も見られた。このときは、あっという間に入ってすぐに出てきてしまったので、その瞬間は撮れなかった。すぐに出てきたのは、ヤマトフタスジスズバチが貯め込んだエサの貯蔵量がまだ不充分だったからかもしれない。エサの搬入待ちなのか、巣穴から少し離れた「定位置」にもどり、まったりと?グルーミングを始めたので、この日はその姿を撮ることができた。


「ムツバ」の由来である腹端の「六歯」も確認したかったのだが……今回撮影できた画像ではちょっと判りづらい。よ~く見ると右側に3つ「歯」があるようにも見えるが……(その下の黒っぽいのは「歯」ではなく腹の末端)。


グルーミング中は、ふだん見えない腹の背面がのぞくこともある。




この後、ムツバセイボウは、搬入待ちの間に他の産卵場所を探すためか、飛び去って見えなくなった。
翌日、問題の木材を確かめてみると、ムツバセイボウが狙いをつけていた巣穴──ヤマトフタスジスズバチが出入りしていた穴は塞がれていた。他にも周囲の虫食い孔に塞がれたものがいくつか見つかった。これらの何割がムツバセイボウの寄生を受けているのだろう。




実はこの日もムツバセイボウが木材を物色する姿が見られたのだが、動きがあわただしく、虫食い穴に反応しても一瞬のぞいただけでスルー(空き家だったのだろう)。一時もじっとしておらず、そのまま飛び去ったので撮影はできなかった。

※【追記】撮影した画像を整理していたら、ピントが甘い画像の中に、ムツバセイボウの特徴を示す腹部末端の突起(歯)がかろうじて写っているものがあった。ということで、不鮮明ながら追加画像↓。


ムツバセイボウはその名の通り「六歯」──6歯を備えているのだが、左半分に3歯(つまり左右あわせて6歯)あるのが、なんとかわかる。
『月刊むし』472号(2010年6月号)/(有)むし社・刊によれば、日本に生息するセイボウは38種だそうで、腹部末端の突起(歯)の数や形状も種類を見分けるポイントの1つ。
ちなみに、昨年【宝石蜂(jewel wasps)セイボウ】で撮影したミドリセイボウは5歯、クロバネセイボウは4歯、2009年にアップした【メタリックに輝く虹色のハチ】のツマアカセイボウは4歯。イラガセイボウ(イラガイツツバセイボウ)は5歯である。

木材に来ていた他の昆虫





カミキリの脱出孔はよく見かけるが、こうした穴を利用して営巣するカリバチや、さらにそこへやってくるセイボウがいるとは……自然は無駄無く有効活用されているものだなぁ……と実感した。


スポンサーサイト



コメント

No title
色も素敵に出ていますね~。羨まし過ぎます。(ノ_-。)
先日はオオミドリシジミを4年ぶりに撮りました。
いつも行く公園でも4年の間一度も見なかったです。
撮影場所は違いますが少ないのでしょうかね。
No title
最初に見た日はブレorボケのNG画像しか撮れなかったのですが、2回目は「搬入待ち」でグルーミングを始めてくれたおかげで、(アングル的に限られてしまいましたが)なんとか撮る事ができました。
それにしても、本当にキレイな蜂ですね。

オオミドリシジミはまだ見たことがありません。僕は地元の虫見コースを歩くだけなので、普通種でも出会った事が無い虫がけっこういたりします。
No title
こんばんは。
・・・ムツバセイボウとその詳細な生態の記録写真に・・・
ただただ・・・驚き!感激するばかりです・・・
姿・色彩の美しさだけではなく・・・
ユニークと言いましょうか、面白く興味深い生態をしてるんですね!
・・・虫!面白いです!!今年は、ハチの仲間の様々な生態に出会えるといいな~と思ってます。☆
No title
セイボウの仲間はとにかくキレイなのが多いですね。
一部を除いて多くがハチに寄生しているというのも興味深いですね。狩り蜂は寄生をしているわけだから、寄生する蜂に寄生する蜂──というフクザクな関係……。ハチも奥が深そうですね。
No title
始めまして、コメントが遅くなってすみませんでした。

ご訪問、コメントありがとうございます。

虫に詳しいんですね(^_^)ニコ

あの赤い虫は害はないのですね?

でも…ダニって名前が付いてるだけで嫌な気分ですが(笑)

教えていただきありがとうございました。
No title
詳しいわけではないのですが、興味を持って虫を見たりしています。
赤い虫──おそらくタカラダニの仲間ではないかと思うのですが、こちらでもよく見かけます。実害はないと思いますが、ベランダについたりするので嫌がられがちですね。
「タカラダニ」で検索すると色々な情報が得られると思います。
No title
動きの速いムツバセイボウを綺麗に撮られ観察は凄いです。
昨日古い萱吹き屋根に来ると聞き撮りに行きました。
1匹いましたが確認程度の画像しか撮れませんでした。
再度チャレンジしたいです。
No title
セイボウはキレイなので、カメラを向けたくなる虫ですが……動きが機敏で撮るのに苦労しますね。
今回のムツバセイボウも最初に見つけたときは動き回っていたのでブレたりボケたりした画像しか撮れませんでした。2回目はセイボウがターゲットを決めていたためか、その巣穴の近くでじっと監視(?)している時間があって、ようやくマトモに撮影する事ができました。
上手く撮れるかどうかは出会ったときのセイボウ次第……みたいなところがありますね。
No title
昆虫の生態のくわしいレポート、いつも楽しく読ませていただいています。今回も根気よく撮影されたようで、感服しました。
No title
美しいセイボウは、その姿だけでも撮りたくなりますが、たまたま宿主の巣を狙っているシーンにであったので、テンションが上がってしまいました(笑)。
タイミングを逃すと次にいつ見られるチャンスが訪れるかわからないので、こんなときは、つい力が入ってしまいます。
No title
撮影した画像を整理していたところ、ピントが甘いながらムツバセイボウの特徴を示す腹部末端の突起(歯)がかろうじて写っているものがあったので、その画像を追加。
No title
こんにちは。
ムツバセイボウのメタリックな姿、凄いですね。
また、生態も克明に観察、撮影されていますね。

ナイス!
No title
ありがとうございます。
セイボウの仲間は本当に美しいですね。ベーシックな緑~青の金属光沢だけでも充分に美しいのですが、ムツバセイボウのように赤系が混じる種だと、さらに鮮やかさが増すように感じます。
No title
ムツバの意味が分かりました。六歯の意味だったのですね。
考えも及ばず・・・とても参考になりました。
昆虫の世界も奥が深いんですね。(*^o^*)
No title
イラガセイボウはイラガイツツバセイボウとも呼ばれていて、僕も最初は「イツツバ」って何?──と不思議に思いました。
他にも、ミツバセイボウとかフタツバトゲセイボウ(これは小盾板の突起をさしているようです)なんていうセイボウもいるようです。
No title
セイボウの微妙な色合い、ここまで撮る
のは凄い技術ですネ!!
縞々模様がステキです。 「ナイス!」
No title
光沢昆虫ではなかなか美しさが表現できず凹みがちですが、今回は比較的キレイに撮れたので、珍しく(色合い的には)満足しています。
虫や条件によって画像の出来映えが安定しないので、腕ではなく……たまたまキレイに撮れたのはカメラの性能のおかげと思っています。

それにしても美しいモデルでした。もう少し希望のアングルで撮らせてくれれば言うことなしなんですけどね……。
No title
わーー、今回も濃いですね~~。
ムツバセイボウはきれいなので、会うと嬉しいのですが
とにかくいつもすぐに逃げられてしまいます。
なので、きれいに撮影されているだけでもすごいなーと思うのですが
さらにこんなに観察されていて、とても興味深かったです。
ムツバって、六歯から来ているのですね。
名前を付けるときに、そんなにマニアックなところに目をつけなくても
ニジイロセイボウとかでもよさそうなのに。。。
No title
ホントにセイボウの仲間は美しいので撮る気満々にさせられるけど……撮るのに苦労しますね。もうちょっと撮りやすければいいのですが……。

「ニジイロセイボウ」はイメージピッタリのネーミングですね。ツマアカセイボウも「ニジイロ」の候補として有力ですが。
セイボウの仲間は日本に38種類いるそうですが、パッと見、似たのもいるから見分ける目安の「歯」の数が名前に入れられたりしたのでしょうね。
ちなみに「6歯」持つものではタイワンセイボウとリュウキュウセイボウというのがあるようですが、本土ではムツバセイボウだけだったような……。

管理者のみに表示

トラックバック