FC2ブログ

5月下旬の昆虫2014





前の記事で蛹だった【ヒオドシチョウ】の成虫があちことで見られるようになった。少し前には蛹になる場所を探して徘徊する終齢幼虫や前蛹が目につき、そのうち擬木にぶら下がる蛹が増えたな……と思っていたら、もう羽化の時期……季節の展開の早さを実感する。
このチョウの和名を知った時、《翅を閉じているときには隠されている緋色の模様をいきなりひろげて敵を脅かし、敵がひるんだスキに逃げる》──それで「緋脅蝶」なのだろうと想像した。また逆に、飛んでいる時は目立つ緋色でひきつけておいて、止まったとたんにこれを隠すことで森の色彩(樹皮や枯葉の色)に溶け込み身を隠す効果もあるのだろう──そんなふうにも考えた。
しかし実際は、戦国時代の武具「緋縅(ひおどし)」というのが和名の由来らしい。
1枚目右の画像──蛹(抜け殻)のとなりに止まった成虫をみるとわかるが、ヒオドシチョウは一見、(6本脚であるはずの昆虫なのに)4本脚にみえる。タテハチョウの仲間は前脚が退化し小さくなってふだん畳まれているためだそうで、前脚は味を確かめる感覚器官として使われているらしい。





【テングチョウ】も画像のように、羽化して抜け殻(蛹)にとまっている個体をいくつか目にした。撮っている時は気がつかなかったのだが……蛹(抜け殻)にとまった成虫は4本脚に見えるのに、ワイヤーフェンスにとまった成虫の脚は6本見えている。タテハチョウの仲間は一見、4本脚にみえる──という認識でいたので、ちょっとビックリ。調べてみると、テングチョウの♀は6本脚でとまる(こともある?)らしい。

前回(初ウラナミアカシジミ&キアシドクガなど)、成虫の発生を確認したウラナミアカシジミだが、あちらこちらで見られるようになった。このチョウは後翅に突起があるが、とまっているときには後翅をこすりあわせるように動かし、この尾状突起を「触角」のように交互に上下させる行動が見られる。ウラナミアカシジミがとまっているのを見ていると、本物の触角よりも「触角のように動く」尾状突起に目がいってしまいがちだ。


尾状突起の付け根近くには「眼」のような黒い紋もある。疑似触角(?)や疑似眼(?)を思わせる行動やデザインから、ウラナミアカシジミは《後翅の先端を「偽の頭」に見せることで天敵の攻撃を頭部から逸らしているのではないか》という気がする。前回アップしたウラナミアカシジミ画像の2枚目の個体は、尾状突起の近くが少し欠けていたが、「偽の頭」を目がけて攻撃してきた鳥などがいたのかも知れない。天敵に頭部を狙われるよりは後翅先端を狙われた方が逃げ延びる可能性(生存率)は高まるはずだ。



狭山丘陵東京都側で【ホソオチョウ】の発生を確認。同じ場所で1カ月半まえにメスを確認した時(【ホソオチョウ2014春@東京】)は春の発生の最後だったのかもしれない。その後ホソオチョウは一端姿を消した。それが5月も終わりになってオスが飛んでいるのを見かけ、その後メスも確認。


飛来した♀は翅に痛みがあり尾状突起も片方欠けていた(↑)。舞い降りるとウマノスズクサの茎に卵を産みつけ始めた(画像)。ちなみに産み終わった後の画像を確認すると、この1カ所だけで56個の卵が写っていた(茎の裏側で写っていない卵も多数あるので実際の卵数はもっと多い)。
この発生ポイントは狭く、個体数も多くはないが、わずかなエリアに集中して生き延びているといった印象。アカボシゴマダラが瞬く間に拡散したのに対し、ホソオチョウは限定的なエリアで密度を高めることで繁殖率を高める戦略をとっているいるように感じる。食草(ウマノスズクサ)が同じジャコウアゲハとの競合を危惧する向きもあるようだが、両種の生存にとって影響が大きいのは、エサ資源の争奪戦もさることながら、寄生蜂などの天敵圧ということになるのではないだろうか。ホソオチョウは成虫も密度が高いし(密度の高いところに集まる?)、卵や幼虫も集中している。天敵の寄生虫(および病原体)にとっては増殖するのにうってつけの状況なわけで、ホストの密度が高まれば天敵は増え、寄生率が上がることでホストの生存率は低下する(その影響でホストが激減すれば寄生蜂も数を減らす)。
ホソオチョウの発生場所で寄生蜂が増えれば、その影響はジャコウアゲハにも及ぶ可能性がある。そうした影響の方がエサの争奪戦よりも深刻かもしれない。ただ、高密度集中型のホソオチョウに比べ、ジャコウアゲハの分散(産卵)傾向が大きかったとすれば、天敵圧の影響をより多く受けるのはホソオチョウの方で、その意味ではこの「競合」は長い目・広い目で見ればジャコウアゲハに分があるのではないか……という気もしないではない。
ところでホソオチョウは要注意外来生物であることから嫌われがちだが、個人的には「そこにいる昆虫」を観るとらえ方・生き物に対する興味に特段の違いは無い(在来種・外来種の違いで好き嫌を分ける事は無い)。移入種の放虫があったのだとすれば、それは憎むべき行為だが、昆虫自体を憎む気持ちにはなれない。外来種に関わるテーマについての懸念はまた別のところにあり、思う事は多いが語り出せば長くなるのでここでは割愛。



昭和の一時期、限られた地域で【ライポン】と呼ばれるハチを捕まえて遊ぶことが流行ったという。そのライポンこと【コマルハナバチ♂】が今年も見られるようになった(※刺さない蜂!?ライポン)。

冬の間は虫探しはもっぱら擬木ウォッチだったが、春以降、花や葉、枝を見る機会が増えてきた。カミキリは花にも来るし、葉にもつく。最近は枯れ枝で見る事も多い。


前々回【コブスジサビカミキリふたたび他】でもキイロトラカミキリの画像をアップしていたが、あまりキレイでなかったので、その後撮ったものを。このキイロトラカミキリはゴンズイの花に来ていた。
最近葉の裏を探したものといえば【シラハタリンゴカミキリ】。少し前の記事(ラミーカミキリ&シラハタリンゴカミキリ)では、まだ「なぜか東京都側でシラハタリンゴカミキリを見たことはない」と記していたが、その後ようやく東京都側でもこのカミキリを確認することができた。


実は確認したのは何匹かいたのだが、例によってすぐ飛ぶので証拠写真がなかなか撮れなかった。この画像もイマイチだが……これが東京都側で撮れた一番マシな画像だった……。
最近は枯れ枝でカミキリを見る事も多くなった。


このところ最も多く目にする【アトジロサビカミキリ】は枯れ枝につく。大きさもそこそこあるので(8~11mm)比較的見つけやすい。
じつは小さめのニイジマチビカミキリ(3.5~5mm)を撮りたいと思って、最近枯れ枝を探していた。以前使っていたデジカメでは小さすぎて撮るのが難しくスルーしがちだったのだが……この極小カミキリは模様がおもしろい。なので2月に入手したカメラ(OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough)でチャレンジしたいと考えていた。最近ようやく出てきたようで、クワの枯れ枝でみつけることができた。しかし、動き回って撮りづらい……。ギリギリ埼玉県側とギリギリ東京都側で何度か撮影のチャンスがあったのだが……今回は今ひとつ鮮明な画像が撮れなかった……。






「もう少し鮮明な画像が撮れないものか……」と枯れ枝ウォッチを続け、頭上にそれっぽい姿を見つけるが、とても手が届かない……。擬木の上に立ち、手を伸ばしてなんとか撮ってみたら……ヒシカミキリだった……。






枯れ枝につくカミキリはけっこう多い。


【シナノクロフカミキリ】も枯れ枝でみかける。今回は擬木でみつけたが【トガリシロオビサビカミキリ】も枯れ枝についていることが多い。




【トガリシロオビサビカミキリ】は地味だが、けっこう好きなカミキリだ。昔はカミキリというと、シロスジカミキリやゴマダラカミキリなどのイメージが強く、それらが「カミキリ」のイメージだった。虫見をするようになってサビカミキリの仲間を見て「こんなに小さなカミキリがいるのか!」とビックリしたが……カミキリ全体からいえばシロスジカミキリやゴマダラカミキリが「大きい」小数派だと改めて知った。しかし子どもの頃から頂いていた「カミキリ(らしさ)」のイメージは漠然と残っていて、ハナカミキリやトラカミキリよりもトガリシロオビサビカミキリの方が、しっかりカミキリしている感じがして王道(?)な気がするのである。

しばしばワイヤーフェンスにこのようにしがみついているのが【ハイイロヤハズカミキリ】(僕が肩甲骨カミキリと呼んでいる昆虫)。


自然の中ではこのくらいの太さの枝や笹にしがみついていれば目立たないのだろうが……人工物でこの色のワイヤーケージにとまっていると一目瞭然。
ハイイロヤハズカミキリ的にはこの太さのものにしがみついていれば安心(安定)なのだろう。自然の中ではそれが結果として隠蔽効果を生むことで、こうした習性が獲得されてきたのだろう。しかし本人(虫)は、隠蔽効果を自覚(?)しているわけではない──というのが「目立つワイヤーケージに平気でとまっている」ことからうかがえる気がする。

最近見た昆虫の中でおもしろいと感じたのは、(♂の)前脚がやたら長い【アシナガオニゾウムシ】だった。




【アシナガオニゾウムシ】は初めて見た気がするが、見つけたときは前脚の長さに驚いた。前脚が異様に長いのは♂だけらしい。前胸の形もなんだかユニークだ。正面から見た顔は「タヌキ耳のウマ」っぽくておもしろい。
アシナガオニゾウムシのぴっちり収納術

そして、5月下旬になって地上を徘徊する姿を見る頻度が高くなった【オオヒラタシデムシ】。ヒラタシデムシ類の《ひげ噛み行動》を確かめたくなった4月にはまだ目にすることが少なく、ヨツボシヒラタシデムシで確認することとなった(*)が、ここへきてようやくオオヒラタシデムシでも何例か《ひげ噛み行動》を確認で来た。


オスがメスの触角を噛むヨツボシヒラタシデムシの交尾
切られた触角の謎(妄想的予想仮説?)
《オスによる触角切り》予想・ふたたび

スポンサーサイト



コメント

No title
小さなカミキリを見つけたいです。
昨日は教えて頂き感謝感激です。
また宜しくお願いします。
こんなに綺麗に撮れる・・・カメラが良いのか腕が良いのか・・・
腕ですね。(*^O^*)
No title
趣味は畑違いなんですが、いつも中身が濃くてすばらしいです。
No title
色々撮られ検証されていて参考になります。
ピカピカのアカシジミなのに羽根に穴が開いたのを何度か見かけました。
尾状突起を目立てて鳥の攻撃をかわしたのかと思います。
No title
>>まあささん

キレイに撮れる事もありますが(カメラの性能が良い)、NGも多いです(腕が悪い)……。
まあささんが記事にされていたのと同じムツバセイボウも撮ったのですが……うまく撮れずガッカリでした……。
次はうまく撮りたいと思っています。
No title
>>白樺平さん

ちょっとゴチャゴチャし過ぎになりがちですが、おつき合いいただき、ありがとうございます。
No title
>>市川さん

アカシジミやウラナミアカシジミは鳥に襲われたと思われる欠ケがあるものも見かけますね。やはり尾状突起の陽動効果はありそうな気がします。
No title
いろいろ撮られましたね。参考にさせていただきます。
先日アップしたシリジロヒゲナガゾウムシはこちらのブログを見て名前がわかりました。ただズームで撮ったので画像が大きくならず残念でした。
No title
こんにちは。
・・・タテハチョウの仲間の翅の裏模様は、背景に溶け込む様な渋いものが多く・・・好みです!!!

ゼフィルスと呼ばれる美しい蝶のその輝きにも魅かれますが、アカシジミの仲間など後翅に触角を想わせる尾を持つものにも興味を感じます。目の悪い私には、後方と前方の見極めがつかず、迷う事間違いありませんから・・・
迷い!見落とす!と言いますと、今回紹介して下さいました多くの小さなカミキリ達!・・・たまりません!・・・ゾクゾクっときました
・・・極小なカミキリ達のチャーミングな姿にシビレッぱなしです!
この中のどれか一種にでも出会えたら嬉しいのですけど・・・
イメージトレーニングで!何とか・・・☆
No title
>>kenzさん

6月に入る前に5月下旬に撮ったものをアップしておこうと思い、ちょっとゴチャゴチャしてしまいました。
毎年、若葉の頃は植物の展開の早さに驚かされますが、GW前後から梅雨入り当りに欠けて昆虫の変化も劇的だと感じています。
No title
>>今日も、こっそり自然観察!さん

タテハチョウの翅の表と裏のギャップは感心しますね。鮮やかさと地味さの対極を持ち合わせているというか。

ニイジマチビカミキリはあまりよく撮れていなかったので、撮り直してきました。まだ整理していないのですが、近いうちにアップしたいと思っています。
No title
ニイジマチビカミキリはおしゃれですよね。
私は今年はまだ見れていませんが、好きなカミキリです。
シラハタリンゴカミキリは、星谷さんのところで見てから
スイカズラをじろじろして、先日見つかりました!
でも、ほんとにすぐ飛びますよね。泣
写真は撮れずだったので、またじろじろしてみます。
アシナガオニゾウムシの飛ぶ瞬間、超いいですね!
No title
ニイジマチビカミキリはオシャレですね。新しいカメラで撮ってみたいと思っていたのですが、最近ようやく見られるようになったのでチャレンジしてみました。が……この時はイマイチ……。再度チャレンジしたものを新たにアップしました。

シラハタリンゴカミキリ、見られて良かったですね。しかし、ホントによく飛びます……。僕も何度飛び去られたことか……。

アシナガオニゾウムシは今回初めて見ましたが、同じコースを歩いていてもまだまだ知らない虫はいるものだなぁ……と感じています。
No title
お初です。
蝶やカミキリの写真を沢山見せて頂きました。参考にさせて頂きます。

沖永良部はもうすぐ梅雨明けです。
私も虫達の写真を頑張って撮ろうと思います。
No title
沖永良部の昆虫たち……こちらでは見られない美しいものや珍しいものがたくさん見られるようでうらやましいです。

僕の方は身近なコースを歩きながら、スタンダードな?昆虫たちとの出会いを楽しんでいます。

管理者のみに表示

トラックバック