FC2ブログ

初ウラナミアカシジミ&キアシドクガなど

ウラナミアカシジミも出てきた@狭山丘陵

今季初のウラナミアカシジミ(成虫)を見た。先日、アカシジミを目にし、続いてウラナミアカシジミも現れるだろうと思っていたが……きょう2匹を確認。




ウラナミアカシジミは年1回(成虫が)発生する蝶で、その時期は手元の図鑑では6~8月となとっている(同じ図鑑でアカシジミ成虫の発生時期は5~7月と記されていた)。
今月上旬には擬木の上をさまようウラナミアカシジミ幼虫の姿を度々目にしていたが、気づけばもう成虫の時期……季節の変化は早い。

キアシドクガ純白の舞い

このところ続々と羽化していたキアシドクガも食植物ミズキの周辺を群れ飛ぶ姿を目にするようになった。その様子に気づいた人がときどき「あのチョウは何?」と不思議がっていることがあるが、蝶と誤認するのも無理はない。「ドクガ」の名前とは似つかわしくない、エレガントな蛾で、その「純白さ」はむしろ蝶以上という気もする。




純白のキアシドクガたちが緑のミズキのまわりを優雅に舞い飛ぶ光景は幻想的とさえいえる。漫画『とりぱん』の中で、とりのなん子氏が極小ツタンカーメンをイメージしたという蛹から出てきたにふさわしい蛾といえるかも知れない。
ちなみにキアシドクガは「ドクガ科」の蛾だが毒はない。脚が黄色いドクガ科の蛾なので、この名がついたのだろう。

チョウ・ガの変身/変化は劇的!?

ちょっと前によく見かけていたミッフィー顔の幼虫・ヒトツメカギバも、いつの間にか成虫が出ていた。



ヒオドシチョウの蛹もあちこちで目にするので、これも近いうちに成虫が見られることになるだろう。


このところ目にするチョウやガの幼齢の変化や蛹・成虫への変身はめまぐるしい──この時期、そう実感する。
以前記したことがあるが……【時間の加速感】はますます加速したように感じられる今日この頃……。

スポンサーサイト



コメント

No title
おはようございます。
・・・ウラナミアカシジミの独特の波模様は、面白く・・・美しく!ですね・・・。
ウラナミアカシジミやアカシジミの翅端の触角を想わせるお下げは、天敵から身を守るための何だかの戦略なのでしょうね???

愛らしかったミッフィーちゃんも大人に成ると、妖艶な姿に変身するんですね~・・・感慨深いです・・・。

・・・確かに、時間の加速感を感じます。それと共に、年齢的なものか・・・記憶力の低下も感じる本日此の頃です・・・☆
No title
「ウラナミアカシジミやアカシジミの翅端の触角を想わせるお下げ」はダミー触角なのだろうと想像しています。天敵に頭の位置を誤認させ、攻撃を頭部から逸らすことで逃げ延びるチャンスが増えるのではないかと。
このチョウは止まっている時に後翅をこすり合わせるように動かしたりしていますが、そうすることで「お下げ」が触角のように見えるんですよね。

加齢による記憶力の低下……「なかなか思い出せない」のは経験して貯えた記憶の量自体が増えたから、検索に時間がかかっているだけ──というハナシもあるようですね(笑)。
No title
もうウラナミアカシジミが見られたんですね。
此方でもモンシロチョウの様にキアシドクガが舞っていました。ナイス
No title
アカシジミが出たから、次はウラナミアカシジミか……と思っていたら葉の上に止まっていた1枚目の個体が目に飛び込んできました。緑の中にこの色は映えますね。
ヒオドシチョウの蛹も羽化後の抜け殻を見ました。テングチョウも羽化後で蛹(抜け殻)にとまっているのをいくつか見ました。
季節の展開を実感します。
No title
とりぱんの、ツタンカーメンのくだり、思い出しました。
蛹の抜け殻見てみたいです~。
中身の入った蛹はツタンカーメンぽくはないのでしょうか?

この間、気持ちの悪い蛹と幼虫がぶら下がってましたが
この写真を見ると、ヒオドシチョウかもと思いました。
ヒオドシチョウと思うと気持ち悪さが減少しました(^ ^;
No title
極小ツタンカーメンことキアシドクガの蛹は、羽化前は白っぽいんですよね。羽化後カラになると半透明になるので、それが見ようによっては黄金ぽく見えたりします。今、キアシドクガが発生しているミズキの周辺のフャンスや擬木ではたくさん抜け殻がぶら下がっています。
擬木の下にぶら下がっている蛹で次ぎに多いのはヒオドシチョウかも。少し前には蛹になる前に徘徊する終齢幼虫や前蛹の姿が目立ったから、noriさんが見たのはヒオドシチョウだったかもしれませんね。

不気味に感じていた謎の虫が、正体がわかると「な~んだ」と不気味さが解消・緩和されることはありますね。僕は子どもの頃、拾ったドングリから出てくる幼虫が気味悪かったのですが、大人になってそれがシギゾウムシの仲間だと知ってからは気味悪さが解消しました。

管理者のみに表示

トラックバック