FC2ブログ

ヨコヤマトラカミキリ・ペア

ヨコヤマトラカミキリの交尾





擬木の上をトラカミキリのペアがはいまわっている──と思ったら、ヨコヤマトラカミキリだった。ヨコヤマトラカミキリは毎年GWの前後に見られるカミキリだが、擬木ウォッチで目にする数は多くない。日に複数匹見たこともあるが、たいてい単独で単発。同時に2匹いるところを見たのは初めてだった。




オスを乗せたままメスはせわしなく動き回る。ときおり止まるが、すぐにまた動き出す……。
擬木上には、植物の穂のようなものも落ちていたりする。花粉がたまっているようなところもある。わざわざ擬木上の花粉をめざしてやってくるなんてことは無いかもしれないが、たまたま、花から落ちたりそんな場所にはいあがってきたカミキリが食餌を始める──なんてことは無いのだろうか?
そんな可能性を考えていたが、今回、撮影中に♀が穂らしきものを噛むシーンを見る事ができた。




ただ、わずかな時間だったので食餌をしようと物色したのか、苦しまぎれに?かみついただけなのか、よくわからなかった……。
ちなみに、ミズキが咲いている下にも花の残骸?や花粉?などがたまっている。




咲いている花に集まるケバエは路面にも散在している。落ちた残骸にも食用価値があるのなら、欄干や擬木上で花の残骸や穂をカミキリが食っていてもおかしくないのではないか?……こんな光景を見るとそんなことを考えてしまう。
こうした花の下の欄干や擬木には虫も多い。花から落ちて欄干を這い上がってくるものも多いのだろう。
ところでヨコヤマトラカミキリというと、体中心部のにぶい赤、白い「ハ」の字もようが印象的だ。このハの字もようは「アリやハチのくびれたウエストっぽく見せるデザイン」のような気がしないでもない。


周辺でよくみられるムネアカオオアリと、同日みられたミカドアリバチ♀。こうしたアリやハチに擬態しているのだろうか?


自然界では「黒・赤・黒」というカラーリングは意外に出やすいのかも知れない?

最近みかけたカミキリから



最近よく目にするトゲヒゲトラカミキリ↑。あちここちでペアで走り回っている。トゲヒゲトラカミキリとちょっと似ているトウキョウトラカミキリ↓。





前回ネタにしたシラケトラカミキリ↑。「しらけ鳥」の「しらけ」ではなく「白毛」が本来の名前の由来。

5月に入って急によくみるようになったヒシカミキリは体長3~5mm程度の小さなカミキリ。後翅が退化しているというハナシもあるようで……そういわれてみれば、飛ぶところは見たことが無い。飛び去ることはないが……せわしなく動き回るのでなかなかちゃんと撮ることができない。ようやくじっとしている個体をみつけ、そっと近づいて撮ると……右触角が欠けていた……。




やはり5月になって見るようになったキマダラカミキリ↓。


手元の図鑑では「キマダラカミキリ」だが、「キマダラヤマカミキリ」とか「キマダラミヤマカミキリ」とかの表記も見かける。触角も標準和名も長すぎると、ちょっとわずらわしい……。
そしても一番最近見たカミキリが↓。


シラホシカミキリは派手な色彩ではないが美しいカミキリ。時々出会うのだが、よく飛ぶので、たいてい満足のいく画像を撮らせてくれない……。

5月に入ってから見かけたカミキリの種類を思いつくまま記してみると……。
ヨコヤマトラカミキリ・トウキョウトラカミキリ・ヨツボシチビヒラタカミキリ・トゲヒゲトラカミキリ・シラケトラカミキリ・ヒメクロトラカミキリ・キイロトラカミキリ・ヒシカミキリ・ホタルカミキリ・キクスイカミキリ・ヒナルリハナカミキリ・キマダラカミキリ・ヒメヒゲナガカミキリ・ゴマフカミキリ・ナカジロサビカミキリ・アトモンサビカミキリ・シラホシカミキリ……くらいか?
これから更に増えてくるだろう。


スポンサーサイト



コメント

No title
沢山のカミキリに出会われていますね。
ヒメクロトラカミキリが路上の苔をかじっているのを見た事が有ります。
蟻に擬態しているのが多いですね。
ヒシカミキリを見てみたいです。ナイス
No title
GWあたりから、出会う種類・数が増えてきた感じです。
僕は虫屋ではないのでスイーピングをしないから、カミキリを見るのも擬木が多いのですが、花粉まみれの個体を見ると「やっぱり花に集まっているんだなぁ」と実感する事があります。

アリに擬態している虫って意外に多いかも知れませんね。ヒシカミキリも、ちょこまか歩く姿はちょっと見、アリに似ているような……。こちちらでは目が馴れてくるとけっこう見つかります。
No title
真似してカメラを持って公園に行ってみますが、こんなのには出くわしません!。

そして庭に巣食う、ダンゴ虫とワラジ虫とアリとナメクジ駆除に薬剤散布の人であります。
やつら、家に入ってくるわけではないので実害は無いのですが、賃料として小判の1枚も持って来ないので・・・。
No title
今回のカミキリは市街地の公園より森林方面が多いかも。
市街地では、カナメモチの植込みがある場所ではそろそろルリカミキリが発生するのではないかと、ひそかに期待しています。これもなかなか可愛らしいカミキリですよ。
No title
こんばんは。
・・・交尾まで!・・・とは行かなくとも、アリと見間違えてしまいそうなカミキリの仲間達に出会ってみたいです・・・
昔観たアニメでは、カブトムシがヒーローで、クワガタ、カミキリはたいがい悪役でしたが・・・(私、ニヒルな悪役にも魅かれてしまいます)その悪役のイメージがあるカミキリにも、小さくてアリに似た姿のものが居るとなると・・・泣ける程、この目で観てみたいです・・
上に登場したカミキリのお写真を拝見しながら、その想いが強く成りました!!!☆
No title
ヨコヤマトラカミキリは大きめのアリと間違えてもおかしくなさそうなサイズですが、ヒシカミキリはさらに小さめのアリに間違えそうなサイズです。目がなれてくるとそれとわかりますが、ちょっとまぎらわしいくらいです。

ヒシカミキリは動いているのにでくわすと、なかなか止まってくれず撮るのに苦労するので、じっとしている個体を見つけるのが理想なのですが……じっとしていると(小さいので)見つけづらいという……見かけるようになったわりにシャッターチャンスが難しい印象です。
No title
ヨコヤマトラカミキリ、今年もいましたか。
雌雄でだいぶ大きさが違いますね!
TTカミキリは、結局会えてないんですよ~(; ;
ぶらぶらアオムシをかわしつつ、また探してみようかな…。

ケバエは、かたっぱしからハエたたきしたいです。笑
シラケトラのテーマソング、しっかり私の耳に焼付きましたよ~。
No title
今回ヨコヤマトラカミキリ・ペアをみつけたのはこれまで見ていたエリアから1~2kmほど離れていたので(いないだろうと思っていたエリアだったので)、ちょっと驚きました。
ヨコヤマトラカミキリは、GWにカミキリ屋さんがミズキをすくってゲットするのも見ましたが、ケバエだらけのネットを見て「1匹のヨコヤマトラカミキリを得るには2千匹のケバエを掬わねばならぬ」──という格言が降りてきました(笑)。

管理者のみに表示

トラックバック