FC2ブログ

背中に【T】:TokyoToraカミキリ@東京

背中の【T】はトレードマーク:Tokyo Tora カミキリ



【トウキョウトラカミキリ】の《錨(いかり)模様》といわれる特徴的な模様を見ると「Tokyo Tora カミキリ」の頭文字=【T】を図案化したように見えてしまう。名前に「東京」がつく昆虫は意外に少ないのではないかと思うが……なおかつ頭文字【T】がきちんと(?)デザインされた虫は他にいないのではないだろうか?
分布は本州とされているようだが、「東京」とついているのだから、《東京産のトウキョウトラカミキリ》が「由緒正しい」感じがしないでもない。
トウキョウトラカミキリ──愛称で呼ぶなら「東京のトラさん」……ということで連想するのが、渥美清が演じた《フーテンの寅さん》。トウキョウトラカミキリにも《フーテン(2点)の紋》がついている。ゆえに【フーテンの寅カミキリ】──と密かに呼んでいるのは僕だけであろうか?


今年は4月に入ってから見かけるようになったトウキョウトラカミキリ。この春も何匹か見かけ、既に【キカイダーテントウ!?ほか】の中で画像をアップしているが、もようがキレイな個体を撮ったのであらためて載せてみたしだい。
特徴であるT字模様(錨型模様)のできばえ(明瞭さ)は個体によって差があるようだ。大きい個体の方が模様がクッキリ鮮明なことが多い気がする。




小さい個体は大きい個体に比べて模様がちょっと不鮮明になりがち?「イカリ・マーク(T字模様)」が翅鞘外縁の模様とつながっていることがある。




※【追記】その後みつけたやや大きめの個体の画像を追加↓






最近見かけたカミキリほか

4月も中旬になって、カミキリなど、見られる昆虫の種類も増えてきた。ということで、最近撮ったものから。


【ゴマフカミキリ】しばらくヘリグロチビコブカミキリやヨツボシチビヒラタカミキリなどを見てきたので、体長10~16mmというゴマフカミキリがでかく感じられた。ズングリした体型なので体長以上にボリュームを感じる。カミキリというと木を枯らす害虫のイメージでとらえられがちだが、ゴマフカミキリが食べるのは枯れ木だけだとか。枯れ木の分解に一役買って森林の健全化に貢献しているカミキリも多いのではなかろうか。



【ヒトオビアラゲカミキリ】ミズキの枯れ枝にいた。2匹いたがカメラを近づけると小さい方(♂?)が離れて行った。画像は大きい方なので、たぶん?♀。ミズキに花が咲くと色々なカミキリが集まってくるのだが、まだ開花していなかった。



【ヒナルリハナカミキリ】これもミズキの枯れ枝にいたのだが、動き回ってちゃんと撮れない……。クワハムシとよく間違えがちなハムシのようなカミキリ……と感じるのは僕だけであろうか?



【ヒメスギカミキリ】(汚れてはいるが)白いガードレールの上で黒っぽい虫を撮ろうとするとピントが合わない……。





【ヨツボシチビヒラタカミキリ】は何度もアップしているが(【小枝片的コブスジサビカキリほか早春の昆虫】の中でも触れている)……虫見コースのあちこちでポツリポツリと出会う。



カミキリではないが……【アオマダラタマムシ】もあらわれた。ヤマトタマムシ?ウバタマムシに比べると小振りだが、キレイなタマムシ。





シリジロヒゲナガゾウムシ】の♂が出ていた。ユニークなヘラ状の触角が♂では特に発達していて目を引く。尻が白っぽく見えることが「シリジロ」の由来なのだろうが、同じように尻が白い虫に「オジロアシナガゾウムシ」なんてのもいて「尻白…尾白……どっちだっけ?」と、ちょっとまぎらわしい。「カオジロヒゲナガゾウムシ」なんてのもいる。


スポンサーサイト



コメント

No title
いつもながら中身の濃い虫たちですネ!! 「ナイス!」
No title
たくさん出ましたね~。
タマムシは撮ってみたいです。早いですね。
No title
>>東北の温泉バカさん

今年のトウキョウトラカミキリをアップしようと思ったのですが、ついでに色々載せてしまいました。
No title
>>まあささん

4月も中旬になって常連がいろいろ見られるようになってきました。
アオマダラタマムシもこちらではこの頃から見られる虫の1つですが、シブくてキレイなタマムシですね。
No title
やっぱりタイガースの「T」じゃないですか?
ナイスです。
No title
これで「ハンシントラカミキリ」だったら「タイガース」の「T」で決まりですね(笑)。
オオサカとかハンシンの名前がついた虫で「T」の模様があるのがいたら面白いんですが……。
No title
こんばんは。
・・・笑いながら、愉しみながらカミキリの仲間等を拝見させて頂きました・・・
素晴らしい出会いがあるんですね~いつもながら驚いてます!!
長い虫の名前の覚え方の参考書ができそうで・・・実に愉快ですね!
余談ですが・・・カープのCの字もお願い致します・・・☆
No title
昆虫学的な興味とはまた別のものですが……こんな楽しみ方(?)もあるということで。
そんなわけで、トウキョウトラカミキリは模様をみれば名前が浮かびますが、昆虫の名前はなかなか覚えられず、シーズンがくるたびに「ええと、これ何ていったっけ?」とやっています。
カープのC……「C」を持つ昆虫もいそうですね。
No title
きょう撮影したトウキョウトラカミキリの画像を追加。
No title
私も2005~2009年の間大阪に住んでましたので阪神タイガースに愛着があります。
これからは個人的にハンシントラカミキリと呼ぶことにします。
その前に一度見つけないと・・・(笑)
それにしても毎回毎回羨ましい写真の連続です。
これからも参考にさせていただきます。
No title
そう思って見ると確かに阪神タイガースの「T」にも見えてきますね。
20日は「えごのき橋」あたり?で欄干をのぞきこみながら歩く人とすれ違い、ひょっとしたら、この人がジダンさんだったりして?──と一瞬思ったりもしのですが……そのあと西武ドームの裏あたりでみつけたのが追加したトウキョウトラカミキリでした。
No title
トウキョウトラカミキリは面白いですね。絶対見つけたいと思います。あの棍棒のような触覚の持ち主は、シリジロヒゲナガゾウムシというんですね。去年初めて見てびっくりしました。撮影には失敗したので、今年はリベンジに行きたいと思います。同じ場所にいてくれるといいのですが。
No title
トウキョウトラカミキリは、狭山丘陵では最も早く見られるトラカミキリという印象があります。こちらでは5月くらいまで見られる感じですが、出会えると良いですね。
シリジロヒゲナガゾウムシの「棍棒のような触覚」はなかなかユニークですよね。
最近は温かくなって出会える虫も増えてきたのですが、活発で良く動きよく飛ぶものも多くて、撮影に失敗する事も増えてきました……。虫の撮影は難しいですね……。

管理者のみに表示

トラックバック