FC2ブログ

狭山丘陵のビッグフット!?~大雪でわかったこと~

記録的大雪

今年、東京は立て続けに大雪に見舞われた。
2月8日の雪は東京で45年ぶり、2月14日の雪は関東甲信で観測史上1位となったらしい。2月15日朝、自宅(東京)前で積もった雪の深さを測ってみると55cmもあった。


大雪のあとに虫見で歩く狭山丘陵へ行ってみると、遊歩道はすっかり雪に埋まっていて歩くのさえままならない。まるで冷凍怪獣ペギラが来襲したかのようだ。




積雪でおおわれてしまうと、目につく虫の姿は少なくなる。しかし、そんな状況でも野外観察はできないではない。雪上に残された動物の足跡や糞などをたよりにどんな種類の生き物がどのような行動をしたかを読み解く《アニマルトラッキング》というのがある。雪面を本のページに例えると、動物の足跡などの痕跡はそこでくりひろげられていた生き物たちの物語を綴った文字──というわけだ。


※以前飼っていたフェレット(野生動物ではなく家畜)の散歩画像。

アニマルトラッキングで雪男の足跡!?

一見なにもいないように見えるフィールドでも、積雪によってわかることはある──ということで……雪上にそれまで見たことも無い巨大な足跡を発見! あきらかに二足歩行で移動していたことがうかがえる──これは、もしや未確認動物ビッグフット(雪男)の足跡ではあるまいか!? ベギラでなくてもビックリだ。


元旦の記事【謹賀新年2014・UMA年】に、「干支にちなんでUMAをみつけよう」などと記していたが、UMA(Unidentified Mysterious Animal/謎の未確認動物)の代表格・ビッグフットの存在を示す証拠をみつけてしまったのか!? 『ビッグフット 狭山丘陵に生息か!?』──大スクープの見出しが脳裏に浮かんだ──。
──というのは、もちろんジョーク。
足跡は雪上歩行用に接地面積を広くとったスノーシューというのもの跡らしい。こんな痕跡を見たのは生まれて初めて──それにしても、東京でこんなものを見るとは……。

大雪でわかったこと

ビッグフット(雪男)の足跡はジョークだが、今回の大雪によって気づいたことがある。擬木のまわりでは雪融けが進む──ということだ。雪国の人たちには珍しくもない光景だろうが……ちょっと面白いと感じた。


雪解けのすすみぐあいから察するに【擬木は周囲より温度が上がりやすい】ようだ。冬の浅い角度の日光を比較的広い面積で受けとめることで暖まるのだろう。黒っぽい色も光(熱)の吸収に一役買っているに違いない。
擬木のすきまで越冬している昆虫もいるし、冬でも外温性(変温動物)の昆虫がよく見られるのもあらためて納得。






春や秋には擬木の上で日光浴するヘビやトカゲ・ヤモリなどの姿も。



【温度が上がりやすい擬木】に気温の低い冬でも活動している昆虫が集まる──ということは、そうした昆虫は「寒さを好んで冬に活動しているわけではない」のだろう。寒い場所が好きなら、もっと他にも適した場所がありそうなものだ。


冬に活動しているヘリグロチビコブカミキリが見られる場所は、虫見コースのうち、雪融けが遅いエリア──寒いエリアの擬木や欄干であることに気がついた。雪融けが進みがちな暖かいエリアではまだこのカミキリを見たことが無い。
周囲より暖かくなりがちな擬木にいるのは、寒さを嫌ってのことのようにも思えるが、しかし暖かいエリアでは見たことが無い──このことは、「ヘリグロチビコブカミキリ的にはより暖かいスポットを好むものの、暖かいエリアより寒いエリアでの生存率が高い」ということを示しているのではないだろうか?
例えばヘリグロチビコブカミキリが、ある種の寄生虫や病原体などに弱く、この寄生虫や病原体の耐寒性がヘリグロチビコブカミキリよりわずかに低かったとしたら……こうした天敵から逃れうる寒いエリアで活動しているものが生き残ってきたという解釈もできそうな気がする……。
これは僕の少ない観察例からの想像で、あまりアテにはならないが……。

真偽の程とは別に、そんなことを考えながら、雪に覆われたコースをヘロヘロになって歩いてきたのであった。

スポンサーサイト



コメント

No title
ヘリグロチビコブカミキリを見てみたいので雪の残った擬木を探してみます。
No title
見つかるといいですね。去年は3月まで見ているので、今は見られる確率が高いのではないかと思っているのですが……今回の大雪でなかなか自由にコースを歩くことができず、早く雪が溶けてほしいと願っています。
雪の中を歩くのが思いのほかしんどいことを、今回初めて知りました……。
No title
東京周辺でもこんなにすごいのですね。
こちらでも山へ行く時はスノーシューなどはよく使っていますので大きな足跡の観察はときどきできますね。
偽木だけではなく、樹木の周りからも雪解けが進んで円形を描くのでこの後も楽しめそうですね。
No title
初めて見る足跡──最初はかんじきを思い浮かべましたが、スノーシューというのがあるのですね。東京でこんな足跡に遭遇するとは……ビックリしました。

木の周りから雪融けが進んでいるのも気がつきました。木の幹や根元の落ち葉の下などで昆虫が越冬するのもうなずけるなぁ……などと感心しています。
No title
東京で55センチとは凄いですね。
運輸機関もかなり影響が出ているようで、Amzonで購入した本が発送から一週間経過しているのに届きません・・・。
ナイスです。
No title
県境に近いとはいえ東京の市街地で55cmは想定外の積雪でした。
今回の大雪では各地で輸送機関に影響が出たでしょうね。
これだけ積もってしまうと、残った雪が融けるのにも想定外の時間がかかりそうで……ちょっとテンション下がり気味です。

管理者のみに表示

トラックバック