FC2ブログ

ラミーカミキリ/オスとメスの違い

タキシード姿のキョンシー!?



タキシード姿のキョンシーのような模様がなんともユニークなラミーカミキリ。「礼服を着たガチャピン虫」としてテレビ番組で紹介されたこともあったらしい。昆虫に興味が無い人のブログにもしばしば登場している。


僕が初めてラミーカミキリを見たのは2005年、奥多摩でだった。当時、ラミーカミキリの分布は主に西日本で、関東では珍しかった(という認識でいた)。それが奥多摩でたまたま見かけ、そのまま別れるのか名残惜しく、3匹程つれ帰って飼育してみたりもした。

それが昨年(2012年)になって初めて東京郊外の自宅近くででラミーカミキリが発生しているのを確認(*)。今年も同じ場所で発生しているのを先日確かめることができた。カラムシの薮は去年よりも多くのラミーカミキリでにぎわっていた。








黒と白の配色デザインがなんともユニークなカミキリだが、これは黒地のボディの表面に白いコーティング(微毛?)がほどこされているもののようだ。白い部分がブルーがかってみえる個体もいるが、これは黒地が微妙に透けているためだろう。
2005年に飼育していたラミーカミキリは、飼育ケースの中で飛んでは壁にぶつかり床に落ちたりしているうちに、白いもようが剥げて、しだいに黒くなっていった。


個体によって顔が白いのと黒いものがいることは知っていたが、この配色の違いも、羽脱してからコーティングがかすれることによって起こる変化だろうと思い込んでいた。


配色の違いはオスとメスの違い?

しかし最近、近所で発生しているラミーカミキリを見ているうちに、模様にかすれがない新鮮な個体でも配色の違いがあることに気がついた。どうやら配色の違いは♂と♀の違いらしいと今さらながら思い至った。












撮影した画像を見比べて、顔や前胸腹側にみられる配色の違いは♂・♀の違いだろう──と今は思っている。「白顔→オス」「黒顔→メス」という判断で、どうだろう?
しかし、何度見てもこのデザインはおもしろい。




追記:ムクゲでも見られたラミーカミキリ









スポンサーサイト



コメント

No title
こんにちは、当方はブログタイトルにカミキリを入れているのに、このラミーを直接見たことがありません。凄く綺麗ですね。♀とこんなに違うとは知りませんでした。あと確かにタキシード姿のキョンシーだ^^ゞ。
No title
カミキリは……他の昆虫もそうなのでしょうが、普通種と言われるものでも、見ない所では全然見ないし……発生場所との格差がけっこう大きい感じもしますね。

ラミーカミキリは生息域を広げているようなので、そちらでもいずれ見られるようになるかも?
No title
ラミーカミキリのカップルの
上にのってるちっちゃな雄の
色がブルーで下のおおきめの
メスが白かったので・・・・
やはりそうだったのか~(゜゜)
と納得です。

とても参考になりました(^^)/☆
No title
こちらでは、去年から発生を確認していますが……ラミーカミキリは、出会えるとラッキーな感じがしますね。
ブルーがかった個体の美しさも、ちょっと独特の味わいがあると思います。

管理者のみに表示

トラックバック