FC2ブログ

この冬みられた冬尺蛾

この冬みられたフユシャク

フユシャク(冬にのみ出現し、♀は翅が退化して飛ぶ事ができないユニークな蛾)も時期によって顔ぶれが移り変わり、そのつどブログのネタにしてきた。しかし、そろそろフユシャクの時期も終わりっぽい……ということで、バラバラにあげてきた種類を今季分(2012年12月~2013年3月)まとめておくことにした。
僕が目にしたフユシャクのうち名前がわかるものをまとめたつもりだが、同定にはあまり自信が無く、わかる種類は少ない……。



フユシャクの婚礼ダンス※クロスジフユエダシャク♀の見つけ方









フユシャク探し※イチモジフユナミシャク 他



フユシャクの口※シロフフユエダシャク



ユキヒョウ的フユシャク※シモフリトゲエダシャク
雪豹フユシャクふたたび※シモフリトゲエダシャク








フユシャクの交尾・産卵・卵

この冬みられなかったフユシャク

前の冬にみられたが、今季は残念ながら、見られずに終わりそうだ……。


ゼフィルス的フユシャク!?※フチグロトゲエダシャク

フユシャク♀カウンター

冬はフユシャク──とくに翅が退化したユニークな♀を見るのが定番になっているが、見かけた数をカウントすることはあまりしてこなかった。今年2月にふと思い立ってカウンターを使って、その日見かけたフユシャク♀を数えてみるにしたところ……2月には最高で36匹。3月の上旬には40匹を数えた日もあった(死骸はのぞく)。フユシャク♀カウンター導入以前の数は正確には判らないが、少なく見積もっても今季見た♀の累計が500匹を下回ることはないだろう。ただ、種類についてはよくわからないものも少なくなかった。




スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック