FC2ブログ

寒椿とセミの抜け殻~冬と夏のコラボ!?

今年最後のスクープ画像!?

2012年は季節実感がなんだかおかしな年だった気がする。
ということで、今年最後──12月31日に撮った画像は──。

なんと寒椿の花で羽化したセミ!?──というのはイタズラ(仕込んだ画像)で、実は過去に見た写真の再現画像。
以前こんな画像──ツバキだったかサザンカだったか──冬に開花した花に蝉の抜け殻がついている画像をネット上で見たことがあった。投稿者はその光景を見て「冬に(開花した花にとまって)羽化したセミがいる!」と大いに驚いたらしい。
状況からすると「誰かがセミの抜け殻を花に乗せたのだろう」──そう考えるのが自然だが、その投稿者は「夏に発生したセミの抜け殻が冬まで残っているわけがない」と思い込んでいたため、人為的なイタズラの可能性には思い至らなかったようだ。
しかし、実のところ年を越しても残ってる蝉の抜け殻は珍しくない。だから、そんな抜け殻をみつけた人がイタズラで冬咲いた花に置いてみたとしてもおかしくはない。そして実際に人為的にこんな画像は撮れる──ということを示すために「再現画像」をつくってみたしだい。


ところで、セミの抜け殻を「さなぎ」だと思っている人は意外なことに少なくないようだ。セミは不完全変態の昆虫なのでサナギを経ずに幼虫から成虫へ脱皮(羽化)する。
なのに「さなぎ」だと誤認されるのは、普通の(?)幼虫の脱皮と違い、脱いだ後も抜け殻の形がしっかり保たれたまま残る──この感じが蛹っぽいイメージで認識されるからかもしれない。

今の時期に気がつくセミの抜け殻

このあたりでは12月の後半になるとフユシャクのひとつ──イチモジフユナミシャクが見られるようになる。この♀は苔むした桜の幹をさがすとよくみつかるので、この時期には桜の幹を注意して見て歩くようになる。すると、それまで気づかなかったセミの抜け殻が目に入るようになり、冬になって「意外にセミの抜け殻は残っているものだな」と再認識することになるわけである。


※今回は仕込みネタなので[昆虫など]書庫(カテゴリー)ではなく[冗区]書庫でアップ

追記:フユシャク探しで見つかるフユシャクでないもの

2013.1.6にアップした【フユシャク探し】の記事の最後に入れるつもりでいたのだが……画像が多くなりすぎたので、こちらに追記することにした。



イチモジフユナミシャク探しで桜の幹をみていくといろんなものがみつかる。ウバタマムシは冬にも日当りの良い場所にで見かけることがある。ヤマトタマムシのメスだと誤解される事があるようだが別の種類。ヤマトタマムシを見かけるのは夏だが、ウバタマムシは1年中見かける気がする。
イチモジフユナミシャク探しを始めて、セミの抜け殻は珍しい物ではなくなったが……これ↓にはちょっと驚いた。


1月にセミ!? さすがに死んでいることはすぐ判ったが──それにしてもこの時期に見るとビックリする。
屋内ならいざしらず、現場は思い切り屋外の桜並木。いつからそこにあるのか……雨風にさらされ、よくぞ落ちずに残ったものである。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック