FC2ブログ

10月のセミと桜

秋空にひびくセミの声&桜の花

10月も三分の一が過ぎ日差しも秋めいてきたが、東京のはずれでは、まだツクツクボウシとアブラゼミ鳴いている(ツクツクボウシの方が多くアブラゼミは少ない)。


画像↑は今日鳴いていたアブラゼミ。鳴き声をたどって見上げると、土手の斜面に植えられたハナミズキの幹に止まっている姿が見えた。土手を登ってよく見える位置から撮影。

その近くの桜並木では南方系の外来種キマダラカメムシ成虫があちこちで見られた。


Wikipediaによると、東京で確認されたのは2010年とのこと。僕が初めて見たのは2011年だった。※キマダラカメムシ東京進出/他

さらにその近くで、桜が開花していた。他の(花が開花していない)桜にはまだ葉がついているが、開花した桜の枝は丸裸に近い。


葉が落ちた事で(冬が過ぎたと勘違いして?)開花時期を間違えて咲いたものだと思って昨年はこんな記事(季節外れの桜:開花させた犯人は!?)をアッブしていたが……もしかしてもともと年に2度咲く品種?

「セミ→夏」「桜の花→春」というイメージがあるので、なんだか季節感が混乱する。今年は特に体感的にも季節が後ろにズレ込んでいるような気がして季節の実感が今ひとつしっくりこない……。

【追記】セミ:最終確認の鳴き声と姿

10月下旬になってもセミの姿があったので追記


※今年のセミの鳴き声の最終確認は2012年10月15日(アブラゼミとツクツクボウシ)だった。
※2005年の記録……10月20日にアブラゼミとツクツクボウシの鳴き声を確認。10月21日にアブラゼミの鳴き声を確認。

スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック