FC2ブログ

空飛ぶサソリ天狗虫!?

空飛ぶサソリか天狗ハサミムシか!?



猛獣ラーテルを倒したUMA(未確認謎生物)──というのはウソで、毛虫の死体のそばにいたヤマトシリアゲ。この昆虫は死んだ昆虫の体液などを吸う。


オスは腹端にハサミムシを思わせるハサミのような器官をもつ(メスの腹端は細くなっている)、このハサミはオス同士の戦いや交尾でメスをつかむのに使われる。
腹端をくるっと反らせて持ち上げている姿が特徴的だが、このポーズが名前の「シリアゲ(尻揚げ)」の由来らしい。


初めてこの虫を見たとき、ハサミムシとサソリを組み合わせて翅をつけ、天狗の鼻あるいはトキのクチバシを思わせる長い口吻を持った風変わりにしてカッコイイ昆虫──と思った。




オスが腹端のハサミをくるんと反らすように持ち上げた姿を見たときはサソリを連想した。その後、英語圏ではシリアゲムシのことを【scorpion(サソリ)fly】と呼ぶと知り、納得。



こちらはヤマトシリアゲ夏型のメス。


モンクロシャチホコ幼虫の死骸にひかれてやってきたようだ。




【追記】「吸う」と記したが、口器の先端は咀嚼型の構造になっているらしい。

プレゼント婚

オスは獲物(虫の死骸なと)をみつけると、その場に陣取ってメスを待つ。オスが単独で死骸に口吻を突き刺しているところを見た事があるが、食餌のさいにもしかして消化酵素のようなものを注入しているのだとしたら、メスを待つ間、獲物を熟成させる(?)というような意味もあるのだろうか?
オスはメスがやってくると獲物を与え食餌をさせて、そのスキに(?)交尾をする。






ヤマトシリアゲ・2タイプの体色





一見してわかるように5~6月頃に出現する春型成虫は黒く、7~9月頃に出現する夏型成虫は黄色っぽくなる。このため昔は別種だと思われており、夏型はその体色からベッコウシリアゲとよばれていたそうだ。
体色が変わることにどんな意味があるのかはわからないが……季節によってまとう色を変えるなんて、ちょっとオシャレな感じがしないでもない。


5月下旬に撮った♂同士の闘い(↑)。左の♀をめぐってか、2匹の♂が腹端のハサミを使って激しく争っていた。

ヤマトシリアゲ余談

ハサミムシのハサミ・サソリのような尾・天狗のような顔・しかも飛ぶための翅を持っている──初めてヤマトシリアゲを見たとき、様々な魅力をあわせ持つ不思議な昆虫に思えた。
ハサミムシのサハミはカッコイイ──クワガタの大あごのような魅力がある。
サソリも巻き上げた毒針がカッコイ。
強力な武器である毒針はカッコイイが、単に刺すだけの「毒針」より「ハサミ」の方がメカニカルでよりカッコイイ!(と僕は感じる)
だから腹から腹端にかけての構造はハサミムシやサソリよりもシリアゲムシ♂の方がカッコイイ!──ということになる。

まだシリアゲムシを知らなかった頃、SF童話として書いた作品に登場する宇宙生物をこんな形に想像して描きとめていたラクガキがある。


まだ昆虫の事をあまり知らなかった頃の絵なのでオカシなトコロがあるが……とりあえずハサミムシのようなハサミを持つサソリ型の尾があったらカッコイイだろうと想像してのデザインだった。当時はこんな尾を持つ昆虫が実際に存在しているとは夢にも思わなかった。

しかも実在していたヤマトシリアゲは飛ぶ事ができるというのがまた良い。ハサミムシには飛べるものもいるというがサソリは飛べない……飛べない人間にとって飛行能力は魅力である。

さらに余談になるが……子どものころ『鉄人28号』というアニメが放送され、たちまちこのロボットのカッコ良さにハマった。「鉄人のカッコ良さは完璧だ!」と熱くなっていたが、敵ロボット・バッカスの登場に驚いた。当初、鉄人には飛行機能が備わっていなかったのだが、バッカスはなんと飛ぶことができたのだ。「カッコ良い鉄人に、あと飛ぶ能力があったら、本当に完璧なのに……」と子ども心に悔しく思ったことが記憶に残っている。ちなみに、その後、鉄人にもロケットエンジンが装着され飛ぶ事ができるようになり、それがとても嬉しかった。
そんな思いもあったので、カッコ良くてしかも飛べる──というのは僕の中で「スゴイぞポイント」が高いのである。

昆虫は見る人によって好き嫌いが大きく別れる生き物だと思う。その中でも種類によってその格差は大きい。
ヤマトシリアゲも僕にはカッコ良く見えるが、人によっては不快度が高い虫なのかもしれない……。

スポンサーサイト



コメント

No title
うげ!こんな映画「ミスト」に出てくるようなのが実際に生息しているとは・・・。

条件反射的には、鉄人28号のジョウロ(飛翔形状で、両手グーの各指関節先から水が出る)をお風呂のオモチャとして与えられていた記憶があるのだが、いつの間にかその存在記憶が消えている。
壊れて捨てられたということは無いと思うのだけれど、あの鉄人28号はドコにいってしまっただろう・・・。
今、持っていれば良い値段で・・・(笑)
No title
こんな感じのキャラがでてくる映画がありましたか。
実際、映画にそのままのデザインで(大きさだけ変えて)出しても画になるような昆虫は少なからず存在しますね。自然界の多様性のスゴさは人間の想像力を超えているということなのかもしれませんが。

鉄人28号は当時、衝撃的でしたね。ブリキのオモチャなども、けっこうあったような……。
No title
「ミスト」はスティーブンキングですので、推して知るべし・・・ですが、
観る価値は多分にあると思われます。
#5年ほど前の作品かな。

鉄人28号も実写版のへっぽこさ加減には呆れますがwww。
No title
キングが原作ですか。こんどレンタルDVD店に行ったら探してみようかと思います。

鉄人28号、アニメの前に実写版があったことは後に知りましたが……アトムにしろ鉄人にしろ、当時の実写版は、ちょっとツライものがありますね。
最近の映画版は見ていません。造形や映像技術はだいぶ進化していると思いますが……昔の人気番組のリメイク版は失敗作が多いような気がしいてます。
No title
※【プレゼント婚】を加筆し、画像を差し替え&追加しました。

管理者のみに表示

トラックバック