FC2ブログ

なんちゃってフユシャク?

なんちゃってフユシャク!?メスコバネマルハキバガ

前の記事でもネタにした【フユシャク】は冬に成虫が出現するシャクガ科の蛾の総称。3つの亜科(フユシャク亜科・ナミシャク亜科・エダシャク亜科)にまたがり35種ほどいるらしい。メスは翅が退化しオスとはだいぶ様相が異なるという特徴がある。
そのフユシャクに間違えそうな蛾がいる。昨日ペアでいるところを見つけた。






メスコバネマルハキバガはフユシャクのように♀の翅が退化しているが、【シャクガ科】ではなく【メスコバネキバガ科】なのでフユシャクとは呼ばないらしい。
3月~4月に見かける蛾で、↓は以前4月に撮影した♀。


フユシャクのようでフユシャクでない……こんなメスコバネマルハキバガは「フユシャクもどき」と呼びたいところだが、「フユシャクモドキ」という呼び名はかつて別種の蛾(ハイイロフユハマキ<ハマキガ科)に使われていたそうだ。
ということで「なんちゃってフユシャク」と勝手に呼ぶことにした。

フユシャクに昇格!?トギレフユエダシャク

メスコバネマルハキバガのペアを見かけた日(3/27)、目についたフユシャクの♀がいた。こちらは正真正銘のフユシャクだが……昔はそうではなかった!?


トギレフユエダシャク(シャクガ科>エダシャク亜科)は1993年よりフユシャクガとして扱われるようになったそうだ。かつては【トギレエダシャク】と呼ばれていたが、2009年に【トギレフユエダシャク】に改称されたという。

スポンサーサイト



コメント

No title
改称なんてのがあるんですね。
確かに、後年良く調べたら目や科が違うから仲間チェンジとかありますものね。
No title
分類や名前の変更はしばしばあるようですね。
古い図鑑で確かめただけでは正しくない──なんてケースも出てきそう。

蛾ではフクラスズメという全然スズメガっぽくないのがいるのですが(実際にスズメガ科ではなくヤガ科)、名前がまぎらわしいので、こんなのは改称しても良いんじゃないかな……なんて思っています。

管理者のみに表示

トラックバック