FC2ブログ

空耳くしゃみ「Head Action!」

くしゃみの音は「Head Action!」

今日は東京でも今年初めての雪が降った。
寒くてクシャミをした人も多かっただろう。
某所で「くしゃみの音」をネタにした記事があがっていたが……僕が以前からイチオシしていたのが「Head Action!」である。

クシャミが放たれるときには頭が動く。
「へっ…へっ……へっだぁくしょん!」
音としぐさの両方を表した「Head Action!」──この空耳表現こそクシャミを表すのに最も適した言葉だろうと僕は以前から考えていた。

これまで漠然とクシャミをしてきた人も、今後はクシャミがでそうになったときには、「Head Action!」を意識し、正しい発音になるようこころがけやう。
それでは皆さん、リピート アフター ミー
「Head Action!」
「Head Action!」
「Head Action!」

ツッコミ風合いの手

あと、クシャミのオプションとして流行らせたいのが「合いの手」だ。
クシャミをした人がいたら、周囲の人が間髪入れずかぶせるように「ァどっこいしょ!」と合いの手(ツッコミ?)を入れるのである。

インフルエンザ流行時や混雑した通勤電車の中など、ときにヒンシュクを買いがちなクシャミだが、「合いの手」ひとつでギスギスした空気が笑いに変わる。場を和ませる「合いの手」は「愛の手」と言っても良いかもしれない。
恵まれない風邪ひきさんに「愛の手」を!

ということで、誰かがくしゃみをしたら、反射的に「ァどっこいしょ!」──これを流行らせてみてはどうか。

この「愛の手」運動が定着すれば、満員電車の中などでは迷惑クシャミの抑止力(合いの手ツッコミが恥ずかしくてクシャミができなきなる)になるかも知れない。

ところで、くしゃみをするのは人間だけではない。動物の「くしゃみの音」はどんなだろう?
以前飼っていたフェレットの場合は「ケシッ!」という感じだった。人のくしゃみに比べると小さくかわいらしい。
ちなみに「けし」には「きわめて小さい」という意味もあるので、これも「小さなくしゃみ」にふさわしい空耳音(?)といえるかもしれない。


フェレット漫画:最後っ屁対決!?より
スポンサーサイト



コメント

No title
私のくしゃみも変わっていて人からよく笑われます。
アッイッウッエッオッ とか
カッキックッケッコッ
練習すればかなり自由に発音できるようになります。
くしゃみの発音は生理的現象では全くなく
要するに習慣や文化的な思い込みにすぎないので
くしゃみをする前には慌てず
自分なりの表現を探してみるのも面白いですね。
No title
クシャミは人によってずいぶん違いがあるようですが、それは変更しうる範囲が広い──ということなのかもしれませんね。

出てしまう事をコントロールできないのなら、せめて発音(?)くらいはコントロールしてみたいものです(笑)。
No title
GOD BLESS YOU !!
No title
「ァどっこいしょ!」の「愛の手」に祝福があるといいのですが。

ところで、こちらではすでに花粉症の症状が出ています。
インフルエンザも流行っているようなのでクシャミには警戒感が持たれがちな季節ですね。

インフルエンザによるクシャミ(飛沫感染する)ではなく花粉症によるクシャミ(感染性がない)だとわかるように、花粉症の人は「かっふんしょう!」とクシャミをすると周囲の人にわかりやすいかも?
No title
公共交通機関内で空咳(からぜき)でもしようものなら睨まれたりしましょう。
マスクの片隅にワンポイントで花粉症用とデザイン文字でプリントしてもらいましょう。
No title
花粉症用デザインの入ったマスク、あったら意外に売れるかも!?
No title
こんにちは。
星谷さんは今はフェレットを飼っていらっしゃらないのですか?
今でも飼っていらっしゃると思っていたのですが…
よろしければまた私のブログにもお来し下さい。
No title
僕がフェレットを飼っていたのはYAhoo!ブログを始める以前の事です。
それでもフェレットのことを記録しておきたくて、YAhoo!ブログでもまとめてみたしだいです。

みつばちさんのブログは更新されるたびに拝見しています。

管理者のみに表示

トラックバック