FC2ブログ

季節外れの桜:開花させた犯人は!?

季節外れの桜の花

季節外れのサクラの開花が相次ぎ、話題になっているとか。
僕の周囲でもあちこちで桜が咲いている。
これ↓はきょう(2011年10月18日)近所で撮影したサクラ。



ニュース記事にもなっているようだが、時期外れの桜の開花というのは、実は珍しい事ではないようだ。

桜は葉を消失すると「落葉して冬を経過した」という状態になり、開花スイッチ(?)が入る──ということらしい。
虫に葉を食われるなど、なんらかの原因で枝が裸にされてしまうと、季節外れの花を咲かす事があるという。

たしかに花をつけている木を見ると枝は丸裸。落葉にはまだ早く、葉をつけている桜も多いが、そうした木には花は咲いていない。

今年は初めてキマダラカメムシを確認し、桜の木を注意してみていたのだが、モンクロシャチホコの幼虫が大発生している木も多く、枝が裸にされているサクラも少なくなかった。
「このぶんだと、季節外れの桜の花も増えるのではないか」などと思っていたが、やはり今年は多いようだ。

とすると、季節外れの桜を咲かせて世間を驚かせている《犯人》は、モンクロシャチホコということになるのだろうか。
モンクロシャチホコは「花咲か爺さん」ならぬ「花咲か虫さん」!?

モンクロシャチホコ以外にも桜の葉を食う虫はいるし、桜が葉を消失する原因は他にも色々あるだろうから、ただちにモンクロシャチホコを《犯人》と決めつける事はできないが、重要な《容疑者》とは言えるだろう。

さて。サクラの葉を食い枝を丸裸にしたモンクロシャホコ幼虫──今年はたくさん見かけていたが、1枚も画像には納めていなかった。
僕は「おもしろい虫」「キレイな虫」「風変わりな虫」などを見つけるとカメラを向けるが、モンクロシャホコの幼虫はルックスが悪く(まるで禿げかけた毛虫?)撮影意欲がわかなかったからである。

ということで、幼虫の画像は無いので、成虫の蛾の画像を載せておく。




幼虫も少しは撮っておけばよかったと思っていると、ふと創作民話風のハナシが浮かんだ。以下はその概要。

創作民話風:花咲か虫さん!?

モンクロシャチホコの幼虫は昔、サクラの葉を食べていませんでした。
これはその頃のオハナシです。

あるところにモンクロシャチホコの幼虫がいました。
彼はサクラが満開になったころ、花見にでかけました。
幼虫は初めて見る桜の花の美しさに感動し、サクラを賛美しました。
すると桜は幼虫を見下ろして、意地悪く言いはなちました。
「私たちは美しい。それにくらべ、お前達の姿ときたら……なんて醜いのだろう。毛虫のくせにハゲて地肌が丸見えじゃないの。私たちはおまえたちのようなハゲ毛虫に見てもらうために咲いているのではないわ」
モンクロシャチホコ幼虫は激しく傷つき泣いて帰りました。
その話しを聞いたモンクロシャチホコの仲間たちは禿しく……もとい、激しく怒り復讐のために仲間たちを集め、意地悪なサクラを襲撃しました。
「お前もハゲにしてやる」
そういうとモンクロシャチホコ幼虫たちは桜の木によじのぼり、葉をむしゃむしゃ食い始めたのです。サクラは泣いてあやまりましたが、幼虫たちの怒りは収まりません。枝はたちまちハゲにされてしまいました。

こんなことがあってから、モンクロシャチホコ幼虫はサクラの葉を食べるようになったのです。
また、モンクロシャチホコ幼虫にたかられ、ハゲにされたサクラは大変反省し、その意思表明として春でなくても花を咲かせるようになりました。



スポンサーサイト



コメント

No title
十月桜は時々見たことはありますが
やはり季節はずれな感じがします。
その心理スポットを説明してくれる面白い民話だと思いました。
ポチ!
No title
ありがとうございます。
「桜」と言えば「(春の)花見」という印象が強いですから、10月に咲いているとやはり違和感を覚えますね。

民話風のハナシはふと思いついたジョークです。
葉を食べる幼虫の画像がないので、それを埋める(?)ネタとして記しておくことにしたしだいです。
No title
こんにちは^^
『季節外れの桜の花』 こちらでは『狂い咲き』何て表現されますが
どんな花も季節外れに咲いた花を見たりすると…。。。
たいていの人は
「異常気象???何か不吉な予感が…???」悪い事が起こるのではと 不安に 陥ってしまいがちになります。
私もその一人ですね(@_@)

モンクロシャチホコの幼虫も関係してましたか^^

[ふと思いついたジョークの民話風なお話]^^
『花咲か虫さん』読んでいて、また幼虫の大発生で丸裸にされた桜の姿の様子が面白いですね^^
No title
確かに、季節外れの桜の花は『狂い咲き』なんて書かれている事もありますね。

自然の異常に対する理解できない不安が、天変地異への連想に繋がるというのはわかる気がします。

今年はモンクロシャチホコが大量に発生していて、枝は裸にされ歩道は糞だらけという状況を見ていたのですが……裸にされた枝に花が咲く──というのが「枯れ木に花を咲かす『花咲か爺さん』」のイメージに繋がりました。
それで「虫食いによる『花咲か爺さん』」の話しがひらめいたしだいです。

管理者のみに表示

トラックバック