FC2ブログ

ハチドリ虫か空飛ぶザリガニか!?

ハチドリ虫か空飛ぶザリガニか!?



子どもの頃【オオスカシバ】は謎の生物に見えた。
近所の花壇の花をおとずれ、ホバリング(空中停止)しながら吸蜜する姿はたびたび目にしていたが、これが蛾の仲間だと知ったのはだいぶ後になってからだった。

蛾は夜に活動するイメージがあったし、昼間これほど活発に飛び回るものがいるとは思わなかった。
翅が透明なところや飛び方などは、ちょっとハチに似ていなくもないが、ホバリングできっちり見えるボデイラインには「ハチのような腰のくびれ」がなく、ハチには見えない……。

見た感じで一番イメージが近いのがハチドリだった。
ハチドリが日本にいないことは知っていたし、ハチドリ(鳥)そのものではないということはわかっていたので【ハチドリ虫】というのが僕の認識だった。

ハチドリとイメージが重なると思う一方で、ハチドリとはそうとう離れた「ザリガニにも似てるな」という印象もあった。
子どもの頃はアメリカザリガニもよく捕まえていたが、オオスカシバと同じくらいの子ザリガニとボディラインが似ている!?
【空飛ぶザリガニ】そんなニックネームも秘かにつけていた。
オオスカシバを見てザリガニを連想するのは僕だけであろうか?





ということで今回、オオスカシバと形を比べてみるべくアメリカザリガニを撮りに行ってみた。偏光フィルターでもあれば、もう少しキレイに撮れるのだろうが……水中のザリガニはうまく撮れない。
そこで捕まえてアップを試みたのだが……。


「オオスカシバ・ポーズをとってみれ!」と命じたのだが、頑固なザリガニはポージングに応じない。
ハサミをふりまわす威嚇をしつつ、強度の弱い腹を守ろうとしてか尾を丸めてしまって撮影はNG。

でも、ちょっと似ていなくはないだろうか?

スポンサーサイト



コメント

No title
ホバリングして吸蜜している虫が蛾の仲間であるとは数年前までしりませんでした。

オオスカシバは、独特の黄緑色でわかりますね。

アメリカザリガニは寒さのためでしょうか、近くにはいません。

蛾は鳥や獣に似たものが多いですね。たしかにザリガニに似ています。
No title
似てます似てます~^^本当そっくり!!
No title
>>Utsunomiyaさん

これが蛾の仲間だとはちょっと思いませんよね。
よく「この虫は?」と質問に上がっているのを見かけます。

こちらではアメリカザリガニはよく見かけますが、僕はまだニホンザリガニを見たことがありません。

それにしても蛾はほんとにバリエーションが豊富なグループですね。


>>らぶぴさん

全然違う生き物なのに、なんだか似ている……ひとりでそう思っていたのですが、賛同を得られて嬉しいです(笑)。
No title
しっぽの広がった部分もザリガニっぽいですね。北海道でもそのうち見られるようになるかもしれないですね
No title
オオスカシバは、(まだ?)北海道では見られないのですね。
しっぽの広がった部分──尾端総毛というらしいですが、これが似ているんですよね、ザリガニと。
役目は全く違うのでしょうが……。
No title
こんにちは&はじめまして^^

コメントありがとうございました。
この蜂ですね、オオスカシバ・・・。
他の昆虫記事もちょっと拝見しましたが流石ですね^^

また機会があったらお越しください^^
No title
オオスカシバやホウジャクの仲間の飛んでいる姿は、ちょっと「蛾」のイメージとは結びつきにくいですね。

昆虫や小動物関係のブログをよく見て回っているので、また寄らせていただくこともあるかと思います。よろしくお願いします。
No title
ザリガニ可哀想 ><
怒っているね~
No title
いきなり水から引き上げられて、ザリガニ、怒っとりました。
でも、すぐに返してやりましたので、御心配なく。
やっぱり自然なポーズは、自然な状態でないと撮れませんね。
No title
この虫、リアルで見たら気絶しそうなくらいキモ・・。
虫に罪は無いのに、配色で気持ち悪さ倍増の虫っていますよね。
胴体の黄色、黒、赤、黄色・・・・。最強です。
ホバリングはカッコいいです。
No title
昆虫は、好き嫌いが人によって激しく分かれる存在ですね。
虫屋さんの中にもニガテな虫がいたり。

昆虫の面白さは、ルックスや生態の多様さにあると考えていますが、同じ虫を見て人が全く違う反応を示す──こうした部分にも面白さを感じています。
No title
この虫!子供の頃に時々庭でみかけて、ずっと何者!?(°□°;)と気になってました!そんな名前でしたか!?ありがとうございましたm(_ _)m
No title
僕も子どもの頃、この虫を見て何者なのかわからず、ずっと未知の生物でした。
やはり、正体を知らずに見た人は「何者!?」と思ってしまいがちな昆虫なのでしょうね。
No title
子どもの頃どころか、大人になってからも不思議だなあと思っていました。^^

ハチドリの美しい青も初めて認識しました、カワセミやルリカケスとも違う秘めたような美しい青だったのですね!(名前からもどうも青はイメージしにくかったです。(´_`illi)
No title
映画『アバター』で翼竜のような生き物がでてくるのですが、青緑色の金属光沢があって、「これはセイボウかハチドリをヒントにしたに違いない!」と思い、「形は翼竜、色はセイボウorハチドリがモデル」というアイディアはスゴイなぁ──と感心したことが。
No title
ワカリマス、ワカリマス、アバタ-みましたから(^o^)
No title
『アバター』にはいろんな生き物が登場しますが、実在する色々ないきものがモチーフ(その融合)だと思われるものが、けっこうありましたね。
No title
おはようございます、
このオオスカシバは花の写真を撮ったり、眺めていたりしている時、『なんだろう?』といつも思っていた生き物でした。

イメージはハチドリでした、ホバリングの印象が強いから。。。
翅が透明というのも肉眼ではきづきませんでした。

こちらではみたことないので、帰国して出会ったら
新たな気持ちで、ちょっと嬉しい気持ちでながめられます!

ありがとうございました!

管理者のみに表示

トラックバック